« バイオハザード(ネタバレあり) | トップページ | バイオ肘 »

2005/05/30

[0]

と言うわけでバイオハザード0

前回バイオハザードで懲りたので[EASY]で始めたのだが、今回はどうも本当に[EASY]のようだ。弾薬、回復アイテム、インクリボンの3大消費アイテムはザクザク出てくるし、モンスターも全体的に弱い。[NORMAL]で始めても十分いけたと思うが、今更はじめからやり直すのも面倒なのでこのまま進める。

「パートナーザッピング」というのがどうやらこのゲームの「売り」のようだ。レベッカと新キャラのビリー・コーエンのいずれかを操作するのだが、もう一方のキャラは勝手にくっついてきて勝手に敵を攻撃してくれる。必要に応じてそれぞれのキャラを単独で別々に行動させたりする。
最初は少々かったるいなと思ったが、やってみるとこれが結構面白い。カラスにまとわりつかれたりしたとき、もう一方のキャラがパンパン撃ち落としてくれたりしてとてもありがたい。ゲームとは言え常にもう一人相棒がいるととても頼もしい。反面バイオハザードシリーズのウリの「恐怖」がかなりそがれてしまう。
謎を解くために離れた場所でキャラを単独で行動させなくてはならない時はとても心細く感じる。一刻も早くパートナーと合流したいと思う。ただ、いかにもここで2人別々でやって下さいというお膳立てが出来ているので、謎解き自体はあまり難しくはない。

もう一つの新要素はアイテムボックスシステムの廃止だ。そのかわりに、どこにでもアイテムを置くことが出来ていつでも取りに戻ることができる。これは理に適っているのだが、少し進むごとに必要と思われるアイテムを移動させなくてはならないのが面倒くさい。基本的に消費アイテムは行く先々で手に入るので、運ぶ必要があるのは主に武器弾薬の類だけだが...

まぁ、そんな感じでゲーム自体はかなりサクサク進む。2日やっただけだがもう2枚目のディスクに入った。案外クリアは早そうだ。

« バイオハザード(ネタバレあり) | トップページ | バイオ肘 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90102/4336046

この記事へのトラックバック一覧です: [0]:

« バイオハザード(ネタバレあり) | トップページ | バイオ肘 »