« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007/06/25

怨みの牛乳

ネタとしてはやや古くなるが、先日観たNHKの「解体新ショー」という番組で「なぜ欧米人は牛乳をがぶ飲みできるか?」というテーマを取り扱っていた。

かいつまんで解説する。
*哺乳類の乳に含まれる糖質を乳糖という。
*授乳期には乳糖を分解する酵素が活性化して乳糖を分解できる。
*授乳期が終わると自然と酵素の活性が下がり乳糖を分解する能力が落ちる。
*欧米人の祖先の中に成人してからも酵素の活性が下がらない突然変異が現れた。
*その遺伝子が欧米人のほとんどに受け継がれた。

つまり、牛乳の乳糖を分解できない大半の日本人の体質はごく当たり前のことであり、欧米人の方が哺乳類として異常なのである。


僕は牛乳を飲めない。牛乳瓶一本分飲めば確実に下痢をする。結婚当初、食事中に牛乳を飲むヨメさんを見てそれだけで不快になった。最初はなぜそんなことで不快になるのか自分でもよくわからなかったが、あるときようやく思い当たった。「給食」である。

学校給食に関しては一つとしていい思い出がないのだが、その中でも牛乳は本当に辛かった。僕の年代くらいになると、みんなが脱脂粉乳のまずさをある意味懐かしく語るが、僕に言わせれば脱脂粉乳はまだ「温かかった」だけマシだ。たしか僕が脱脂粉乳を飲んでいたのは小学校低学年くらいまでだが、途中からキンキンに冷えたビンの牛乳に変わった。今でも冷たい物を飲むとお腹を壊す「夏でもホットコーヒー派」なのだが、それが夏でも冬でも冷たい牛乳を飲まされていたわけである。毎日、給食の後はキリキリとした腹痛と下痢に襲われた。おそらく今だったら「体質で牛乳は飲めません」と言えば通用するだろうが、当時はそんな事が許される雰囲気は一切なかった。

元はと言えばパンと牛乳の給食は日本人の食習慣を変えるためのGHQによる占領政策の一環だったのだろうが、消化もできない代物を小学生に無理矢理食わせていたのである。間違いなく僕の万年下痢体質はこのとき作られた。謝罪と賠償を要求するニダ!

2007/06/16

歯科通院終わる!

3ヶ月にわたった歯の治療が、ようやく昨日めでたく終了した。ああ、ちゃんと物が噛めるってすばらしい!
奥歯の詰め物がすり減ったことから始まり、親知らずと過剰歯の抜歯、大昔に治療したところが化膿していて神経まで抜く大工事、他にも細かい治療が何カ所かあったがほとんど右側の歯。おかげで、この何ヶ月かで顔が歪んだんじゃないかと思うくらい、ずっと左側の歯ばかり使って噛んでいた。これで少しは右脳が活性化されてくれればいいのだが、どーも左脳のボケが進んだだけのような気がする。

2007/06/11

F1 カナダGP

いやいやいや、観ましたか奥さん!?琢磨のあのオーバーテイク!しびれましたねぇ。実況の右京はあのピットインとセイフティカー導入との微妙なタイミングをしきりに悔しがっていましたが、そのおかげでこんなええもん観せてもらったんですから十分帳消しです。琢磨すげー!超アグリ最高!
町田市長様、町田市ゆかりのF1ドライバー佐藤琢磨を市を挙げて応援しませんか?一市民として提案いたします。
それにしてもクビサは無事で良かった。なにかあったら、こんなに浮かれてはいられないですからねえ。ちょっとしたアクシデントはレースのスパイスとはいえ大事故は嫌です。ドライバーが死ぬのはもう見たくないです。

話変わって、例の英国教会がPS3のゲームにいちゃもん着けた問題だけど、これっていい宣伝だよね。販売差し止めになるかどうかはわからないけれど、今頃お財布持ってゲーム屋に行ってる人いるよ。そんなステキなシーンがあるなら僕も欲しい!PS3本体欲しい(笑)!!

2007/06/07

やられたっ!

昨日昼頃、相模原の大型ホビーショップに買い物に出かけた。入り口を入ったところで、後ろから「手荷物を拝見できますか?」と声をかけられる。ガードマンにでも声をかけられたのかなと思い、今日はたまたま(笑)物騒な物は持ち歩いていなかったので「いいですよ」とバッグ開けようとする。が、ふりかえると作業着を着た男が手にホビーショップの買い物袋を持って立っている。あれ?ガードマンじゃないのかと顔を見上げると、このブログでもよくコメントを着けてくれるサバゲ仲間の保土ヶ谷1がニタニタ笑っていやがる。思いっきり引っかかっちまったぜ。このお礼は今週のゲームでたっぷりしてやらねば!

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »