« アニメの殿堂(その2) | トップページ | 森永卓郎説によると »

2009/07/21

アニメの殿堂(その3)

「…アニメや漫画、ゲーム等の展示を行う「国立メディア芸術総合センター(仮称)」の建設費用約117億円などは緊急なものではない。と云うよりも全く不必要である。アニメや漫画、ゲームはとても芸術とは思えない。麻生首相の考えは間違っている。」
東郷 幹夫の思いつくまま日記

今回の記事を書くために、あちこち検索していてたまたま行き当たったブログの一文である。このブログ主さんを非難するつもりは全くない。むしろ、この簡潔な文章に「アニメの殿堂」建設に反対している大半の国民の気持ちが要約されていると思う。

アニメや漫画、ゲームが芸術かどうかは人それぞれの判断だ。
僕自身、自分の作品が芸術だなんて全然思っていないし、アニメを観たりゲームをやったりするとき、芸術に触れていると感じることはまずあり得ない。むしろ、そういったお高い芸術の対極にあるものだからこそ、オタク文化にはパワーがある。

ただ、芸術でないから収集保存する価値がないというのも、また違う。
アニメ、漫画、ゲームは「芸術」でなくとも、間違いなく今日の日本を代表する「文化」の一つだ。後世に伝える価値はある。もとより博物館は美術館ではない、収集物は芸術作品に限らない。「国立メディア芸術総合センター(仮称)」の「芸術」部分に引っかかるならとっぱらえばいい。

何度も比較に持ち出して恐縮だが「浮世絵」に芸術的価値があるなどと思った日本人は当時ほとんどいなかった。「浮世絵」という名称からもわかるように今の「漫画」に一番近い。「浮世絵」も「歌舞伎」も本来サブカルチャーだ。だからこそ、その時代一番パワーがあり、海外、そして後年日本でも芸術として評価されるようになる。

いずれにしても、「芸術でないもの」に117億円の予算をつぎ込むというのも、なかなか皆様の理解を得られない。
森永卓郎や辻元清美なんかが言っている、平成22年に廃止される「私のしごと館」の建物をそのまま流用して「アニメの殿堂」にすればいいという意見は、十分検討に値すると思う。

***********

「国営マンガ喫茶」などというネガティブ印象操作をされて、麻生総理叩きの道具にされてしまった「アニメの殿堂」だが、もし、これが「オペラの殿堂」とかだったら、はたしてここまで各方面から叩かれただろうか?結局はアニメや漫画やゲームだからこんなにボロクソに言われたのではないか。

マスコミがオタクを取り上げるときは、ことさら奇妙に映る部分をクローズアップして面白おかしく伝えられる。これ自体がすでに印象操作だ。国民の大半がオタク達を奇矯なことばかりしている気持ちの悪い連中と思っているだろう。

今回の「アニメの殿堂」をめぐる一連の報道でも、やはりアニメ、漫画、ゲームをどこか馬鹿にしているような、フェアでないマスコミの姿勢が非常に気になった。

**********
てなわけで、ようやく終わりです。
長々お付き合いありがとうございました。

« アニメの殿堂(その2) | トップページ | 森永卓郎説によると »

コメント

昨年マンガサミットの関係で京都に行ったけど、
マンガミュージアムなる施設がもうあるんだな。
元々は小学校だった施設を流用してるのだけど、
中々雰囲気は良かった。
もちろん既に大量の資料の保管展示などを行っている。
イベントもちょくちょくやってるらしい。

麻生君は東京に立派な施設が欲しいのだろうけど、
やはり箱が先で中身は後と言う考え方には中々賛同は得られないと思う。
これだの事をやる為に、これだけの規模がどうしても必要と言う根拠を示せないとね(^ ^;
太田総理の番組で、自民党議員が中身は後でいいんだと叫んだときは、本当にガッカリしたよ。

いっその事実物大ロボット館でも計画してマジンガー、ゲッター、お台場ガンダム、何かを揃えちゃうぞと言う
計画なら、煩悩が勝って賛成しちゃうかも(笑)


先日の八王子のサバイバルゲーム場に関する報道も様々でしたね。
一昔前だったら「人殺しの練習」「軍靴の音が」なんてほざいてましたさ、さすがにそこまでの過剰反応は市民団体だけでしたが。w

マンガ、アニメが浮世絵、歌舞伎のようになるには、あと50年くらいの時間が必要なんでしょうかねぇ。

オビ さん
>いっその事実物大ロボット館でも計画
自分も同じ事考えてましたよ! 
できればタイトル別で!(無理)

≫オビさん
全く不勉強で、マンガミュージアムの存在は知りませんでした。お恥ずかしい。

>中身は後でいいんだ
中身をそろえるのは、結局目利きに頼むことになるわけです。議員さんやお役人には内容精査は無理です。質問したって答えられるわけがありません(笑)。


≫保土ヶ谷1さん
なにしろ、僕たちのやっていることは
「計画を聞いただけで、小学生の娘が号泣」しちゃうようなことですからねぇ。代わりにドン・キホーテでも建ちゃいいんですよ。
(ちょっと悪意)

何でも反対の民主党によればアニメの殿堂は税金の無駄遣いであり、天下り先であり、箱物施設である。
首相の答弁によれば、民間が運営するので天下り先ではなく、既にある建物を転用するので箱物を新たに作るわけではない。
世界で27兆円あるコンテンツ産業を発展させて、経済発展につなげるものだという。

≫民主党は日教組と在日の政党さん
どうしても、マンガやアニメやゲームというのは低俗なものと言うイメージが付きまといますし、ネタ的にある種キャッチーなところもあるので、叩きやすかったのだと思います。
叩かれ方が我々には愉快ではありませんでしたが…

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90102/45692504

この記事へのトラックバック一覧です: アニメの殿堂(その3):

« アニメの殿堂(その2) | トップページ | 森永卓郎説によると »