« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010/03/28

サバゲ 3.28

去年の年末以来、3か月ぶりにサバゲに参加した。

五十肩の方は回復期に入り、普段は痛みもなくなったが、衝撃を受けたり変にひねったりするとやっぱりまだ痛みが走る。どうしても肩のこる仕事や趣味(ゲーム)をやっているので治りも遅いようだ。

そんな肩のリハビリも兼ねて参加したサバゲだったが、ここ最近のポカポカ陽気がウソだったように冷え込んで、肩には全く逆効果だったのが泣けてくる。

まぁそれはさておきサバゲの方だが、さすがに3か月のブランクは隠せず、最初の2ゲームは戦闘に全く参加できないままに終わる。それでも3ゲーム目あたりから徐々に勘を取り戻しヒットも取れるようになった。なにより、100円ショップで買ったワンタッチオープンのペットボトル用キャップが、多弾数マガジンへのBB弾補給用としてかなり使えることがわかった。これで現レギュレーション内での給弾の不安が一気に解決する。

Sabage03


銃はG36CとMC51を持っていったのだが、G36CのSDバッテリーが1ゲーム持たない。ラージバッテリー仕様のMC51を持っていかなければ1日無駄にするところだった。ところが今部屋でSDバッテリーを放電器に繋いでいるのだが結構持っている。やっぱり外気温の問題か。これがあるから、もう何年も使い込んでガタがきているM655とMC51を引退させることができない。最近の新製品はほとんどミニバッテリー仕様だからなぁ……

さて、下の写真で燃えているものはなんでしょう?

Sabage01

焚き火?いえいえ違います

Sabage02

アウトドア用ガスバーナーです
事故です(笑)

2010/03/22

そこに誰かいる?

夜、寝ようとして電気を全て消すと、カサコソと部屋の中に誰かがいる気配がするときがある。

というような話をヨメさんにしたところ、僕が出かけているとき誰もいないはずの部屋から、椅子がきしむような物音がよくしているらしい。
(ちなみに、僕とヨメさんは生活時間帯がすぐズレるので、各々の部屋で別々に寝ている)

どうやら、僕の部屋に見知らぬ住人がいることが確定?まぁ、とくに害はないようなので、それでもいいか……

僕には全く霊感はないし、幽霊の存在は肯定も否定もしない。何かの錯覚ならそれでよし、もし本当に霊とかの類だったら死後の世界があることの証明だから、それもまた良しと言ったところか。

2010/03/19

バイオハザード5AEクリアしました

ゆるゆると進めていた「バイオハザード5オルタナティブ エディション」、バイオハザード5の部分をクリアしました。

以下文中、それほどネタバレはないはずですが、気にされる方は読まないことをお勧めします。




ラスボス戦で、10回以上ゲームオーバーくらいました(ToT)。プレイヤーがボケなせいで、パートナーキャラがやられるパターンが多かったので、記録上はそれほど死んでないように見えるけど、惨憺たるものです。そうでなくともシェバさんにはグレネードぶち込んだり、至近距離でRPG暴発させたり、ホントに申し訳ない。足手まとい感炸裂。サバゲでの自分をリアルに思い出しましたよ。いや〜なクリーチャーや中ボスに殺されまくったけど、結局、普通のワニに食われて死んだ回数が一番多かった(笑)。

早速、AEで追加されたエピソードに…と、言いたいところですが、いまは脱力感(いい意味での)で、とりかかる気力がありません(^_^;)。また、近日中に。

そんなわけで、今は取り損ねたエンブレムとトレジャーを回収中。「捜し物」系は結構熱中するので9割方自力で見つけたけど、残りはとうとう攻略サイトのお世話になりました。中には、これ普通にプレイしてたら絶対に無理でしょ…ってのがあって、サイトにアップした人どうやって見つけたんだろ?

で、感想ですが、面白かったです。まだシングルプレイしかしてませんが、十分楽しめます。最初は、これバイオハザードか?という感じはありましたが、いや、しっかりバイオハザードでした。まだまだ、おまけ要素もたっぷり残っているし、オリジナルの「バイオハザード5」を買っていない人にはお得感たっぷりではないでしょうか?

難易度は高めだと思います。アクションゲームが苦手な人向けのはずの[AMATEUR]モードでもかなり手こずりました。まぁ、アクションゲームが苦手なんですけどね(^_^;)。もともとバイオハザードは難易度は高めなので、これまでのシリーズをやってきている人には問題なくクリアできると思います。

そんなわけで、評価は文句なしに☆☆☆☆☆ですが、
アクションゲーム苦手でシリーズ初見の人は要注意、と言うところでしょうか。

2010/03/17

「嫌悪感」を物事の尺度にするな

ようやく、大物漫画家が出てきてくれましたね。

「文化が滅びる」――都条例「非実在青少年」にちばてつやさん、永井豪さんら危機感
(ITmedia News 2010年03月15日 22時30分)

例の18歳未満の「非実在青少年」をあつかった性暴力漫画を規制しようという「東京都青少年の健全な育成に関する条例」の件です。

こうしたアメリカ議会の公聴会のようなものを、もっと開いて議論すべきです。日本の場合は法案提出者側の意見だけで、ろくに議論もされずに法案が通ってしまうことがしばしばあります。

以前に、性暴力ゲーム規制法案が提出されそうになったときに、似たようなテーマで書いたことがあるので、この場では繰り返しませんが、
性暴力ゲーム規制議論について(その1)

一言だけ書かせていただければ、日本の性犯罪発生率は諸外国に比べてもかなり低いはずです。そう言ったデータを無視して「嫌悪感」だけでこうした規制論がしばしば出てきます。「嫌悪感」に基づいた「排除の理論」は一種の差別です。


ちょうど、オタクに対する「嫌悪感」を露わにしている人の話題ですが、
夏目漱石の子孫がネットで大暴れ!
(excite news 2010年3月16日 21時18分)

この人ですよね財団を創って「夏目漱石」の商標登録をしようとした人は。
財団設立の件を巡って、2ちゃんとかでボコボコに叩かれた個人的な怨みもあるのでしょうが、この人もおのれの「嫌悪感」だけで「排除の理論」をぶちまいているわけです。

まぁね、親戚の中には必ず一人くらいは、おかしな人、困った人がいるわけで、うちの親戚も見回せば……オレか!

2010/03/13

ケータイの料金って…

…どうしてこんなに、わかりにくいの?(^_^;)

2年ちょい使っているケータイの使用料が安くできるらしいとの話を聞いたので、料金プランを変更することにした。

ネットでも簡単に変更できるとのことだったので、auのサイトを見てみるがガイドに従って移動するたびに同じページを堂々巡り。ようやくそれらしきページにたどり着くが、何度読み返しても内容が理解できない。どこが簡単じゃあ!

あきらめて、一番近いauショップに行ってみる。が、なんとか割がどうの、かんとかコースがどうの、もし契約を解除する場合はナニナニがコレコレしますだの、もうなにがなにやら……。
店員さんは一生懸命分かりやすく説明してくれるのだが、なにしろ複雑すぎてこちらの理解力が追いつけない。
結局、一度家に持ち帰って検討させてもらうことにして、すごすご退却。

で、昨日出直して、なんとか、来月からは今まで払っていた料金の半額くらいにすることができました。疲れた……

2010/03/10

仕事でした

さすがに、ここ一週間は仕事をやっておりました。
ようやく一段落してバイオハザード再開です(^^)。
仕事の方、大きな修正が入らなければいいんだけど……

2010/03/03

バイオハザード廃人中

タイトル通りですが、ワニに食われながら(笑)バイオハザード5やっております。

Bio05


相変わらずの、即死系の罠が随所にあるのがバイオハザードですねぇ。

さすがにビッグタイトルだけあって面白いです。とにかくミッションごとに変化に富んでいるのがいい!この手のゲームは、どうしても同じ作業の繰り返しになりがちですが、とんでもない。ようやく中盤に差しかかったあたりだと思いますが、ここに来るまでに、野戦、市街戦、屋内、洞窟、怪しげな集落と、この先ネタ切れするんじゃないかと心配になるくらい盛りだくさんです。

てなわけで、もうしばらく廃人やってます。

エンブレム、見つからねぇ〜(笑)。

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »