« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009/04/28

墜落日記 H.A.W.X 第4回

ミッション5はアシストOFFモードの訓練ステージだ。

案の定というか恐れていたことが現実になったというか、
まぁ、そういう感じだ。

アシストOFFにした瞬間、自機は画面の遙か彼方に吹っ飛んでいき斜め後方からの視点になる。操作系すら変わってしまい、スティックを横に倒してもロールにはならず、そのまま左右への旋回になってしまう。エースコンバットで言うところのノービス操作だ。速度を下げながらスティック操作するとぐりんぐりん機体が回る。確かにこれまで経験したことのない機動だ。

アシストOFFモードでは自機を操縦している感はなくなり、遠くの無人機をリモコン操作しているような感じになる。正直、あまり好きではない。なるべく使用したくないが、きっとこの先アシストOFFでないとクリアできないミッションとかあるんだろうな。

これで、とりあえず序盤のミッションはクリアしたことになるのだろう。ここまでやった感想は「まぁまぁ楽しい」。買って損したとは思わない。お勧めレベルとしては「中」といったところか。エースコンバット6と同時に購入したフライトスティックEXが埃をかぶっている人には強くお勧め(笑)。

なんて「(笑)」とか書いている場合じゃない!豚インフルエンザの警戒レベルが「フェーズ4」になったという、やばいニュースが飛び込んできた。鎖国だ!鎖国するんだ!

2009/04/27

墜落日記 H.A.W.X 第3回

ども、空軍に出張中のぽんつく堂です(私信)。
なにしろ地球の裏側で任務に就いているため激しい時差ボケで、一応用意はしたのですが、やはり出動は無理でした(さらに私信)。

さて、本題。
ミッション3はほぼ自由落下爆弾の投下訓練のような任務。ミッション4はERSを使った地上攻撃訓練のような任務。と、チュートリアルがない分、ミッションで順を追って各種操作を教えてくれるという親切設計になっている。エアコンバットゲーム経験者には、なんとなく「ああ、こういう事か…」とすぐ飲み込めるが、初心者向けには、やっぱりチュートリアルがあった方がいいような気がする。
ERS使用中はどうもゲートをくぐることに集中しすぎて、他のことに注意が向かなくなるのが欠点だ。ゲートを外れないために速度を落とすと敵の攻撃も受けやすくなる。特に対地攻撃はエースコンバット経験者ならば目視の方が全然楽で安全だろう。ERS面白いけどね。

H.A.W.Xオフィシャルサイトにあった機体相性診断の結果です。

Aishou01

確かに戦闘機パイロットの自伝なんか読むと、性格的に戦闘機乗りは無理と自覚しておりました。やるんだったら爆撃手とかだろうなぁ…と漠然と思っていたけど、なんか命中しちまった(笑)。

2009/04/25

墜落日記 H.A.W.X 第2回

あれ?ミッション2ではミッション1で搭乗したF/A-18使えないの?あ、そうか、米空軍を退役してPMC(民間軍事企業)に移籍したという設定なのね。それで世界各国の機体を使って、世界中の紛争地域で戦闘に参加するわけね。つーか、F/A-18空軍機じゃないし…

で、ミッション2で、タイトル通り墜落しました。

Su-25に搭乗して中東某国の石油プラントを守備するという任務。大量に押し寄せる戦車隊を攻撃しようと低空をぐるぐる旋回中に地面に激突した。こんなにまともに墜落したのは久しぶりだったので、墜落した直後はちょっと呆然とした。確かに低空で無理な旋回は繰り返していたが、自分では十分に回りきれるつもりだった。

フリーフライトであらためて操作を確認すると、エンジンをいくら絞っても速度が思ったように下がらない。これがこのゲームのアシスト機能の落とし穴だ。エアブレーキを操作できないので、速度の調整はスロットルの開け閉めで行うが、アシストONだとスロットルを絞っても失速を防ぐために速度が約540ノット以下にならない。それに気づかずに低空で縦旋回をしていたので、速度が殺せず引き起こしが間に合わずに地面に激突したのだ。お節介機能にやられちまったわけだ。

540kt/hと言えば気温15℃で海面上で約マッハ0.8!常に遷音速域で飛ばなくてはならないので、低空では慎重に飛ぶ必要がある。それにしても失速しないためとは言え、これはちょっと最低速度高すぎ。300ktくらいまで下げられるようにして欲しい。アシストOFFにできるのはミッション5かららしいが、このアシストOFFがまたなんとなくくせ者のような気がする。

それと、まだ初期ミッションのせいかマップが狭い。先走って、進行してくる敵機をお迎えに行くとすぐマップ限界になってしまう。この先ミッションが進めばマップも広くなるだろうけど、ちょっとカゴのトリ気分。

2009/04/24

墜落日記 H.A.W.X 第1回

Hawx01

でわでわ早速ミッション1をやった感想など。

操縦桿、スロットル、武器使用ボタンなど基本的な操作はエースコンバット6と変わりないので、エスコン経験者ならばすぐさま飛び回れる。機体の操作感もあまり変わらない。とはいえ細かいボタン配置は全然違うので、この先あたふたしないためにも早く慣れておかないとね。このゲームの売りのERSとアシストOFFはまだ全然使いこなせておりません(^^)。

そういえばUBIが専用フライトスティックを出すという話があったけど、その後全然ニュースがない。あれはガセだったのかなぁ?

グラフィックはやはり老舗のエースコンバット6に軍配が上がる。機体のグラフィックはAC6に比べるとややオモチャっぽい感じ。フィールドは夕暮れステージと言うこともあってか、「おおっ!」というような広がり感はあまり感じない。この先に期待か?
パイロット視点、コクピット視点、三人称視点が選べるが、HUDが表示されるのがパイロット視点だけなのが残念。コクピット視点でもHUD表示して欲しかった。21型のブラウン管テレビでやっているせいか、計器板が小さいというかやたらと遠く感じる。慣れるまではパイロット視点でやるしかないな。

リプレイがやけにあっさりしているのも残念。エアコンバットゲームにかぎらず日本製のドライビングゲームなどやたらとリプレイに凝っていて「オレってカッコイイ!」モードを演出してくれるが、諸外国のゲーマーはそういうのに興味ないのかなぁ?もしかして日本のゲーマーってナルシスト?

2009/04/23

H.A.W.X キタ━━(゚∀゚)━━!!

Hawx00

とうとう来ましたXbox360版[H.A.W.X]!
さぁ、ブリブリ飛ぶぞ!

それはさておき、ぽんつく堂本店の更新情報です。
「エナジーエアフォース・エイムストライク!」内[MISSION]に[SCENARIO5]を追加。[JHMCS]の項目を追加。[etc...]を修正。
というわけで、この後も修正はバシバシ入ると思いますが「エナジーエアフォース・エイムストライク!」のページ、一応これにて完成です。ギリギリH.A.W.Xに間に合いました♪

それにしても、コンテンツを書くためにJHMCSをググってみたら、ぽんつく堂ブログが2番目に来てて驚いた。wikiの下ですよ。
JHMCSを調べようと思って、ここに来てしまった皆さんにホント申し訳ないですm(_ _)m。

2009/04/21

絵描き奴隷

Fa1801_4

今日も朝から雲が低くたれ込めていて、F/A-18がバリバリと飛行場を空母に見立てての着艦訓練をしております。

先週金曜日から昨日まで新潟の実家に帰省しておりました。ついこの前まで乳児界共通言語使いだった姪っ子も完全な日本語をしゃべっていた。パパ(弟)が「おじちゃんに絵を描いてもらいな」と余計な一言を言ったばかりに、犬ネコから始まり家族全員の似顔絵を何度も何度も描かされるハメになる。とりあえず、どんなときでもアンパンマンは描けるようになっておかんといかんね。

Anpan01_3

実家にあったPC使って久しぶりにWindowsでぽんつく堂本店を確認したら、最近更新した部分の文字がものの見事に中央揃いになっていてガックリ。Macではデフォで左寄せなんで、どうしても左寄せ指定を忘れてしまう。やっぱりWindowsいれるか…。

2009/04/14

でもって久々の更新情報

2週に渡ったsakusaku祭りも終わり、リテイクを食らった仕事もなんとかやっつけて、ぽんつく堂も平常運転に戻りました。

ぽんつく堂本店「エナジーエアフォース・エイムストライク」の「ミッション解説」に[SCENARIO4]を追加。同時に「ミッション解説」もいろいろ手直し。いいかげん片付けてしまわないと「H.A.W.X祭り」がやってきてしまう。

今日は午後から曇天で雨が降ったりやんだりだったのだが、厚木の艦載機がやたらと着陸訓練をやっていた。あちらさんは天候のプロだから、わざわざこういう雲の低い時を選んで基地を使った着艦訓練をしてるんだろうねぇ。こういう時は爆音が聞こえてからベランダに出て空を見上げても十分間に合うので見学日和だ。ホーネットやプラウラーが繰り返し頭上を通過して厚木方向に消えていくのだが、はっきり言って低空を飛ばせたらホーネットなんかよりプラウラーの方が遙かにうるさい。こんなのがタダで見れるなんて、本当に……(以下略)

2009/04/11

あかぎあいさんのご安産を祈ります

とうとう、終わってしまいましたsakusakuあかぎあいウィーク。
僕も年甲斐もなくはしゃいでしまいましたが(そもそも年甲斐なんぞあったためしはないが…)、思いを同じくしている人もかなりいらっしゃったようです。昨日のぽんつく堂ブログの検索フレーズランキングが「あかぎあい」で埋め尽くされておりました(笑)。

白井ヴィンセントがあんなに生き生きしているのを初めて見ました。最近はすっかりトークの間は置物になっていて、ときどきしょうもない必殺技を繰り出すときだけ動いていたヴィンが、今週は本当に生命感を持って動き回っておりました。そりゃあ、あれだけあいちゃんにガン見されていれば、ヴィンも動きたくなりますよ。

会話が転がるって言うのはこういう事だね、というのをまざまざと見せていただきました。黒幕の繰り出すトークのみならず、カンカンのトークまで全て拾えるあの才能はすでに異能の部類に入っているんじゃないか?天才黒幕の相手を務めるのは秀才じゃダメなんだ。やっぱり、あいちゃんやカエラちゃんのような異能でないと。黒幕もちょっとね、自分の才能でsakusakuを引っ張ってきたと思っていたけど、実はあいちゃんみたいな人がいてこそだった、と言うようなことを臭わせる発言をしていたね。

あかぎあい時代のsakusakuをほとんど知らないカエラちゃんファンのヨメさんも、今週の放送を見てsakusakuのMCはあいちゃんがベストだと納得しておりました。

黒幕の良さを引き出せるのは、立場の上下の関係なく同じ目線で(ときに上から目線で)ズバズバ思ったことを言えるようなタイプなんだけど、MCもどんどん代替わりして黒幕との年齢差が開いてくるとなかなかそうもいかないんだろうなぁ。新MCの三原勇希ちゃんはどうなんだろ?まぁ、番組の戦略にすっかり載せられて、今回もしばらくは観させていただきます。カエラちゃんみたいに最初シケてても大バケすることもあるからね。

2009/04/07

あかぎあい復活!

始まりましたsakusakuあかぎあいウィーク!
のっけに日向夏を出してくるあたり、スタッフもよくお分かりで(^^)。
さすがに6年も経って印象はちょっと変わったけれど、しゃべり始めたらまさしくsakusakuのあかぎあいちゃんだった。
ヴィンの繰り出すガンダムネタを「まだそんなこと言ってるの?!」の一言で切り捨て、対するヴィンがムキになってガンダムについて熱弁をふるうあたりが、もう、観てるこちらは懐かしさに涙が出そうですよ。
そしてあいちゃんは、歴代MCの誰より人形を見ている。悲しいかな人形がジゴロウからヴィンセントに変わっちゃって視線が合わない。ヴィンの顔の位置が低すぎるんだよ!
6年のブランクを感じさせないトークのかみ合いっぷりがとても気持ちいい。今週いっぱいだけなのが本当に残念。

もう一つローカル局ネタだが、MXで9時台のオビで「ザ・ゴールデンアワー」という番組が始まった。新番組と言っても、いままで朝にやっていた「モーニングサプリ」がそのまま引っ越してきた感じで、キー局では出来ない徳光正行さんのさわやかで下品なトークと外国人コメンテーターの本音トークがやたらとおかしい。

もう、TVはTVKとMXがあればいいよ(笑)。

2009/04/05

プロジェクトJAPANプロローグ

昨夜NHKで放送された「プロジェクトJAPANプロローグ・戦争と平和の150年」を見た。多少は新しい切り口があるかと期待したが、相変わらずの論調で結局「憲法九条を守りましょう」という内容だった。はては外国人の社会学者だかなんだかに「日本も南京記念館を作るべき」と言わせるにいたって、さすがにブチ切れた。

憲法九条の理念は素晴らしいと思うし、その精神はこれからも受け継ぐべきだと思う。しかしまるでそこに揺るがぬ真理があるかのごとく奉るのはもうやめるべき。それは政治ではなく宗教だ。

「戦争は悲惨で悪いことだから、やってはいけない」では子供向けのメッセージだ。なぜ戦争は無くならないのか、なぜ日本は戦争への道を防ぐことが出来なかったか、それを公平な視点で検証するのが何より必要だろう。相も変わらぬムード優先の番組作りにあきれ果てる。

と、カリカリしていたらヨメさんに「鬱になるからもう見るな」と言われた。…そうします。

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »