« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006/08/31

一応東京都民

2016年夏季オリンピックの国内候補地が東京に決まったが……

>2008年の夏季オリンピック開催地が北京、2012年がロンドンとなったため、2016年はアジア、ヨーロッパの開催の可能性は低い。1996年のアトランタオリンピック以来夏季大会開催のない北米、同じく1968年メキシコオリンピック以来夏季大会開催のない中米、もしくは過去夏季冬季ともに開催実績のない南米とアフリカのいずれかからの立候補都市が選ばれる可能性が高いと言われている。(Wikipediaより引用)

僕もまったくそのとおりだと思う。無駄な招致活動で税金使うのはやめて欲しい。
石原都知事がポケットマネーを使うんだったらなにも文句は言わないけど。

2006/08/29

殺生

先日、ダ○クマの店内を歩いていたら「くしゃっ」となにかいや~な物を踏んずけたような感触があった。恐る恐る足元を見ると、瀕死のコオロギが……。なんで、こんなところにコオロギが?と思っていたら近くにカブトムシなんかを売っているコーナーがあった。おそらく、こいつはそこからの脱出に成功したものの、空腹と冷房にやられて通路にへたりこんでいたのだろう。それを考えると非常にかわいそうなことをしたものだ。って、もしかしてオレ商品を一つダメにした?まぁ、事故ですよ、事故。

2006/08/26

名前募集中?

そんなわけで、冥王星などが含まれる太陽系天体の新しいカテゴリーとして「Dwarf Planet」なる名称が定められた。…が、さすがに直訳して「小びと惑星」じゃまずいんで「矮小惑星」と訳されている。いずれにせよ日本語的にいまいちということで、日本学術会議なるところで新名称募集などをはじめたようだが……
どーせ、もう決まってるんでしょ。どーせ「準惑星」なんてところに落ち着くんでしょ。

2006/08/25

"惑星"冥王星が消えた日

ま、こう言うことが起こるのも日々新しい発見があり、科学が常に進歩しているからなので肯定的に受け取りましょう。発見者が、草葉の陰で泣いているだけだ。

話し変わって、
物書きを生業とする者は、多少いかれている方がいいと思っているし、自分もそうありたいと常々思っている。でもね、いかれている人間は生き物を飼っちゃいかんよ。読んでも理屈がさっぱりわからんし。

2006/08/12

ああブライト艦長まで…

鈴置洋孝氏逝く
ファーストガンダムがますます遠くなる
合掌

2006/08/07

祭りだ!わっしょい!

やったぁ~~~~っ!\(^o^)/

もちろんF1ですよ!HONDAですよ!バトンですよ!
荒れに荒れたハンガリーGP。正直、キミちゃんがリタイアした時点ですっかり観る気を無くしていたのですが、よもやこんな結果になるとは……レース終盤は「止まるな~!タイヤ交換でミスするな~!」とTV観てて、心臓が痛くなってきました。フジTVでF1放送が始まって以来ずっと観つづけてきたけど、とうとう君が代を聞く日が来たんですねぇ。僕も不覚にも森脇さんにつられて目頭が熱く……

それにしても表彰台に上がったホンダの福井社長、その上着はホンダの制服ですかぁ?町工場のオジさんにしかみえない姿を全世界に向けて発信です。他のメーカーの社長さんは高級ブランドスーツでビシッと決めてくるのに、いやまったく日本の技術畑出身の社長さんは最高です(^^)!

2006/08/05

イケアに行く

新居の部屋に収納が少ないので、スペースを活用するために二段ベッドを購入することにする。上段で寝て下段はガラクタ置き場にする予定だ。
ようやく時間に余裕ができたので、話題のイケアに行ってきた。

やはり日本の家具店とはイメージが違う。売り場と展示場が完全に分かれている。二階、展示場は某イベント会場のようにやたらと広い空間にこぎれいに家具が展示されている。あまりに広すぎて所々に配置されている案内板が無いと方向感覚を失ってしまう。それでもお目当てのものがすぐ見つかるよう、よく考えてレイアウトされている。
目的だったスチール製の二段ベッドも程なく見つかる。展示品の支柱を揺すってみる。剛性も申し分無し。これで[16900円]安い!とにかく、どれもこれも「えっ?」と思うほど値段が安い。展示品に「この品物は○列×番にあります」という札がついている。よく分からないままに、番号をメモしておく。
今日は急ぎなので、さっさと一階に降りる。一階は生活雑貨などが大量に販売されている。ヨメさんを連れてきたらあちらこちらに引っかかりまくるだろうが、今日は一人なのでなにげにスルーする。品物の現物があるセルフコーナー(だったか?)に来る。そこはもう「インディジョーンズ」ラストシーンのような巨大倉庫だ。こんなところでサバゲができたら楽しかろうなァと思いつつ、でっかいカートを押して先ほどのメモした棚番の場所に来る。ダンボールをカートに乗せようとするが「お…重い…」。店員を呼んできて2人掛りで何とかカートに乗せる。日本の家具店ならばここで店員がカートを押していって会計も何もかもやってくれるのだが、イケアでは店員が手伝ってくれるのはここまでだ。自分でカートを押してレジに行く。とてもうちの軽自動車で運べる大きさではないので、サービスカウンターで配達の手続きをするが、1週間もかかって配送料が5500円!モノは安いがサービスは高いというまさしく北欧式だ。16900円の買い物が、配送料5500円と高速代2600円を足して25000円になってしまった。でも、サイズといいデザインといい僕のイメージ通りのものだったので最初から25000円と考えても決して高い買物ではなかった。

行ったのはウィークデイの閉店間際だったので、言われるほど人もいなかったのだが、週末ともなると、このだだっ広い店内が人々々で埋め尽くされるという……想像もしたくない。

しかし、船橋は遠かった。引っ越して首都高湾岸線がわりと使い易くなったので、2時間もあれば着くだろうと思っていたが甘かった。首都高神奈川線は確かに快適だった。しかし、大井料金所を挟んで大渋滞。そもそも車が多すぎるのが原因なのはわかるが、根本的になにかデザインを間違えているような気がする。結局3時間以上もかかる。いっそアクアライン回りの方が早かったか(笑)?帰りは半分の所要時間ですんだ。それにしてもETCレーンをトラックがものすごい勢いで通過していくのでびっくりした。徐行のはずじゃないのか?料金所手前でETCレーン側から一般車レーンに移動するとき、前の車が減速したのでこちらも減速したらその脇をホーンを鳴らしながら大型トラックが地響き立てて通りすぎていった。料金所の係員が事故に巻き込まれるケースが増えたというが、これじゃあ、さもありなんという感じだ。

交通の便の悪さから、おそらく船橋イケアには二度と行くことは無いだろう。9月になれば港北店が開店になる。横浜はもう地元だ。こちらの方をもっぱら使うことになるだろう。開店後2~3ヶ月は人が渋滞してとても行けたものではないだろうが。

2006/08/01

死の七月が去る

心身ともに疲れ果てました。無理が祟って体調もちょっと崩しました。

えぇ、えぇ、引越しは無事終わりましたが、いまだに荷解きが片付いていません。
というか、まだ自分の部屋が普通に生活できる状態になっていません。
もちろん、フライトスティックもペダルも出せません(重要)。

忙しいときに限って仕事が重なってくるんです。
それ自体はとてもありがたいのですが……
さっきまでやっていた仕事を持って、これから打ち合わせに行ってきます。
終わって家に帰ってくる頃には完徹です。

ま、とにかく一段落。早く転居届けを出しに行かなきゃ……

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »