« 墜落日記6 第2回 | トップページ | ショック! »

2007/11/04

墜落日記6 第3回

Woo02

噂には聞いていたがXbox360のDVD作動音はうるさい。これがいわゆるメリケンクオリティだね。まぁ、アメリカの住宅事情ではそんなことを気にする必要はないのか……

そんなわけで、本体の発する騒音に負けない音量でゲームをすることになるわけだが、サウンドがまたいい。
第3ミッションではCAS(近接航空支援)任務で地上目標めがけてバカスカ爆弾を放っていたのだが、ゲーム終了後のリプレイシーンでたまたま爆弾の弾着地点近くにリプレイカメラが行ってると隣の部屋まで響くバカでかい音がする。で、ターゲットが建物だったりすると轟音の中にパショーンとガラスが砕けるような音が聞こえるんですよ。いやいや芸が細かい。

第4ミッションで、突然、本来のスピード感になっているのに気づく。主翼から発生するベイパーが自然な感じになったところを見ると、初期ミッションでのリプレイは本当にスローモーションだったのかもしれない。ベイパーと言えばF-16でハイGターンを使用すると、なんと機体が大迎え角になったとき前縁ストレーキから発生する渦流が表現されるのが涙もの!偉い!誰か知らないけれどプログラム組んだ人に勲章あげたい!

Vortex01
Photo:U.S.NAVY
渦流が雲状になったもの。写真は実機です。
F-16のいい画像が見つからなかったのでF/A-18です。

墜落日記6第1回で、PSからPS2に変わったときほどの感動はないと書いたけど、いま激しく訂正します。

« 墜落日記6 第2回 | トップページ | ショック! »

コメント

やはりエリートでも作動音はうるさいんですね~。我が家のHAROバージョンもやはり、かなりうるさいです。それでも初期のものより改善されてるとか。いやしかし映像はホント素晴らしいっすね。
ところでオンラインですが任意に相手のトコに行ったり招待して一諸に飛ぶことは可能なんでしょうか?うーんいまいちよく分からんです。

ひょぇ~エースコンバットでグラフィックも緻密なんですねぇ。
なるほどフライトスティックやペダルが欲しく(必要に)なる理由がよく分かりました。
この種のゲームの出来のよさは米軍の着目しているようで、陸軍ではすでにHALOのような市街地戦シミュレータをほぼ完成させてますね。
最近は我が家も防衛費すらも家庭内の接待費に消費されることも多いので、煩悩を追い払いながらしばらく鑑賞してます…。

追伸
応援メッセージありがとうございます。
どちらかといえば自分は知り合い程度で当人であるご家族の気持ちに比べれば大した事はありません。
応援を頂いた分まで、自分も仕事に遊びに貢献したいと思います。

>うっちーさん
僕もオンラインゲームは未体験なので、仕組みがよくわかっていないんです。たぶんチームの誰かがホストになって、そこに時間を決めて集まればいいと思うのですが、認証制に出来るのかどうかがわかりません。

>保土ヶ谷1さん
もし遠くない将来に無人戦闘機が有人機に取って代わる時代が来たら、本当にゲーム画面の様な戦争になってしまうかもしれません。パイロット予備軍は準備万端ですね。日本が再び軍事大国になる日は近い?(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90102/16972942

この記事へのトラックバック一覧です: 墜落日記6 第3回:

« 墜落日記6 第2回 | トップページ | ショック! »