« 「ヴァルキュリア」クリアしました | トップページ | アニメの殿堂(その2) »

2009/07/19

アニメの殿堂(その1)

国立メディア芸術総合センター(仮称)
…というよりは「アニメの殿堂」と言う呼称の方が通りがいいと思うので、ここでもそう呼ばせていただく。

まず僕は「アニメの殿堂」に対して諸手を挙げて賛成するつもりはない。とりあえず箱モノを作ってしまえと言う、これまでのお役所的な発想から出てきたのではないかという懸念はある。

しかし、この手の施設は必要だと思う。
書籍や映画のフィルムやなどの完成したものは国会図書館にどんどん蓄積していくが、制作途中の資料などは時間が経てばどんどん失われていく。また、漫画やアニメの制作現場が急速にデジタル化している。当然、それまでのアナログなノウハウや設備も消え去ってしまう。すでに漫画やアニメの黎明期の貴重な原稿や資料などの多くが散逸している。

今現在貴重な資料の多くが、収集家の個人所蔵に頼っているのが現状だと思う。
僕が持っている宮崎駿のTV初監督作品「未来少年コナン」のセル画だって、恐らく売ればそこそこの値がつくと思うが、「アニメの殿堂」ができれば喜んで寄贈させていただく。

もちろん、そんなものを保存する必要はないという意見もあるだろうが、やはり日本文化の一翼を担っているオタク文化を後世に伝えていく義務があると思う。

日本では反対の嵐の吹きまくっている「アニメの殿堂」だが、一方フランスでは漫画博物館が全く反対無しに開館している。
http://slashdot.jp/article.pl?sid=09/06/23/011206
だから日本はダメでフランスが偉いなどと言うつもりは毛頭ないが、何故か日本はいつも自国の文化に対して冷たい。明治維新の混乱で多くの貴重な美術品が海外に流出してしまっている。まぁ、おかげで、空襲で焼けずにすんだとも言えるのだが…。

日本で浮世絵展や仏像展などを開催しようとすると、その多くを海外の美術館から借りてこなくてはいけない。こうしたことを繰り返さないためにも、マンガ、アニメ、ゲームなどのコンテンツを包括的に収蔵する博物館を是非作っていただきたい。

***
…とまぁ、いまさらな話ですが、いよいよ衆院選も近いと言うことですし、昨今、オタクにとっても無縁でない政治ネタが続いたので、ここでいくつか私見を述べさせていただく予定です。

« 「ヴァルキュリア」クリアしました | トップページ | アニメの殿堂(その2) »

コメント

 わたしも同意見ですね。
 単に国が絡んでいるというだけで、さしたる理由もなくやみくもに反対している石坂啓なんかアホちゃうか? と思ったくらいなので。
 なら、お前に出来るのか? と。

 まぁ、ボクが持ってるセル画は「バトルアスリーテス大運動会」のものくらいなので、価値は無いとは思いますが(^^;。

≫ 沖せんちょさん
石坂啓が反対して、里中満智子が賛成だったら、
それだけで僕は賛成派に回ります。当然です(笑)。
里中満智子氏はずっと以前から、漫画家の権利と
地位向上のための活動をしてきてましたから。

Y売り新聞の文化欄では、どこぞの教授さんが上から目線で「国の施設に収録されることをまんが家が望むようでは、まんがも終わった」みたいなこと書いてました。
なんか全然世間しらずで笑止です。宮武外骨が明治期の地方新聞をあつめ、東大で保存させたこととか判ってないようです。

スミソニアンのアメリカンヒストリー館では、とうの昔から大衆文化について収集展示しています。
「アメリカングラフィティー」に出てくるような改造自動車から、アップル1,2など初期のパソコンなども展示されてました。
日本のまんがやアニメも、今のうちちゃんと保存しないと四散してしまいます。

並木さんの収集したものは、明治大学で記念文庫として保管するようです。このような民間の取り組みにも
国としてのサポートが欲しいと思いました。

≫こみ3さん
個人収集では限界がありますし、本人が死んだ後は埋もれるか四散するかそのいずれかです。
並木さんほど実績のある人だからこそ、大学で保管してもらえるわけで、それでも本当に運のいい希有な例だと思います。

マンガはずいぶん以前から何度も「終わった」「死んだ」と言われ続けていますが、なかなか終わりませんねぇ(笑)。

「アニメの殿堂」は現総理が口にするから国営マンガ喫茶とか悪口言われてるだけな気もしますね。w

やっと文化として政府も認めるようになった日本漫画。
手塚治虫さんが亡くなった際に、どうしてすぐに国民栄誉賞の話が出ないのか不思議でありませんでした。
逆に海外からの評価で、やっと政府が動き出す始末ですからねぇ。

>未来少年コナン
あれはホント傑作というより名作ですよね。
ギガントの上を走るコナンを見ると、自分もなんでもできるような気がしました。

≫保土ヶ谷1さん
>「アニメの殿堂」は現総理が…
結論を先に言われてしまいましたが(^_^;)、
つまりはそういうことですね。

>海外からの評価
海外からいいと言われりゃ持ち上げて、
悪いと言われりゃすぐひっこめる。
ああ、情けなや。

鳩山由紀夫によれば、アニメの殿堂は箱物であり、天下り先であり、税金の無駄遣いなのだと。
首相によれば、既にある建物を転用するので箱物ではなく、民間が運営するので天下り先にはならないという。
コンテンツ産業は、世界的に見れば27兆円の産業であり、日本のコンテンツ産業を伸ばすことにより、産業発展につなげるという。
毎年4兆円を投入して高速道路を無料化することが、はるかに税金の無駄遣いであり、利用しない人は増税を強いられる。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90102/45672209

この記事へのトラックバック一覧です: アニメの殿堂(その1):

« 「ヴァルキュリア」クリアしました | トップページ | アニメの殿堂(その2) »