« もう一つの引っ越し | トップページ | 生存報告 »

2008/01/29

デザートユニオン遠征

気がついたら、もう前回の書き込みから2週間近く開いてしまった。この間ほとんど家にこもっていたので、たいしてブログに書くこともなかったわけなのだが、どうにも爬虫類体質で気温が下がると行動力が低下してしまう。

そんな自分に気合いを入れるというわけではないが、今年最初のサバゲだ!今回はいつものフィールドを飛び出し、千葉県佐倉市のデザートユニオンというサバゲ専用フィールドに遠征してきた。

以下フォトレポート(本文中敬称略)

Du01
7時前に町田某所で拾ってもらう。
同乗者は小町1、川崎2、南大沢1、淵野辺4。

Du02
2時間ほどの行程で現地到着

Du03
デザートユニオン全景……と言いたいところだが
あまりに広くて左右が欠けている。

Du04
こんな感じでバリケードや小山が配置されている

Du05
セイフティはちょっとした野戦司令部といった趣

Du06
相変わらず国籍も時代も統一感のない我がチームの装備だが、
他チームはなぜかやたらと自衛隊迷彩と89式が多かった。
そうか時代は自衛隊だったのか!

Du07
銃の調整は入念に

Du09
いよいよゲーム開始!

Du10
BB弾が飛び交う中走れ走れ!

Du11
しかしフィールドが広すぎて、
相手が見えていてもなかなか弾が届かない。

Du12
フィールド奥の城塞を目指す!
午前中は両軍とも、いとも簡単に攻略できたのだが……

Du13
戦士の昼食

Du08
フィールドの中央に配置された砦。午後に立てこもり戦ルール戦が行われここで激戦が繰り広げられる。中央砦を攻略しない限り本陣の城塞を攻められないというルールで、当然この中央砦がゲーム開始と同時に四方から攻められることになるのだが、M体質の週末軍人会の隊員が守備隊として続々集まってくる。ゲーム開始と同時に雨あられとBB弾が飛んでくる。こちらも負けじとBB弾をバラ撒く。「3時半の男」川崎2が日頃無用の長物と化している分隊支援火器ミニミを「きょえ〜〜っ!」と奇声を上げながら撃ちまくっている。それに合わせて2階にいるみんなが奇声を上げる。バカばっかりだ。もちろん僕も叫んでたが……。そうこうしているうちに手に被弾。しかし午後からはメディックルールが採用されているので衛生兵に治療してもらって戦線復帰。もう1回被弾するまで戦える。が、いかんせん多勢に無勢、とうとう砦2階は僕と南大沢1を残して全滅する。ここから日頃のフィールドでのゲーム成果が発揮される。階段を上るまで敵からは見えない位置に身を潜め敵が上がってくるのをじっと待つ。「もういないはずだ!」「いやいるぞ!」などと言ってる敵の声がすぐそこに聞こえる。えらい緊張する。階段を上がってくる敵が頭を出した瞬間に弾を撃ち込み、次々と屠る。ねばりにねばって最後は反対側の階段を上ってきた敵に背中から至近弾を浴びて一巻の終わり。しかし楽しかった!

午前中は、どこから飛んできたか分からない弾に当たってあっさりやられていたが、午後になると要領が分かってきてゲーム終盤まで生き残ることが多くなった。それにつれてBB弾の消費もうなぎ登り。持ってきたバイオ弾2000発も撃ち尽くし、立川1にもらい弾する。気温が低いせいもあって2本のSDバッテリーも使い果たす。念のために持ってきたミニバッテリーをむりやりG36Cに取り付け、ちゃんと閉まらないハンドガードをガムテープで留めてラスゲーを戦うハメになる。

Du14
我が週末軍人会のダメ親父精鋭たち
敵チームの人にシャッターを押してもらったので
珍しくぽんつく堂も写っています

Du15
戦い終えて談笑中

Du16
帰りの首都高渋滞中、車窓から撮ったフジテレビ。
お疲れの中、長距離を一人で運転した小町1ご苦労様でした。

今回はG36Cというコンパクトガンを使ったのだが、この広さでは弾の飛距離が足りず力不足だった。たしかに89式を使っている人が多かったのもうなずける。僕もデザートユニオン用にフルサイズの銃が欲しいな。といっても、重い銃は持って走るだけでヘバるので避けたいところなのだが……

サバゲ自体久しぶりだったのだが、遠征するのも他チームとの合同ゲームも本当に久しぶりだ。だだっ広いフィールドでの大人数でのゲームはまさに大人の運動会。1年分走りまくった。二日たった今も足が痛い。本当に楽しかった。次の機会があったらまた是非行きたい。

« もう一つの引っ越し | トップページ | 生存報告 »

コメント

日曜はお疲れ様でした。
当日の朝は、寒い中長くお待たせしまして申し訳ない。
川崎2殿が待ち合わせ場所の脇で寝ているのに気付かなくって…

写真を見てると一昨日の楽しかった戦闘が思い出され、
またやりたくなってきますね。
私も中央砦に立て籠もりたかったなあ。
もう一人のメディックの方が居たので、仕方なく奥に行ったのです。

仕事?
足が痛くてとてもそれどころでは…。

帰りは近所まで送っていただき、ありがとうございました。

ゲーム中はハイになっているので、メディックルールということを忘れて、撃たれるとつい「ヒット!」と叫んでしまいます。僕も結局メディックに助けを求めたのは1回だけでした。僕にはとてもメディックは務まりません。なにしろフィールド内を走りまくる体力がありません。

次の遠征はCQBですね。きっとまた面白い企画があると思います。


チームが事実上解散してしまって、ウチに新発売当時に購入した「βスペツナズ ほか」が、かれこれ三年ほど眠っているのですが…血が騒ぎますなあ~!

あ でも最近手首を傷めてしまって…宜しければ完治しました暁に、この一兵卒をぜひ戦列に!…う~ん どーかしら。(笑)

もちろん歓迎します(^o^)/。
ケガが治って参加したくなりましたら、
このブログにコメント書いてください。
連絡方法などお伝えします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90102/17882439

この記事へのトラックバック一覧です: デザートユニオン遠征:

« もう一つの引っ越し | トップページ | 生存報告 »