« Mac帰る | トップページ | ジョージ・ワシントン艦載機飛来 »

2008/09/09

思わぬところでボロ

先々週だったかの「たけしの本当は怖い家庭の医学」で水虫の話題をやっていた。白癬菌さんとは、昔、お付き合いさせていただいたことがあるので人ごとではない。あらためて自分の足の指を見ると爪に横縞があってデコボコしている。先端で厚くなってるしポロポロと簡単に割れる。これって爪水虫?

仕事が一段落したので、かかりつけの皮膚科に行ってきた。先生(女医さん)、爪を見て「何かスポーツしていますか?」と聞いてきた。スポーツ??自慢じゃないが「モーター」が頭につかないスポーツは見るのもやるのもごめんだ。「いや、特に……」と言うと、先生「足の指に強い力や衝撃がかかると爪がこんな感じになることがあります」だそうで……足の指に強い力がかかると言えば……

あ、サバゲだ!

さすがにサバイバルゲームやってますとは言えず、とっさに
「そういえば月2回ほどトレッキングしています」と言ってしまった。
そうしたら

先生「えっ、そういうことやっているんですか?」
(おいおい、食いついて来ちゃったよ……)

先生「どの辺で、やっているんですか?」
(先生、もしかして学生時代ワンゲル(古)ですか?)

僕「○○あたりのM峠付近で……」
(いつも遊んでいるフィールド辺り)

先生「へー、そんなところにそんな場所があるんですか?」

僕「ええ、まぁ……」(しどろもどろ)

口から出まかせは言うもんじゃないね。でも、この歳でおもちゃの鉄砲持って山ん中走り回ってるとは言えないもんなぁ……。

とりあえず水虫ではありませんでした。

« Mac帰る | トップページ | ジョージ・ワシントン艦載機飛来 »

コメント

自分もそれ見ましたよ。

かゆみのない水虫が多いそうで
ちょっと心配になりました…

一度診てもらおうかな。

≫Unknownさん
あの手の番組観ていると、全部自分に当てはまるような気がします(笑)。
医者に行くのを本当に面倒くさがる人がいますが、医者には行った方がいいです。自己診断は大概外れます。

そうそう、ついボロが出ちゃうんですよね、わかります。
月曜日になると顔や腕が内出血したり、前歯折れてたり(泣)、「何やってるの?」となりますからねぇ。
何方かのように「ハイ!訓練です!」なんて言えませんよ普通。(笑)

>あの手の番組
最近自分は「あの手の番組」は見なくなりました。
だってやたらと無責任に脅かすんですもん。
あ、「ためしてガッテン」は見てました。アハハ。

>「○○あたりのM峠付近で……」

でまかせってほどでは無いですよぉ。
だってあのへんのルートは知らない人以外は皆知っている「関東ふれあいの道」っていう立派なハイキングルート&古道ですから。
つなげると名古屋までの遠大なハイキングコースになるんですよ。

現在はすっかり快癒に向かっていますが、自分は「メニエール病」という所謂「めまい」の病気に侵されています。
生活レベルで船酔いの症状が出る愉快な病です。(笑) 発作がおこると為すすべがなく 救急車を呼んでいたのですが ある日のこと、なんと!かかりつけの病院のキャパがなく「たらい回し」でやむなく〇〇〇病院に!
このバ〇病院は、急患対応も出来ないバリアフリーのない廊下!めまいで本当に苦しんでいる患者に「診療室まで歩いて下さい」「アンケートを記入して下さい」「CTスキャンとレントゲン撮影をします」三つの検査室まで自力で階段で移動!往復!…検査はいいから治療をしてよ!(泣)

治療がはじまるまで約90分‥こんなひどい病院はなかったです。あんまりだ!…あ 水虫の話でしたね(笑)
すっかり「ヤブ」病院が怖くなった自分はインターネットで治療法を検索し治療薬を購入する様にしてしのぐことにしているうちに すっかり発作がなくなりました。ヤブ医者は無用。水虫もいいクスリがありますよ。高いけど。(笑)

先日、町田のゲーセンで「戦場の絆」をジオンの民間人としてザクに搭乗しプレイしてきました。
初陣で6機の量産型ガンダムを楽々撃破!「期待のホープ」とかなんとか称号を戴いたのですが…もう五分が限界!三半規管の弱さを久々に痛感…。メニエール病患者はモビルスーツには搭乗できません。めっさ酔います。酔いまくりです。エースパイロットは永遠のまぼろし。(笑)

≫保土ヶ谷1さん
「上向いてたらモノが落ちてきた」よりマシな言い訳と思ったのですが、少々リアルすぎました。

≫本管通信さん
なにしろ長偵の時でもいつも人の後ついていくだけで精一杯だったので、聞かれてもルートの説明とか全然出来ないんですよ。

≫ゲスト淵野辺さん
それはご災難でした。そんな難病をお持ちとは全然知りませんでした。そのケースの場合は仕方ありませんが、「ヤブ」に当たらないためにも、かかりつけの医者は必要ですよね。今の場所に引っ越して、自分にあった耳鼻科を見つけるまで3カ所ドクターショッピングしてしまいました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90102/42429689

この記事へのトラックバック一覧です: 思わぬところでボロ:

« Mac帰る | トップページ | ジョージ・ワシントン艦載機飛来 »