« 友人の死 | トップページ | Mac停止 »

2007/09/21

実家にて

そういうわけで三日ほど新潟に帰っていた。今回は単身での帰省だったので、特にどこに行くこともなく実家でごろごろしていた。

Mei01

1歳半になる姪っ子にほぼ一年ぶりに会う。もちろん僕のことを憶えているはずはなく、最初は警戒されたがやっぱり多少はパパと近い物を感じるのかすぐに慣れてくれた。面白いのは一晩寝るととりあえず忘れるらしい。しばらく怪訝な顔してるが僕が前日と同じ事をするとなんとなく思い出してくる。赤ちゃんの頭の中ってどうなっているんだろう?
一度うち解けると、すっかり遊べ遊べと要求してくる。子供の必殺技「もう1回!もう1回!」攻撃を繰り出してくる。アンパンマン手押し車でリビング→廊下→ダイニングの周回コースを飽きるまで回る。そして通ったドアは必ず閉めなくてはいけないらしい。姪っ子はA型だ。そしてそのドアを開け閉めするのが僕の役目だ。アンパンマン手押し車と併走しながら延々とドアの開け閉めをさせられる。子供のスタミナは限界がない……


Maitake01

写真は関越自動車道の塩沢石打SAで食べた舞茸そば。地元産の舞茸の巨大天ぷらが二枚(と言うより二塊)どかんと入っていて450円!安!ウマ!天ぷらだけで腹一杯!肝心のそばが今ひとつだったのが残念。立ち食いでも、もう少し旨くできるんだけどね。

« 友人の死 | トップページ | Mac停止 »

コメント

>子供のスタミナは限界がない……
ぶはははっ。姪っ子カワイイですねぇ。
子供相手は大変ですよ、ウチなんか昨日(今朝?)もグズって結局徹夜で相手してました。(疲)
もうアタマに来たんで声を枯らして泣き叫ぼうが放置してましたが、きっと帰宅すれば子供なんかニコニコしてすっかり忘却の彼方へ…。
>舞茸そば
この写真は残業中のすきっ腹に堪えますな…。
ウヲーッ!早く帰ろうっと。

やっぱり地方の方が人的余裕もあって子育て支援策が充実しているようです。1歳から保育園に入園可能で、弟夫婦は姪っ子を保育園に預けて共働きしております。もちろん大変は大変ですが首都圏で子育てするよりは恵まれた環境かもしれません。うちの実家の場合ジジババもいるし。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90102/16522421

この記事へのトラックバック一覧です: 実家にて:

« 友人の死 | トップページ | Mac停止 »