マンガ図書館Zで【レニフィルの冒険】公開中

Leni01_2【宣伝】

マンガ図書館Zで【レニフィルの冒険】が公開されています。

登録等無しで全部無料で読めます。

また、印刷クオリティのPDF購入もできます。


AmazonでKindle版の販売もしています。よろしくお願いします!


【この記事は固定です】

2016/04/22

エースコンバット・ゼロ ザ・ベルカンサイド

エースコンバット7制作発表もされて、最近またTwitterなどでもエースコンバットが盛り上がってきている。

そんな中でもさほど話題にならないエースコンバット・ゼロなんだけど(笑)、これプレイした時、ベルカ軍のエースをやりて〜!と心底思った。例えばプレイ2周目でベルカ軍エースが選択できるようにすれば良かったのに。マップはそのまま使えるし。

前作の「5」でベルカが負けることは分かっていたのだから、あえて負ける側を描ける貴重なチャンスだったけどね。そんなわけで僕がやりたかったエースコンバット・ゼロ、妄想プロットです。


1周目はゲーム通りのストーリーで、2周目でベルカ軍エースが選択できるようになる。

ストーリーは初戦のベルカの侵攻から始まる。そこで一人のエースパイロットが現れる。各地の戦場で絶大な戦果を上げ、ベルカ軍破竹の侵攻の立役者となり国民的英雄となる。だが英雄の戦死を恐れたベルカ軍首脳部はエースを昇進させ地上勤務に就かせ前線から遠ざける。

しかし、ちょうどその頃から戦線の伸びきったベルカ軍の勢いが陰り戦局が大きく変わる。連合軍の反抗が始まり各地で戦線が崩壊し始め、しだいにベルカの敗戦が濃厚になっていく。なかでも鬼神と呼ばれる連合軍の傭兵の存在がベルカ軍の恐怖の対象となり、前線の兵が浮き足立つ。ついに軍首脳は鬼神と対抗させるためベルカの英雄を呼び戻すこととなる。

しかし時すでに遅く、ベルカの英雄一人の力では到底戦況を覆すことはできなかった。そんな状況の中でもいくつかの撤退戦で英雄の名に恥じない見事な働きを見せる。

押し寄せる連合軍を迎え撃つ任務のさなか、ベルカ軍による自国内での戦術核使用という凶行がなされる。このときベルカの英雄と鬼神は同じ空域にいたがついに相まみえることは無かった。
核爆発による電磁パルスのため機体が制御できなくなったベルカの英雄は不時着(orベイルアウト)を余儀なくされる。

傷を負って病院のベッドで横になっている彼の元に空軍情報部を名乗る男が現れる。男は戦後ベルカの軍事的復興のために非合法な諜報活動に協力するよう説得しに来たのだ。

ここでストーリー分岐となる。

男の申し出を断る→自由ベルカ軍の一員となり、連合軍と共に終戦を阻止しようとするベルカ反乱軍と戦う。そして終戦を迎える。→END

男の申し出を受ける→来るべきベルカ再興のため、開発中の報復兵器を連合軍からも自国軍からも隠匿する極秘作戦に参加する。無事に秘密基地に移送された報復兵器を見届けた後、ベルカの英雄は灰色の男達と呼ばれるメンバーに迎えられ歴史の表舞台から完全にその姿を消す。→END

以上

2015/12/06

【イラスト】ドラクエ4・アリーナ

Twitterで公開して好評をいただいた
ドラクエ4アリーナイラストです。
↓クリックするとちょっとだけ大きい画像が開きます。

Arena02


2015/12/03

「のうりん」ポスターについて

話題ののうりんのコラボポスターだけど、ヨメさんと話してこの絵には「品がない」という認識で一致した。もちろん作者さんをdisるつもりはない。

のうりんという作品を知っている人にとっては登場するキャラクターの一人として違和感なくすっと受け入れられだろうけど、知らない人にとってこの絵柄はアダルトマンガの表紙か風俗のチラシと変わらない。(ちなみにヨメさんは作品は観たことはなく、僕はアニメを少し観てた。)

世の中、オタク文化に嫌悪感をむき出しにする連中がうようよいる。自分の親兄弟親戚、学校や職場で周りを見回せばいくらでもいるはずだ。中には隙を見せたら噛みつこうと手ぐすね引いて待ち受けている連中もいる。今回のポスターは脇が甘すぎる。

このちょいエロ萌え文化に関してはあまりに巷に氾濫しすぎてて、供給する側も消費するオタク側も完全に感覚がマヒしているが、表に出すべき代物ではない。萌え絵と自治体や企業のコラボは誠に結構だと思うが、それには最低限の「品」が必要だ。

これからもちょいエロ萌え文化を享受したければ仲間内で楽しめ。人目に触れさすな。もし公の物とコラボするなら羊の皮を被れ。と、言いたい。お願いしますよ。自分たちの持ってる宝を他人に破壊されないために。

2015/11/20

【イラスト】ドラクエ4・マーニャ

Twitterで公開して好評をいただいた、
ドラクエ4マーニャのイラスト。
やっぱりマーニャさん人気は根強い!
↓クリックするとちょっとだけ大きい画像が開きます。

Manya02


2015/11/11

【レニフィルの冒険】御礼イラスト

マンガ図書館Zで無料公開中の「レニフィルの冒険」1巻
閲覧数10000超え御礼イラストです!
1巻の例のシーンを描き起こしました(^^)。
*裸画注意

無修正版はpixivにアップしました。

Mizuabi01


2015/10/29

プリズナーNo.6

イマジカBSでやってた「プリズナーNo.6」全話観た。1967年のイギリスのTVドラマシリーズで、ときどき古参SF好きの話題に上るので常々観たいと思っていた。

辞職した諜報員の主人公が謎の組織に拉致されて謎の「村」に幽閉される。元諜報員の主人公から機密情報を引き出したい組織側とそうはさせまいとする主人公との心理戦が「村」の中で毎回繰り広げられるというのがドラマの内容だ。

観る前は漠然と社会風刺を含んだもっとシリアスな物を想像してたが、かなり違った。組織側が毎回繰り出す奇策と主人公との攻防がほとんどコントぎりぎりで、ほぉ!と感心する回もあればなんだこりゃな回もある。

シュールな展開も多く、やっぱりモンティパイソンを作った国だなぁと変なところで納得。この時代の外ドラ好きの僕にとってはたまらない一品でした。最終回はちょっとやっちまった感はあるが…

2015/10/17

【映画】スタークラッシュ(1978)

ムービープラスで観た「スタークラッシュ」。すさまじいばかりのB級SF映画。これでもかとたたみかけるしょぼさ、宇宙船のディテールにプラモデルのランナーをそのまま貼り付ける剛胆さ、スターウォーズの翌年公開なのに60年代にタームワープしたかのようなアナクロ感、そして飯3杯はいけるキャロライン・マンローのビキニスーツ。ロジャーコーマン印の期待を裏切らない、レトロチープSF好きにはたまらない一品。観たら必ず幸せになります。お勧めです(笑)!

2015/10/04

サバゲに行ってきた

サバゲに行ってきた。たぶん6年ぶりくらい。場所は稲城市にあるサバイバルゲームフィールドOPSという専用フィールド。ここは平日にも定例会をやっていて一人でも気軽に参加できるのがいい。

Ops01

有料のサバゲ専用フィールドはベンチと机が設置されているのがありがたい。


弾数無制限の定例会に参加したわけだが、平日にもかかわらず20名ほど集まる。スタッフさんの話ではこれでも少ない方らしい。ルールや禁止事項など説明のミーティングを終え、2チームに分かれ1ゲーム10分のフラッグ戦開始。

G36c

メインウェポンは東京マルイのG36C
今まともに動くエアガンは手元にこれ一丁しかない(笑)


最近、体力が低下している自覚はあったが多少は走れるだろうと思い、最初のゲームで開始と同時にダッシュしたら5mでへばる(笑)。作戦変更、2ゲームからはアンブッシュ&ディフェンスに徹する。

1発も撃たないゲームもあったが、何度か敵の侵攻を阻む局面もあり、そこそこチームには貢献できたと思う。一度など、ゲーム終盤の敵の猛攻を一人でしのぎきったらタイムアップと同時に敵から「ナイス、ディフェンス!」と声をかけられた。

戦績は9殺4死。なにしろ6年ぶりだから一人でも殺れればいいと思っていたので、これは出来過ぎ。出戻りラックか?
とにかく、自分でもまだまだ戦えることが確認できたのが今回最大の収穫。

OPSは運営がしっかりしているし、なにより家から車で1時間以内と割と近場なので、これからも平日定例会に参加するつもりだ。

2015/09/14

御礼、レニフィルの冒険

マンガ図書館Zで公開中の「レニフィルの冒険」の閲覧数が、1巻が8000、2巻4巻が立て続けに5000を超えました。ありがとうございます!

単純計算だけど、1巻を読んでくれた6割以上の方が最後まで読んでくださったということで、作者にとってそれはとても嬉しいことです。

「レニフィルの冒険」当時から目新しい要素とかあれこれ入れろとか言われましたが、そういうのを全部のらくらとはぐらかして描いた結果、いま王道ファンタジーという評価をいただいております(笑)。

もちろん当時の編集さんのそういった意見も理由があって、それらを取り入れてればもっとメジャーな作品になったかもしれないわけです。どちらが正しいかなんてわからないんです。

Leniill

2015/09/01

空気清浄機

とうとう買ってしまいました空気清浄機。

夏場は部屋締め切ってエアコンガンガン回していると意外とアレルギー性鼻炎の症状が出ないんだけど、涼しくなって窓開放するようになったらいきなり再発。

ブタクサの花粉とかハウスダストの季節これで乗り切れればいいんだけど。

Kuuki


«【レニフィルの冒険】3巻の閲覧数が4000を超えました