« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008/10/30

換気

外壁の塗料の臭いで少々ラリリ♪でございます。

昨日、窓の目張りがとれた。たった三日間だけど窓を開けられないのは結構辛かった。

基本インドア派なので、もし部屋に一ヶ月閉じこもれと言われれば問題なくできると思う(もちろん、ビデオ、ゲーム類持ち込み可として)。でも、窓を開けられないのがこんなに辛いとは思わなかった。息が詰まるとはこういうことなんだな。宇宙飛行士の夢はあきらめました(笑)。

2008/10/27

ただいま改築中

実はここ一月ほど家の改築工事をしている。家の周囲に足場が組まれ、ふと2階の窓から外を見ると、歩き回っている人の足が見えるというのはちょっと非日常的な光景だ。

作業も佳境に入り、外壁の塗装のために窓に目張りがされて、完全に部屋に閉じこめられてしまった。

改築工事中、何が困ると言ってプラモデルが作れない。ただでさえ一日中家にいて不審がられている(だろうね)のに、ベランダでエアブラシでプラモをプシュープシューと塗装していたら、「こいつはニートだ」と思われるのは間違いない。

そんなわけで買ってきたFFXIIもそろそろ佳境だ。

2008/10/25

プラモデルのモールドと言えば……

今発売中の某模型雑誌で某有名モデラーが「凸モールドは写真に撮ったとき、よりリアルに見える。メーカーさんに新作を凸モールドで出してくれと陳情した」といった内容の記事を書いていた。

ちょっと待ってくれ。僕のような素人にはペーパーがけで消失した凸モールドを復元するのはほぼ不可能だ。無責任な発言はやめていただきたい。

素人でも気軽に組めるものを素材に、リアルなり見栄えなりを極めるのがプロのモデラーだろう。プロの都合を優先して、裾野の敷居を上げてどうする。どんな業界にかかわらず、ときどきこうした勘違いプロが現れる。

まぁ、メーカーさんはやんわりと否定したようだが。

凸モールドを削らないように苦労しながら、接着面を消していた頃を懐かしいとは思っても、決してその頃に戻りたいとは思わない。

2008/10/23

X-29

円高ですって!?
やった!今のうちに世界中のレアメタルを買い占めろ!

…というような話はおいといて。


先月は忙しい忙しいと言いながら、こんなものを仕事の合間に作っておりました。

X2901

X-29(ハセガワ1/72)です。飛行機好きなら皆さんご存知の前進翼実験機です。こんな世の中に一機しか存在しない機体をキット化していただいて本当に有り難い。実機の映像を見たときはすごい時代が来たものだと思ったけど、そんな時代は来ませんでしたねぇ(笑)。結局、前進翼を可能にしたフライ・バイ・ワイヤ自体が、画期的技術革新だったわけです。

プラモは20年以上前のものなんですが、素晴らしいです。指を切りそうなほどシャープなエッジと繊細な凹モールド。はっきりしたことは分からないけど、確かまだCAD&レーザー導入前ですよね。職人さんが金型掘っている時代ですよね。だとしたら本当に見事です。もちろん今も素晴らしいですけど、この頃のハセガワは黄金期というかなんか凄かったです。

X2903

組み立てもエアインテイクと胴体の接合部に段差が出来てしまうことさえ気をつければ、ほぼ修正いらずでストレス無しにあっという間に組み上がります。

X2904

やっぱりツヤ有りの白塗装は難しいです。

しかし、このキットの鬼門はデカールでした。いや、デカール自体に問題はないのですが、やっぱりでかい面積のデカールを張るのはとても神経使います。もちろんこのストライプは全部デカールです。かなりごまかしてますけど、何か所か切れてます。
できたら、こういうデカールでしくじったらすべてが終わりみたいなキットには、予備のデカールを入れて欲しいです。ダメですか?

2008/10/22

FF XII

すっかり油断してゲームばっかりやっておりました。

ここのところ仕事以外では空飛ぶゲームばかりやっていたので、久しぶりにRPGをやりたくなった。RPGはずいぶんとやっていなかったのでどれがいいのか見当も付かず、一番ベタなところでFFなら間違いなかろうと、現時点での最新作12を買ってきた。廉価版も出たことだしね。

このFF12、ネットでレビューを見ると意外に賛否両論だった。でも正直みんなが褒めるゲームをやってみると「あれ?」と思うことが多い。むしろ賛否が分かれるゲームの方が僕には向いていることが多い。

で、実際にやってみると、今のところ結構楽しめてる。もしかしたらラストに思わぬ落とし穴が待ち受けているかもしれないが、その時はここでボロクソに書いてあげよう。

当初は空いた時間にちょこちょこっとやるだけのつもりだったが、始めるとどっぷりやっちゃいますねぇ。意志が弱いんでやめれない。ついつい他のことは全部ほったらかしになる。ブログもちゃんと更新しなくては。

2008/10/11

おわたぁぁっっっ!

…と、ケンシロウのように叫んでいるのは、2ヶ月間続いていた仕事がようやく一段落したからだ。

詳しくは書けないが、マンガやゲームとは関係のない業種から短期集中型の仕事が入っていた。それが普段の仕事から考えると半端でない量だったから、8〜9月はずっとそれにかかりっきりだった。当然レギュラーの仕事にもしわ寄せがかかるし、Macが壊れるというクリティカルなトラブルはあるし、おまけに今月始めに前々から決まっていた旅行の予定が入っていたので、締め切りごとに毎回恐怖の綱渡りだった。

しかし、なんとか終わるもんだ。ここ2〜3日はだらけまくっている。本当は一本シナリオを仕上げなくてはならないのだが、編集さんがこのブログを読んでいないことを祈る。あ、いけね…作画担当のマンガ家さんはここのこと知っているんだ……

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »