« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008/11/24

千葉遠征

昨日は千葉県四街道市にあるヴィレッジワンというサバイバルゲーム専用フィールドに遠征してきた。

V101
まだ、真っ暗なうちに相模原を出て8時に現地到着。

V102
お化粧は念入りに

V103
「最近お肌の調子が悪いの」「やあねぇ年取ると」

V104
銃の調整に余念のない隊員達。

V105
ゲーム前のミーティング

V106
今回のフラッグ。このフラッグを巡って血みどろの戦いが…

V107
この奥に起伏に富んだ複雑な形状のフィールドがひろがる。

V108
至る所に塹壕が掘られ

V109
なんと、トンネルまである!

V110
ストロボを焚かないと中は真っ暗だ。ここは硫黄島か…

V111
昼食休憩。
なんと、ヴィレッジワンさんから熱いお湯と豚汁のサービスが!
寒いフィールドでは熱い味噌汁が何より嬉しい!

V112
さながら、野戦炊事車に並ぶ行列のようだ。

V113
週末軍人会の勇士達。若干フォーカスがかかってます。

今回行ったヴィレッジワンは、施設利用料も一人あたり2000円とリーズナブルな割にはとても充実したフィールドだ。写真でも紹介したように塹壕やらトンネルやら各種バリケードがあってとても楽しい。サバゲーマーにとっては夢のようなフィールドだ。今回、企画・運営を担当した保土ヶ谷1氏も言っていたが、次回は是非ともそういった設備を生かせるシチュエーションゲームをやってみたい。ああ、もっと近ければなぁ……。帰りの渋滞が地獄ですよ。運転手役の皆さんご苦労様でした。

2008/11/19

内臓はとてもきれいでした

ヨメさんの父親が手術をした。
病気そのものはまったくクリティカルなものではなく、手術もよくあるものなのでその点の心配はなかった。

義父は開腹手術ではなく腹腔鏡手術を選択した。術後の回復やその後のことを考えれば、多少費用がかかってもこの選択は正解だと思う。
手術をお願いした医者は国内の腹腔鏡手術の第一人者という人らしいが、この医者がまたよくしゃべる。その話の内容のほとんどが自慢話。それと現在の医療制度への不満だ。事前の手術の説明を聞きに行ったときも、内容はほぼ自慢話だった。

手術当日、付き添いとしてヨメさんと一緒に病院に行った。手術が始まり、しばらくしたら手術室に呼ばれた。そこでリアルタイムでモニターを見ながら手術の内容の説明を受けた。いわゆる公開手術というやつだ。さすがに自慢話はないが、やっぱりよくしゃべる。
一緒にいたヨメさんは心配のあまり気分が悪くなってしまった。「説明はいいから、早く穴ふさいでくれ!」と、ずっと心の中で思っていたらしい。1時間ほどで手術は終わり、その日のうちに退院できた。

自分の経験からも、自慢する医者はそれなりに腕がいいと思っているのでこういう医者の方が安心だ。ただし偉そうにしている医者は必ずしも腕がいいとは限らない。自慢とただ偉そうにしているは全く別のものだ。

さて、僕もいよいよ来年、年齢がまた一つの大台に乗る。そろそろ、いつ腹の中を見られてもいいように、内臓脂肪を片付けておかなくては。

2008/11/13

定額給付金

どーも日本人は昔話で刷り込まれているのか「金持ち=悪人」「貧乏人=善人」という図式が無意識のうちに出来上がっているようだ。

給付金の目的は生活支援ではない。景気刺激策のはずだ(効果のほどはともかく)。本来、所得の多い少ないに関わらず全世帯に平等に給付して、とにかく使ってもらうのが目的だ。おそらく、金持ちでも貧乏人でも突然いくばくかの臨時収入があれば、普段よりは使うことに対する抵抗はないはずだ。生活費に使おうとホテルのバーで飲もうとパチンコですろうと2兆円の金が市場で流通する。それが目的だ。貯蓄に回すのは非国民だ。もちろん僕も使うつもりだ。

高額所得者に給付するかしないかを自治体の判断にお任せというのは「一応、金持ちにお金を払わない方法を考えましたよ。」という言い訳に過ぎない。責任をなすりつけられた自治体もいい迷惑だが、結局、全世帯支給と言うことに落ち着くのではないか。

2008/11/10

近況

レギュラーの仕事にイレギュラーも発生して
地味に忙しくしております。

一ヶ月半続いた改築がとうとう終わりました。

Room01

これでようやく不規則で不健康な生活に戻れます。

2008/11/04

2008 F1

とうとう今年のF1が終わってしまった。

キミちゃんが早々に優勝戦線から脱落してしまってからは、優勝争い自体には興味が無くなっていた。それでも最終戦の終盤は手に汗握った。二重のどんでん返しが仕組まれていたとは、ハリウッド映画顔負けのシナリオだった。

今シーズンの一番のビックリは、チームアグリの撤退でも中島Jrの健闘でもない。現役時代からファンをやらせてもらっているゲルハルト・すけベルガー氏に、あれほどのチームマネジメント能力があったことだ。来年もトロ・ロッソには注目。

あとは、なんとか琢磨にどこかのチームに潜り込んで欲しいね。

2008/11/01

あと、ちょっと

家の周りの足場がようやく外される。

やっぱりね、窓を閉めてても後ろで人の歩く気配があると落ち着いて○ンコできないよ。


あ、FFは無事クリアしました。
まぁ、なにしろ超メジャータイトルなので、別にここで批評するまでもなく、もう十分に意見は出尽くしている。興味のある人は、そうした専門サイトを見ていただきたい。

同じゲームをやっても感じ方は人それぞれだ。まんじゅうで例えれば、同じまんじゅうを食べても「これは甘いからおいしい」「これは甘いからまずい」という二つの意見が出る。「甘い」という同じ意見でも「おいしさ」という点では全く逆の評価になる。結局、そのテイストが自分に合うかどうかだ。

このゲームも、そんなゲームだ。
僕は、そこそこおいしくいただいた。

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »