« 「はやぶさ」地球引力圏軌道へ! | トップページ | PSX »

2010/01/18

アンチャーテッド

ひさびさのゲーレポ。

Uctdpcg

「アンチャ−テッド エル・ドラドの秘宝」(PS3)
最近発売された続編の評判が大変いいので、例によって廉価版で1作目を買ってみました。

インディ・ジョーンズのゲーム版と言いましょうか、トゥームレイダースの野郎版と言いましょうか、アウトロー考古学者が古代遺跡を探索するというストーリーです。

Uctd01

グラフィックはご覧の通り素晴らしいの一言に尽きます。中南米のとある孤島の自然や遺跡の描写もリアルで、歩き回っているだけでも楽しいです。

遺跡探索ものと言うことでゲーム購入前は、てっきりパズル解き系のゲームかと思っていましたが、実はやたらと銃撃戦が多い。はっきり言ってこのゲームはTPS(三人称視点シューティング)です。

Uctd02

もう一つのゲーム要素は移動です。落ちれば即死の足場の悪いルートを飛んだりぶら下がったりしながら移動します。とは言え、それほど意地の悪い仕掛けが邪魔することもないので、そうそう手こずらずに進めます。

Uctd03

少ないとは言え、パズル解きもあります。ただ、せっかく謎を解いて先に進んでも、何故か敵方に先回りされていて、結局銃撃戦なのがちょっと釈然としない。

ストーリーは一本道で、ムービー→移動→戦闘→ムービーのほぼ繰り返し。

で、肝心のストーリーですが、これがB級映画テイストでなかなか面白い。テンポもいいし、日本語の吹き替えのセリフもノリが良くいい出来です(オリジナル英語版に切り替え可)。ただ、もう少しゲームボリュームが欲しかったかなぁ。早い人なら2日3日でクリアしてしまうと思います。

評価は、ぽんつく堂的には☆☆☆★★
ただし、ちょっと当てが外れたと言うことがマイナス要因なので……
TPSやFPSがやりたければ、ミリタリー系のその手の買いますから。

完成度は高いし、ゲーム自体はとても面白いので
お勧め度はむしろ☆☆☆☆★

« 「はやぶさ」地球引力圏軌道へ! | トップページ | PSX »

コメント

これのグラフィックは話題になりましたね。
でもPS3ないのでやっていません^^;

同じく続編が話題のバイオショック
箱ユーザーなのでこちらをやってみようかと思います^^;

≫Unknownさん
続編が出て評判もそれなりにいいというのは、
ゲームを選ぶときのいい判断基準になりますよね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90102/47327880

この記事へのトラックバック一覧です: アンチャーテッド:

« 「はやぶさ」地球引力圏軌道へ! | トップページ | PSX »