« 裁判員制度始まる | トップページ | 栗本薫逝く »

2009/05/24

ひさびさゴーストリコン

Gr10

H.A.W.Xも一段落したので、以前放り投げていたゴーストリコンのハードモードに再挑戦。

H.A.W.Xと違ってゴーストリコンのハードモードはまさしくハードモードで、ちょっと照準に手間取るとあっという間にザコ兵にも脳天撃ち抜かれてしまう。これはとても自分にはできないと序盤で早々にあきらめていた。前にも書いたが、ゲームは好きだが正直ヘタなのです。

今回、気を取り直して最初から始めて気がつきました。ゲームをやると言うより、作業にしてしまうとじみじみ進み始めます。もう、死ぬのはあたりまえで、敵の数や出てくるおおよそのタイミングを完全に覚えてしまえばなんとかなるもんです。100回殺されればそりゃゲームも進みます(笑)。というわけで、無事北米を救ってゲームクリア。洋ゲーのシューティング物をムズカシモードでクリアしたのは初めてなので(H.A.W.Xは別物として)、ちょっと自信になりました。と言っても、まだまだオンラインデビューにはほど遠いですが……

« 裁判員制度始まる | トップページ | 栗本薫逝く »

コメント

自分の場合は、ヤラれて悔しい→何度もやって敵パターンを憶えてくる→でもヤラれちゃう→激怒して小休止→落ち着いて数回でクリアできて軽く感動(アホ)→またハマる→(以下繰り返し

だから好きなゲームはハードごと捨てれませんw
でもゲーム上手な人も何度も挑戦して上手くなったんだろうなぁ。
なんかサバゲと似てるかもですね。

≫保土ヶ谷1さん
昨日は乙です。
僕は朝の雨で挫けました(^_^;)。

ゲームの難易度調整はクリエイターの腕の見せ所なんでしょうねぇ。難しすぎても簡単すぎでもダメ、おまけにプレイヤーの腕は千差万別。やっぱり神ゲーと呼ばれるのはこの辺のさじ加減がばっちり決まっているヤツなんですよね。
僕もハードごと捨てられないゲームが何本かあります。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90102/45112351

この記事へのトラックバック一覧です: ひさびさゴーストリコン:

« 裁判員制度始まる | トップページ | 栗本薫逝く »