« アニメの殿堂(その3) | トップページ | アサシンクリード »

2009/07/23

森永卓郎説によると

前回の記事で森永卓郎や辻元清美の言ってることいんじゃな〜いと書きましたが、当然この2人とは政治的には全く相容れません。宗旨替えしたわけじゃないので、念のため(笑)。

森永卓郎氏といえば、麻生首相を評してこのような発言をしております。
「麻生総理はメイド喫茶やコスプレショップに立ち寄ったことはない。オタクの味方などではなく、すべては選挙のためのイメージ戦略」
(wikiより引用)

実は僕もメイド喫茶やコスプレショップに行ったことがない。…てことは、僕はオタクの味方じゃなかったんですねぇ…(笑)

« アニメの殿堂(その3) | トップページ | アサシンクリード »

コメント

一度国会議員さん全員に
未来少年コナンをみてもらって
1時間スーパーマリオで遊ばせる
というのを強制的にやらせたら
見る目が変わるかもしれませんね
今回もいきなりアキバレベルから
入ってしまったのがネックに
なってるんじゃないでしょうか?
素人にいきなり断崖絶壁上らせても・・・

≫群馬のとあるゲーム屋店長さん
う〜ん…
あの人達は選挙で勝てるかどうかだけですから、
作品の質がどうこうとか関係ないんじゃないでしょうか?

きっと森永氏もオタクを聞きかじりで伝聞してるんでしょうかね。
まぁ偏見としか聞こえませんけど。
マンガ好きな総理ってことでいいじゃないか、と思うんですけどねぇ。

もしかすると、例の「アニメの殿堂」は総理なりのオタクへの恩返しのつもりだったのかなぁと、思えてきたりもします。

≫保土ヶ谷1さん
森永氏は間違いなくオタクですし、オタク擁護発言もしているのですが、突飛な発言が多くて肝心のオタク達にあまり支持されていないようです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90102/45717300

この記事へのトラックバック一覧です: 森永卓郎説によると:

« アニメの殿堂(その3) | トップページ | アサシンクリード »