« 日本ではなぜゲームのストーリー性が重視されるか | トップページ | 尻切れとんぼ »

2007/12/06

日本ではなぜゲームの(以下略)

前回の続き

黎明期のファミコンは大半がアーケードゲームを移植したようなアクションゲームで、あとは多少のアドベンチャーゲームがあるくらいだった。そして、まだマンガやアニメとのリンクはそれほど強くなかった。

そしてドラゴンクエストが登場する。ドラクエ作者の堀井雄二はPCゲームのウィザードリィにどっぷりはまっていて、なんとかこんなゲームを日本で作れないかと立ち上げたプロジェクトがドラゴンクエストだったとなにかに書いてあった。堀井雄二のすごいところはウィザードリィやウルティマのコンセプトをそのままの形で輸入するのではなく、キャラクターやモンスターのデザインに鳥山明を使い、ゲームの演出にアニメ的な手法を使ってすっかり日本人にも受け入れやすいテイストにしたことだ。

ドラクエは皆様ご存知のようにヒットして(特にIIIは歴史的大ヒットとなる)、現在にまで続く長寿シリーズになる。当時ドラクエが新鮮だったのはそのドラマ性だったと思う。僕らの世代では、ゲームをやってて初めて泣いたのはドラクエIIIだと言う人が結構いる(ラストダンジョンで○○がいたあのシーンですね)。それまでゲームで泣くなんて思いも寄らないことだった。

ドラクエシリーズの大ヒットで、ゲーム業界にドラクエ風RPGが量産されることになる。またドラクエでゲームのおもしろさに目覚めた子供も大人もむさぼるようにそれらを購入していった。そしてユーザーの要求に応えるようにゲームのドラマ性がどんどん高くなり、同時にゲームとマンガやアニメのリンクも強くなっていった。こうして日本のゲーム界に一つの方向性が決定することになる。

と、まぁ、まだ続いたりしちゃうんですよ。申し訳ない

« 日本ではなぜゲームのストーリー性が重視されるか | トップページ | 尻切れとんぼ »

コメント

「受験に邪魔なんで これッ!預かって下さいッ!」
'92年秋、勤務先でバイトの学生くんにスーパーファミコン本体と 当時発売されたばかりの ストⅡ と ドラクエⅤ を手渡されました。
当時の自分は‥勤務先の同僚が ファミコン時代に「あいつ ドラクエでまた仕事を休みやがった!」などという「事件」を多発させていた為、「家庭用ゲーム」の全てをバカにしていました。

「だいたい、アーケードゲーム(→ スペースハリアー当時)に大きく劣るしょーもないグラフィックのファミコン画面に徹夜をしたり 当日欠勤するとは…!あんなレベルの低い子供だましな(本気でそー思っていました!)ものになんで夢中になっているのか!!ボケェ!!」(笑)

家庭用ゲームに全く興味が湧かなかったのです。
しかし、バイトくんからの申し出を断る理由もないので とりあえずバカにしながらも ドラクエⅤをプレイしてみることにしたのでした。
やってみたらハマるハマる(笑)
流石に意地でも当日欠勤はしなかったけれど(笑)
ビアンカとフローラ、どちらを選んで妻に娶るか「リアルタイムで」(マジで!)一晩中悩むわ(笑) 子供の名前も半日かかっても決められないわ(これもマジです!)…ラストダンジョンで 主人公の〇×が現れるところで号泣!(音楽にも泣かされました~) ストⅡ(特に春麗に)もハマりまくり、ゼルダ「神々のトライフォース」に驚嘆し、更に逆行してファミコンを購入、ドラクエⅠ Ⅱ Ⅲ Ⅳまで全て制覇!(爆笑)
それから一年を経ずして スーパーゲームボーイ!マリオペイント!スーパースコープ‥はさすがに買わなかった~(^O^)/ 果てはPCエンジン、メガドライブ、までハードを購入していました。(→バカ)

ああ‥もうそれから15年もたつのかあ‥。
…最近のFFなどは トシのせいか開発中の画面を雑誌で見ただけで疲れます。(笑)


すみません、スーパースコープ買いました(爆)。スーファミ全盛の頃ですね。僕もハードだけやたらと買うタイプです。

>ドラクエV
僕もゲームキャラの名前をつけるときにかなり悩む方です。主人公はともかく複数のキャラに名前をつけなくてはならない場合は、それだけで1日2日つぶれます。嫁選びイベントはさっと決まりました。どうやらゲームキャラに関しては女の子の趣味がはっきりしたいるようです(^^)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90102/17289960

この記事へのトラックバック一覧です: 日本ではなぜゲームの(以下略):

« 日本ではなぜゲームのストーリー性が重視されるか | トップページ | 尻切れとんぼ »