« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009/10/30

体調不良

ここ数日、微妙に体調が悪い状態が続いておりました。

今日になってかなり回復、気温が高かったせいかな?

体調不良の原因がよく分からないのですが、先週の旅行の疲れがいまさら来たとか、気候の変化に身体がついていけなかったとか、アレルギー性鼻炎とか、サンシャイン牧場をやりすぎたとか、そのあたりが複合していたのかもしれません。
熱はさほどでなかったので、新型インフルエンザの心配はしておりませんでした。

最近、ちょっと年齢がらみの話が多くて恐縮ですが……
若い頃は体調がいいのがあたりまえで、それについて考えることもなかったのですが、こうしてときどき原因不明で体調を崩したりすると、これから先、歳を重ねるにつれ体調が悪いのがデフォになるんだろうなと覚悟しますねぇ。

まぁ、なにより現状では運動不足なのが一番よくないんだろうけど……(^_^;)。

2009/10/25

mixiみんなの動物広場β版

「サンシャイン牧場」がらみでmixiの新アプリ「みんなの動物広場β版」に誘われた。…が、女の子の服装とか動物のグラフィックとかDS版の「牧場物語」の激パクリだ。牧場物語がらみの仕事をちょっとやっているもんで、さすがに立場上このアプリはできねぇ。

しかし、この中華の国の人たちのパクリ精神はいったいどこから来てるんだろう?もっとオリジナルなものが作れないわけないのに、わざと似せて作っているようにしか思えない。

日本人だって、そりゃ昔は散々パクりましたよ。でも、我々がなにがしかに似たものを作るときは、そこには必ずある種のリスペクトがある。しかし、中華製のものには全くそんなものは感じられない。ひたすら機械的に劣化複製を増殖させていく。「こりゃ、もうメンタリティが違うんだからしょうがない。」と笑っちゃうほかないんだろうか?

北京オリンピックの出し物で、中国人はこんなに凄いものをいっぱい作りましたと自慢してたけど、本当はアレも全部パクリだったんじゃない?

2009/10/23

国上山五合庵

昨日まで、3日ほど新潟の実家に帰省しておりました。

今回は特にどこへ行くという予定も立てていなかったのですが、天気もよかったしヨメさんのリクエストもあり良寛さんゆかりの地を散策してきました。

Gogoan01
良寛さんが住んでいた五合庵は国上山山麓に
自然と一体化して建っておりました。

Gogoan02
五合庵、小さいです。
この雪深い土地で、こんな庵に住んでいたんですねぇ。

Gogoan03
おや?

Gogoan04
うーちゃん、縁側でひなたぼっこ

Rokkakudo01
おまけ、国上寺六角堂

2009/10/18

五十肩続報(笑)

一時期よりは痛みはひいたのですが、
完全には痛みが取れないので、整形外科に行ってきました。

で、やっぱり五十肩でした。
痛みをかばって肩を動かさないでいると、
本当に動かなくなってしまうこともあるそうで、
医者からはあまり負担をかけない肩回し体操を教わってきました。

一口に肩の痛みと言ってもいろんな原因があるそうで、
たいしたことないと甘く見ないで
痛みが長引くときは、ちゃんと医者に行った方がいいようです。

しかし、人間の身体というのは年齢通りに
ちゃんと壊れていくもんだねぇ…

2009/10/15

ゲーム三題

本日より、ぽんつく堂ブログは平常運転です(^^)。

Yukigesiki01_2

「どうぶつの森」一面の雪景色になりました。カレンダーのズレは気にしないで下さい(笑)。ご多分に漏れずウチの村も一時は完全な砂漠になりました。ここまで復活させるのは、えらい大変でした。雪の季節に間に合ってよかったです。なぜか、オヤジ系のセルバンテスに、とてもなつかれております(笑)。


Resistance01

仕事が一段落したので、また油断してゲームを買ってきました。「RESISTANCE」の廉価版です。例の英国国教会に怒られたヤツですね(^^)。PS3立ち上げ時のソフトの一本ですので、さすがにコールオブデューティ4をやったあとでは見劣りしてしまいます。が、続編が出るだけあって意外に出来はいいです。

Resistance02

Resistance03_2

それにしても、本当に僕はゲームがヘタです(爆)。序盤で何回死んでるんだ?何度死んでもチェックポイントから再開できるので、ゲームは進めることができるのですが、それでも序盤を一度も死なずに突破できないようでは先が思いやられます(T.T)。とりあえず、敵が人間じゃないし基本的に周囲に味方がいないので、他のFPSに比べてトリガー引くのに迷いがないですねぇ(笑)。


Sunshine01_2

で、以前にボロクソにけなした「サンシャイン牧場」ですが、全国の献身的な皆様のデバッグのおかげで、そこそこ快適にできるようなりました。が、相変わらず時間帯によってはとても動作が重いです。
畑がLv10になって、ようやく牧畜ができるようになりました。やっぱり動いている鶏とか出てくると、ちょっとモチベーションが上がってしまいます。PC立ち上げてもメールより先に牧場をチェックしてしまうし、ついついスクリーンセイバー代わりに畜産広場をつけっぱなしにしております。

2009/10/14

江畑謙介氏の訃報で思うこと

すみません、やっぱりまだ引きずっています。

最初に訃報を聞いたときのショックが薄れてくるにつれて、逆に、失われてしまったものの大きさを実感してきて愕然としております。

普段巡回している軍事系のサイトやブログを見ると、やはり江畑氏の訃報に関する記事があるのですが、異口同音に「代わる人がいない」「日本にとって必要な人だった」と書かれています。

僕も全くその通りだと思います。

もちろん江畑氏以外にも信頼できる評論家は何人もいます。特に個々の分野に絞れば、非常に優れた専門家がたくさんいます。例えば僕は飛行機、それも軍用機が好きですから、この人だったら信頼できるという航空・兵器評論家を何人も知っています。

しかし、軍事評論となるとあまりにも広範な知識と情報収集力・分析力が必要とされるので、やはり信頼度と言うことで江畑氏に並ぶ人がいなかったと思います。


江畑氏が他の軍事評論家と一線を画していたのは、恐らくその「志のレベル」の違いだと思います。

日本では名乗ってさえしまえば、誰でも軍事評論家になれます。残念ながら、中にはプラモデルの説明書に書いてある程度の知識しか持っていないのに、堂々と軍事評論家の看板を上げている人もいます。

なかなか素人には、その専門家の嘘を見抜くことができません。テレビに出ている専門家がしゃべっているのだから間違いなかろうとつい思ってしまいます。

「この世にある嘘の7割から8割は実は専門家が垂れ流している」とは、分子生物学の福岡伸一博士の言葉ですが、こと軍事に関しては9割がいわゆる専門家の妄言でしょう。

どうしてこのようなお寒い状況になったかと言えば、この分野をずっと社会が忌避してきたせいだと思います。


「解説者」と「評論家」と「専門家」の区別が僕にはよく分からないのですが、少なくとも専門家と呼ばれる人たちは素人に物事をわかりやすく伝えるだけでなく、本当に情報を必要とする人に適切な批判やアドバイスを与えられる必要がある思います。

現在、民主党政権に代わり、アメリカの呪縛を脱し日本独自の安全保障政策をとろうとしている今こそ(どこまで、現実的に考えているのか全く不明ですが…)、イデオロギー抜きで冷徹に分析できる安全保障の専門家が必要とされています。残念ながら民主党内の安全保障分野の専門を自称されている方にはトンデモな人がいらっしゃいます。


常に江畑氏の傍らにいて、その仕事を支えてきた裕美子夫人が、その志を継いでいただけるのであれば喜ばしいのですが、こればかりはご本人のご意志次第ですので、外野の妄言はここまでにしたいと思います。

Ebaken01_2
以前にヨメさんが描いたえばけんイラストです。
夫婦で軍事評論家のファンというのもどうよ?…なものですが

2009/10/13

XP-1を見た!

Ebaken01_2

エバケンロスショックがまだ後を引いておりますが……

今日、近所を散歩中に真上を見慣れない4発の中型機が通過。「?」と思ってよくよく見れば海自の次期固定翼哨戒機XP-1じゃありませんか!厚木基地に性能評価のために来ているのは知っていましたが、なかなか現地まで行く機会がなくて今日が初見でした。いやいや、初めてというのは何でも新鮮でいいですねぇ。赤白の試験機塗装を落として、空色の実戦的な機体色になっておりました。デジカメを持っていなかったのが悔やまれます。ま、持ってたとしてもろくな写真は撮れなかったと思いますが(^_^;)。

で、やっぱりここで国産万歳!と言わせてください。

2009/10/12

エバケン逝く

軍事評論家の江畑謙介氏が亡くなった。まだ60歳だったそうで、早すぎる死だ。軍事評論家の中で一番信頼していたので、本当に残念だ。

日本の自称軍事評論家の中には、思いこみでしゃべる人や脳内データが全く更新されない人が多くて非常に困る。最近の例では、空自の支援戦闘機F2の初期トラブルを持ち出して、いまだにF2欠陥機説を言う類の連中だ。兵器に限らず技術的なことは日々改良が進むし、軍事情勢も刻々変化する。

江畑謙介氏は、一つの情報を多角的に検証するし、データも日々更新している。そして、あやふやな件に関しては、はっきり「分からない」と言える人だ。

つくづく惜しい人を亡くした。ご冥福を祈ります。

2009/10/08

台風でした

過去10年間で最大級と言われていた台風ですが、被害はそれほどでもなかったようですね。

ここ数日は仕事でカンヅメ状態でした。そんなわけで台風もあまり関係なかったのですが、さすがに明日は車を洗わにゃならんようです。

路みちるの作画アシストの仕事も片付き、あとはシナリオ一本OKが出れば、とりあえず月初めの仕事は一段落します。といっても、実は来月からちょっと仕事が減ってしまうので、ぼちぼち新しい仕事を探さなくては…

最近はどこも大変で、簡単に次の仕事が見つからないです(;_;)。

2009/10/03

2016年五輪はリオデジャネイロ

2016年五輪はリオデジャネイロ…南米初
(2009年10月3日01時51分 読売新聞)

こうなることは分かり切っていたことで、当ブログでも3年前の記事で書いております。その次のオリンピックならいざ知らず、なんで2016年の開催に東京が立候補したのか全く意味不明です。石原さんも、携わってくれた皆さんも、我々の税金を無駄遣いして、よく頑張ってくれました。

オバマさんまで担ぎ出したシカゴが、第1回の投票で落選したのはちょっと意外でしたが、やっぱりアメリカは嫌われてるねぇ。ま、一番テロの危険があると言えば、やっぱりアメリカだしね。

2009/10/02

五十肩

どーも五十肩になってしまったようだ。

腕が上がらないということはないのだが、腕を後方にひねるとズキンと右肩に痛みが走る。

今のところ生活に支障が出るほどはないのだが、寝ているときに変な姿勢になると「あイテッ!」と飛び起きてしまう。痛みが強くなったり長引いたりするようだったら医者に行った方がいいかな。

もしかしたら、ただのプレステ肩かもしれないので(笑)、ちょっと様子見。

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »