« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007/11/30

エースコンバットにストーリーは必要か?(墜落日記6 番外編)

ネットでエースコンバット6の評価を見ると、ストーリーが薄っぺらいとか主人公が描かれていないとかと言う意見が結構ある。事実としてはその通りだと思うが、それは果たして重要なことだろうか?

僕は基本的にフライトシューティングやフライトシミュレーターにはストーリーはいらないと思っている。

エースコンバット(以下AC)をやっている人たちには解説の必要はないと思うが、この場合のストーリーというのはゲーム全体の進行を決めるミッションシナリオのことではなく、キャラクターを描くサイドストーリー的なものを指す。

ぽんつく堂的には、このストーリーがいるかいらないかは、いつもならば「個人の好みの問題」として片付けるところだ。しかし、今回はそれなりに理由がある。

ACを製作したバンダイナムコは日本のメーカーだしユーザーの大半は日本人だ。従って脳天気に戦争を賛美するようなストーリーはメンタリティ的に受け入れられない。必然的にACシリーズのストーリーは常に反戦的なメッセージを含むことになる。しかしプレイ自体は戦闘行為に他ならない。おまけに目覚ましい戦果を上げる主人公(プレイヤー)には賛美が送られるという矛盾やねじれが生じる。

このねじれはストーリーそのものにも反映する。前作のAC.ZEROがその典型である。
AC.ZEROはエース級の敵機が次々に出てきて常にスリリングなドッグファイトが繰り広げられるという点はシリーズ屈指である。しかし残念ながらシナリオがヘボい。戦争終結後に「国境なき世界」を名乗る思想集団がクーデターを起こす。この「国境なき世界」というのが、戦争があるのは国家や文明があるからだというむちゃくちゃな理屈で、人類を滅亡させかねない最終兵器を起動させようとする。中学生レベルで思考が停止したとしか思えない。思想家、革命家というものは元来そうしたものだと言われれば確かにその通りではあるのだが。とにかく最後の決戦で宿敵がその青臭い理想論を戦闘中にぐだぐだとしゃべるのは本当にうんざりした。
このヘボさも、強引にストーリーにひねりを入れたことと反戦メッセージを盛り込んだことに無理があったからではないかと思う。

この前作の反省をふまえて、AC6ではストーリーをさらっと流したのではないかと勝手に思っている。それでも「天使とダンスでもしてな」は寒いともっぱらの評判ではあるが。

無理なストーリー、妙にお説教臭いストーリーは「萎え」の元である。そんなストーリーはすっきり無くしてほしい。サイドストーリーが無くともフライトシューティングは成り立つことを、今でもシリーズ最高傑作だと思うAC2が証明している。

2007/11/26

墜落日記6 第6回

世界観ブチ壊しと一部で大顰蹙を買っている追加ダウンロードコンテンツの↓これだが……

Imas01
(画像:エースコンバット6公式サイト)

僕はこの手のイラストのついた機体で飛び回ることにやぶさかではない。これはもうシャレで購入するしかないと思ったら……

400マイクロソフトポイント=600円!?

バカヤロウ!!

希望小売価格7800円のソフトの1/13の値段?少ないミッション数の1ミッションあたりのコストよりも高い!3〜4機まとめてのセット価格ならわかるが、たかが特殊塗装の機体1機にこの値段はひどい!最初から一部マニアしか買わないと踏んでの相場価格かも知れないが、僕のようにシャレで買うタイプを十分失速させる値段だ。
すっかり、ほかの有料追加ダウンロードコンテンツを購入する意欲も失せちゃったよ。


ううう……昨日、えらい久しぶりにサバゲに行ってきたせいで、銃ささえ筋と匍匐筋が痛い……

2007/11/20

墜落日記6 第5回

Mirage01
気分だけはナイト・オブ・ザ・スカイ!


早い人はもう2周目3周目もクリアしてACEでオールSたたき出してオンラインでバリバリやっている頃だと思うが……ようやく1周目を通してクリアした。

そんなわけで感想。

○グラフィック、サウンド、音楽は文句なし!

○ミッション数が少ない。あっという間に終わってしまった感じ。1ミッション中にいくつものサブミッションがあるから必ずしもボリュームが少ないわけではないが、やっぱり物足りない。

○多数対多数の空戦になったため、戦闘が全体的にちょっと大味になってしまった。

○一つのミッションで、いろいろ盛り込みすぎると結果的にどのミッションも似通った物になってしまう。

○時々刻々戦況報告が入るのだが、位置を確かめるためにいちいちレーダー画面をマップ画面に切り替えなくてはならないのが煩わしい。こういうシステムにするならば、索敵レーダー画面と戦況マップが同時に表示されるようにして欲しかった。

2周3周とやる気にさせる工夫はされているが、個人的には1周が充実しているゲームの方が繰り返しやる気になる。毎回新しいシステムを提案してくるのがエースコンバットシリーズの良さでもあり困ったところでもある(笑)。ただ、その攻めの姿勢は評価する。エースコンバットシリーズが続く限り買い続けるつもりだ。
ミッション数の少なさが大きな減点ポイントだが、とりあえずもう少しやり込んでから最終的評価をするつもり。
そんなわけで、明日から2周目入りまーす。

オンラインやった人いる?
ゴールドメンバーお試し期間過ぎちまった…orzトホホ。

2007/11/15

シルカ・イラスト

Sylka01_2

Sylka02

Fefnir01

相模原市在住さんのリクエストにお応えして、シルカ・イラストです。
ファーブニルの方は、以前ホムペ用に描いたやつでご容赦ください。

2007/11/12

メディーック!!

どうも仕事中いつもより疲れるなと思っていたら、終わった途端にいきなり来た。ひどい下痢だ。寝ていても2時間おきにトイレに駆け込む。変な物食ったのか?と思っていたら翌日になって熱が出た。どうやら風邪だったらしい。幸い1日寝ていたらなんとか抜けてくれた。ただいま90%回復中。次の仕事がつかえてる。

2007/11/10

墜落日記6 第4回

飛行再開です!
フライトスティックEXが「新品」になって帰ってきました\(^o^)/!初期トラブルの製品をユーザーに戻さずに、調査研究用にメーカーに置いておくというのはよくある事なので、これもそうかも。もっとも同じデザインのフライトスティック2があれだけ酷使してノントラブルなんで、たまたま当たりが悪かっただけだと思うが…。それにしても2週間くらいかかることを覚悟していただけに、その週のうちに送ってくれたHORIの超特急対応には感謝!

せっかくの飛行再開なのだが、地上勤務(リアル仕事)が忙しいのでそうそう飛んでもいられない。でも1日1ミッションだけ勘弁してくれぇ!ということで早速再び使えるようになった機銃を撃ちまくり、敵機をA-10(!)でバタバタと撃ち落としております。ありえねーっ!

2007/11/08

ジュニアが走る!

やったー!来期のF1の楽しみがまた一つ!

中嶋一貴がウィリアムズの正ドライバーに昇格、F1
2007.11.07 Web posted at: 20:56 JST- CNN

てことは、ヒル&ヴィルヌーヴ以来の第1第2ドライバー両方ジュニアってことだよな。ウィリアムズはジュニア好きっ♪
かつて現役バリバリの時代を見ていたドライバーの2世が登場するとつくづく年を感じると言うが、とうとう僕にもその日が来るんだなぁ……。うかうかしてると、ピケジュニアも来るんだな。がんばれ一貴!

で、F1小ネタもう一つ。

M・シューマッハーがフェラーリのテストドライバーに
2007.11.07 Web posted at: 16:18 JST- CNN/AP

現場の方はうるさいヤツが来たと大迷惑なのではないだろうか(^_^;)?
でもイタリア人は今季の優勝ですぐ気がゆるむからこれもいいのかも。

ぽんつく堂もF-15も飛行停止が続いておりますが、このままの状態でとうとう年末進行に突入しました。仕事が一段落するまでイラストの方に取りかかれませんので少々お待ちください。

2007/11/05

ショック!

フライトスティックのトリガースイッチが入らなくなる。
故障かソフトの問題かは不明、明日HORIに問い合わせてみる。
今日はもう寝ます……(;_;)

あ、リプレイがスローモーションになるのはリプレイ再生時の
スロットル位置の問題でした。

(追記)
本日、修理に出してきました。
HORIの対応はさすがちゃんとしておりました。

ま、しばらくは戦闘不能で後方に送還です(;´_`)ガックシ。

2007/11/04

墜落日記6 第3回

Woo02

噂には聞いていたがXbox360のDVD作動音はうるさい。これがいわゆるメリケンクオリティだね。まぁ、アメリカの住宅事情ではそんなことを気にする必要はないのか……

そんなわけで、本体の発する騒音に負けない音量でゲームをすることになるわけだが、サウンドがまたいい。
第3ミッションではCAS(近接航空支援)任務で地上目標めがけてバカスカ爆弾を放っていたのだが、ゲーム終了後のリプレイシーンでたまたま爆弾の弾着地点近くにリプレイカメラが行ってると隣の部屋まで響くバカでかい音がする。で、ターゲットが建物だったりすると轟音の中にパショーンとガラスが砕けるような音が聞こえるんですよ。いやいや芸が細かい。

第4ミッションで、突然、本来のスピード感になっているのに気づく。主翼から発生するベイパーが自然な感じになったところを見ると、初期ミッションでのリプレイは本当にスローモーションだったのかもしれない。ベイパーと言えばF-16でハイGターンを使用すると、なんと機体が大迎え角になったとき前縁ストレーキから発生する渦流が表現されるのが涙もの!偉い!誰か知らないけれどプログラム組んだ人に勲章あげたい!

Vortex01
Photo:U.S.NAVY
渦流が雲状になったもの。写真は実機です。
F-16のいい画像が見つからなかったのでF/A-18です。

墜落日記6第1回で、PSからPS2に変わったときほどの感動はないと書いたけど、いま激しく訂正します。

2007/11/03

墜落日記6 第2回

Ac602

Woo01

僕は基本的に低血圧系キャラなのですが、ここ2日ほどは実生活でもテンションが上がっていたらしく、ヨメさんから「あんたダレ?」と不審者扱いされております(^^;)。

いよいよ最初のミッションに出撃。いつになっても最高にわくわくする瞬間だ。初期機体がF16なのが嬉しい!やっぱり現役バリバリの機体でなくちゃ。しかし、と言うことはF-16はもはやガンダムで言えばザクIIあつかいなのね。俺ももうロートルか……

機体の挙動が今までよりリアルになっている。漫然と旋回すると高度がぐんぐん下がっていく。ストール警告もシビアだ。フライトシミュレーション的な味付けがより強くなったようだ。だからといってエースコンバットのぎゅんぎゅん飛び回る爽快さも損なわれていない。
とにかく敵も味方も大量なので、いったいなにがどうなっているのか戦況を見極めるのが一苦労だ。新世代ゲーム機の力をまざまざと見せつけられる。途中でミッションアップデートまであって面食らった。その前に特殊兵装撃ち尽くしちゃったよ。

いままでのエースコンバットでは、最初のミッションはゲームに慣れる事を最優先のかなりお気楽な感じのものだったが、今回はひと味違う。いきなりのこのボリューム!クリアに15分近くもかかった。

第2ミッションでは離陸と着陸もある。特に着陸は今までと違ってハードランディングをすると機体にダメージがあって驚いた。そうとわかればそれなりの着陸をするけれど、フライトシミュ系をやっていない人はここで苦労するかもしれない。もっとも[START]ボタンでキャンセル可だから初心者でも安心。
「エナジーエアフォース」で着陸着艦の地獄の特訓をしておいて良かった!こんなところで役に立つとは……

今回はリプレイの完全な保存が出来る。ミッションによってはかなりのデータサイズになるだろうが、ふはははは!HDが120GBじゃあ!全戦闘記録保存してやるぜ!

2007/11/02

墜落日記6 第1回

Ac601

ついに来ました「エースコンバット6」!!
キャーッ♪o(≧∇≦o)(o≧∇≦)o キャーッ♪

全国の墜落日記ファンの皆様(いない)、お待たせしました!(待ってない)「墜落日記6」離陸です!

さすがにXbox360!グラフィック綺麗です。質感出てます。機体を舐めるようなリプレイのアップ画面にも耐えます。と言ってもPSからPS2になったときほどの感動はないなぁ。なにしろPS2版の「エースコンバット」シリーズが他の追随を許さないグラフィックのすばらしさだったからねぇ。使っているTVがまだ21型ブラウン管なので、これがハイレゾになればもう一回感動できるかも。

うっちーさんもコメントしてくれたように、いままでのPS2版に比べてなぜかスピード感がない。特にリプレイ画面はスローモーションを見ているような感じだ。これはまあすぐ慣れるだろう。

もう一つ、まだ慣れないのがボタン配置。細かいところでPS2版と違う。特に「決定」と「キャンセル」がPS2とXbox360ではパッドもフライトスティックも逆なので、各種選択画面で行ったり来たりしている。

さて「フライトスティックEX」だが、見た目はPS2用「フライトスティック2」と大して違わないけど、実際に使ってみると細かく改良されている。スティックもスロットルも操作感が柔らかくなって多少高級感が上がった。「フライトスティック2」ではスティックの動かし始めが重くて微妙な操作が必要なとき苦労したが、そのあたりが改善されている。いままでダミーだったスイッチのいくつかもライブになっている。
「フライトスティック2専用ペダルユニット」はHORIに確認したところ残念ながら使用できないそうだ。コネクタは繋がりそうなので、試してみたチャレンジャーはいるのだろうか?

Fsbw
白いの黒いの
アー サンザイ サンザイ♪ヘ(^ヘ^)(^ノ^)ノ ソレソレ♪

ミッションレポートはまた明日!

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »