« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010/05/27

H.A.W.X.2

なんてこったい!もう[H.A.W.X.2]の公式サイトが立ち上がっているじゃないか!

なになに、発売は年内か。

なるほど、今回は離着陸と着艦もあり。
精密夜間地上攻撃ありと、わざわざ謳っているところみるとLANTIRNとか使った赤外線航行&照準システムを表現してくれるのかな?(sweat throughってどういう意味?)
ほうほう、UAVが操作できたり、空中給油もありなのね。

と、やる気は認めるのですが、
前作で全俺が落胆したアシストOFFモード視点が今回も採用されることになったら、また、オレ的残念なゲームランク入りしちゃうんだよな。

とりあえず、しばらく注視。

2010/05/26

墜落日記WWII(戦後処理)

Bf109

[IL-2 STURMOVIK BIRDS OF PREY]良ゲーです。正直、エアコンバットゲームとして[H.A.W.X]より全然出来がいいです。

このゲームの一番残念なところはリプレイが無いこと。別に「カッコいいオレ」が見たいだけじゃなくて、どういう飛び方をしていたときにやられたとか、着陸はちゃんとできているかとか、デブリーフィングとしてリプレイを活用したいんです。
日本のエアコンバットゲームは「エースコンバット」といい「エアロダンシング」といい「エナジーエアフォース」といい、リプレイを非常に重視しているけど、欧米人はそういうのはほとんど考慮しないようです。

日本語版を是非出して欲しいのですが、無理ですね。なにしろ国内で何万本も売れるようなゲームではありません。でも必ず一定数の顧客がいるジャンルであるのも事実です。なんとか、日本語字幕だけ入れた物を通販だけで(Amazonとかの)販売するとか、そういった新しい販売方法で国内発売の難しい名作洋ゲーを扱ってくれるゲームメーカーさん、出てきてくれないないかなぁ?

PC版の[IL-2 STURMOVIK]シリーズをやっている人には、このゲームは「ぬるい」という評価もあるようですが、所詮家庭用ゲーム機のソフトです。PC版のシミュレータに比べて「ぬるい」のはあたりまえ。なによりグラフィックはPC版より全然いいです。


La5fn

正直、英国軍はともかく、ソ連軍の軍人になるのは気分的には少々微妙でした。ずいぶんと日本人は酷い目に遭っているわけですから。太平洋戦ではなくヨーロッパ戦物だから、まだ第三者的に見られるかなと思ったけれど、やっぱりその点はちょっと気持ちが入りきりませんでした。

墜落日記WWII、今度こそ最終回ですが、まだ、いわゆる難易度イージーでストーリーモードをクリアしただけですので、また新しい発見がありましたら「外伝」を書くかもしれません。

End

2010/05/25

墜落日記WWII(終戦)

[IL-2 STURMOVIK BIRDS OF PREY]の[CAMPAIGN]モードを難易度[ARCADE]でクリア。ついにヨーロッパをナチスドイツから開放しました(^_^;)。

Berlin01

余裕を持って戦えたのは最初の数戦だけで、中盤から敵の攻撃もどんどん熾烈になります。終盤はドイツ軍も死に物狂いで攻撃してくるので、ちょっと油断するとすぐこの通り。

Gekitui01
自機はLa-5FN

でも、何度撃墜されても難易度[ARCADE]では、すぐその場からコンティニューできるので、どんなに困難なミッションでもごり押しプレイでクリアできます。

僕は納得がいかないと何度でも同じミッションを繰り返すので、ゲームが遅々として進まないのですが、ザクザク進むタイプの人は恐らく4〜5日でキャンペーンモードをクリアできると思います。ボリューム的にはそんな感じ。

[SINGLE MISSIONS]はキャンペーンの倍ぐらいのミッション数があります。数ミッションやってみたのですが、キャンペーンと違って、こちらはミッションアップデートが無いみたい。このシングルミッションは日を改めて、またじっくり取りかかりたいと思います。


墜落日記WWII(その1)で「内容はイリューシンでもシュトルモヴィクでもない」と書きましたが、訂正します。主役はやはりIL-2シュトルモヴィクでした。ゲームを通して何度もIL-2に搭乗することになり、最終局面では発展型のIL-10に搭乗します。しかし、いくらゲームでもIL-10でXx-XXX(一応ネタバレを気にしました)を撃墜するのは無理があるような…と言っても、エースコンバットならA-10でF-22撃墜することも可能だから、それもありか…う〜ん…

Il10

今回で墜落日記WWII最終回の予定でしたが、もう一回だけ続きます。

2010/05/23

もひとつ、お仕事情報

アスキー・メディアワークス発行
デンゲキニンテンドーDS7月号
「牧場物語 ひだまり村のなかまたち」第57話  
 漫画/路みちる

ぽんつく堂は、シナリオと作画の協力をしております。

2010/05/22

お仕事情報

エンターブレイン発行「ファミ通DS+Wii7月号」 
「街へいこうよどうぶつの森 とんぼ村だより」第55話  
 漫画、霜風るみ

ぽんつく堂は、シナリオを提供しております。

2010/05/21

芹ヶ谷公園

まずは、H-IIA打ち上げ成功おめでとうございます!
「あかつき」くんの任務成功を祈ります。

お暑うございます。
ただでさえ寝付きが悪いのに、真夜中に激しい雨音で目が覚めてしまい、結局眠れぬ一夜をおくってしまいました。おかげで打ち上げがリアルタイムで見れたのですが…
週末にサバゲの予定なのに、早くも暗雲が立ちこめてきました。

あまりにクソ暑かったので、部屋の中を若干夏バージョンに模様替え、多少は風通しが良くなったかな?そのあとやっぱり起きていられず昼寝。暗雲はますます厚く立ちこめております。

夕方、ようやく多少涼しくなったところで、ヨメさんがリハビリを兼ねて散歩に行きたいと言うので、いつもよりちょっと足を伸ばして生首芹ヶ谷公園に行くことにしました。芹ヶ谷公園は町田の繁華街に隣接している割には本格的な規模の公園で、今日は平日でしたが、家族連れやらお年寄り夫婦やらおかしな人たちやらで、それなりに賑わっておりました。

Serigaya01
結構広いです。版画美術館が隣接してます。

Serigaya02
緑が濃いです。ゴミゴミした町田駅前からほんの数分の場所とは思えない。

Serigaya03
子供が水遊びするにはいい気候。

Serigaya04
散歩道。

公園のど真ん中に巨大なオブジェがあるんですけど(写真取り忘れたので外部リンク)、こういうのの良さって全然わからない。

2010/05/17

墜落日記WWII(その6)

いよいよタイトル的には主役のIL-2に搭乗です。

Il2a
おお、単座の初期型だ。

しかし、地上攻撃をしながら、襲いかかってくる敵戦闘機も相手しなくてはならないので、状況はむしろ悪化。

Il2b

視界狭いです。

Il2c

搭乗員を守る防弾板が張り巡らされているのですが、ゲーム的には邪魔なだけ。

Il2d

たしかに、こうしてみるとA-10のデザインコンセプトのご先祖様はこいつですね。

Bf-109FやFw-190Aにタコ殴りにされながら、なんとか地獄のスターリングラードを戦い抜いたところで、再び英国空軍のパイロットに戻って、シチリア上陸作戦に参加です。

と、ここで、日記がゲームの進行に追いついてしまったので、皆様にも絶賛スルーされている(笑)墜落日記WWIIは一時中断です。

キャンペーンモードをクリアしたら、懲りずにまた書く予定。

2010/05/16

墜落日記WWII(その5)

メッサーシュミットだ!BF-109Eだ!

Spitfire01
みんなのアイドル、メッサーシュミットです!(画面右上)

できたら、あっちに乗りたかった……ちっ、戦勝国はいいなぁ。どこかLuftwaffeエースのゲーム作ってくれないかな。

Spitfire02
結局、撃墜しちゃうんですけどね。(わかりにくいか)
ほとんど、MS-05ザクIを見たコウ・ウラキ状態。
(byギレンの野望。OVAは未見。すまん)

そんなこんなで、ドーバー海峡の向こうにドイツ空軍を追い返し、戦場はスターリングラードへ


今度はソ連空軍のパイロットとなり…って、おいI-16かよ!?

I16a
このデブっちょで、メッサーシュミットと戦えってか!?
Yak-1とか、ないの!?

I16b
などと、だだをこねていると後から撃たれるお国柄ですので、しかたありません、これで上がります。
よもやノモンハン事件での仇敵のこいつに乗る羽目になるとは……

I16c
でも、視界が広いのがいいね。

2010/05/15

墜落日記WWII(その4)

そうそう、レグザのゲームダイレクトについてレポートするんでした。

中のことはよくわからないのですが、HDTVでゲームをやるとボタン入力の反応が一瞬遅れる場合があります。この入力遅延を短縮する機能がゲームダイレクトです。

PS3をHDMIでTVに接続して、まずそのまま[IL-2 STURMOVIK BIRDS OF PREY]をプレイしました。

トリガーを引いてから、機銃が発射されるまで一拍間が開きます。コンマ0何秒の違いかもしれませんが、ブラウン管TVでやってたときとは明らかにレスポンスの差があります。「カチッ・?・ダダダッ」という感じ。動きのにぶい爆撃機相手の時はともかく、一瞬のタイミングが生死を分ける戦闘機との空戦時にこれでは困ります。

Shageki01
(後方視点、射撃時に翼下からバラバラと排莢されてる!)

外部入力設定を「ゲーム」に変更すると、ゲームダイレクト機能が働いてタイムラグをほとんど感じなくなります。「カチッ・ダダダッ」になります。シューティングゲームやコマンド入力のシビアなゲームをやる人にはこれは絶対必要!

といっても、他メーカーとの比較をしたわけでないので、レグザだけ持ち上げるわけにはいかないのですが、PSPのゲーム画面を全画面表示できたり、なぜか最近の東芝さんはゲーマーフレンドリーです。

ついでの話ですが、レグザがRGBフルレンジに対応しているので、ディスプレイ設定でPS3を[RGB/フル]、Xbox360を[濃淡レベル/最大]に変更してみました。黒の表現が多少良くなるはずですが?う〜ん、違いはわからないなぁ〜…

2010/05/13

墜落日記WWII(その3)

今回のネタは、フライトスティックです。

Tfhx03_2

THRUSTMASTER製T-Flightシリーズは、WindowsPC及びPS3に対応しています。おそらく唯一のPS3対応フライトスティック型コントローラーで、日本国内では流通していません。

Tfhx04_2

[T-Flight Hotas X]は一見スティックとスロットル一体型に見えますが、写真のようにセパレートできます。スティックとスロットルを繋ぐコードが少々短くて、うちの座椅子だとサイドスティックポジションにできないのが残念。もちろん第二次大戦物なのでセンタースティックポジションが正解なのですが。
過去ログ参照


操作感はなかなかいいのですが、ホリ製のフライトスティックの様に本体の底に吸盤を付けて欲しかった。それなりに自重はあるのですが、セパレートにしていると操作中にスロットル側が本体ごとカパカパ動きがちです。両面テープ等で何かに固定すればいいのですが、そういうのが嫌な場合スティック・スロットル合体状態の方が操作しやすいです。

英語マニュアルを見ながらのキーコンフィグを覚悟で購入したのですが、[IL-2 STURMOVIK]が[T-Flight Hotas X]に完全対応でした。オプション画面のコントローラー選択でTHRUSTMASTERを選ぶだけでオールOK。マニュアルを見ると[T-Flight Hotas X]は[H.A.W.X]にも完全対応しているのですが、日本版にも対応しているかどうかは不明。

値段はAmazon価格で7000〜8000円とホリ製のフライトスティック2やEXにくらべかなり割安です。ただし在庫状況が不安定なのでその点は注意。

[H.A.W.X]発売前に、全てのプラットフォームに専用フライトスティックが発売されるとアナウンスがあった。が、結局、日本ではPS3版に対応するフライトスティックが発売にならず、ガセかと思っていたけどコイツのことだったんだねぇ。

2010/05/12

墜落日記WWII(その2)

さて、[IL-2 STURMOVIK BIRDS OF PREY]ゲーム本編ですが、
難易度は

[ARCADE]エースコンバットばりにバリバリ空戦が楽しめる
[REALISTIC]操作性、ダメージ、装備弾数がよりリアルに
[SIMULATOR]まともに飛ばすだけでも困難

の、3段階あります。
もちろん[ARCADE]を選択してゲーム開始。

チュートリアルで、基本的な操作を学んだらいよいよキャンペーンモードで出撃です。

Hurricane01
キャンペーンモード初期機体はハリケーン。

もちろん、PS3ソフトなのでグラフィックは素晴らしいです。
第二次大戦物と言うことで、当然敵機への攻撃手段は機銃です。エースコンバットのように遠くの点めがけてミサイル発射というわけにいきません。敵機のシルエットが完全にわかる距離まで接近して機銃を撃ちまくります。この敵機破壊の演出が最高!敵機のエンジンオイルが飛んできて、キャノピーにべちゃっと飛び散るわ、黒煙で視界0になるわ、千切れた主翼がこっちめがけてふっ飛んでくるわで敵機を撃墜した後も一瞬も気が抜けません。

He111a
敵機が火を噴いたのを確認したら…

He111b
すぐに回避!

He111c
燃え落ちる敵機を見ている余裕は全然ナシ。
操縦桿を握る手が、冷や汗でべっちょり。

ちんたら飛んでいると、敵機も確実に機銃を当ててきます。「空戦中は真っ直ぐに飛ぶな!」という古の教えを実感することになるとは!爆撃機への攻撃は基本一撃離脱ですが、相手にしなくてはならないターゲットが多いので、時には多少のダメージ覚悟で敵編隊のど真ん中に突っ込んで行かなくてはならない場面も。

Hurricane02
うわ!うわ!うわ!オイラの愛機の主翼がっ!!
でも、難易度[ARCADE]ではこの程度のダメージでも飛行に全く支障なし。


英語がわからなくてもゲームクリアには問題ありません。HUDモードがあって、目的地方向、ターゲット、必須ターゲットなどすべて画面にアイコンで表示されます。ゲームに慣れたらHUDを切って、目視だけのリアルな空戦を体験できますが、それはまだまだ当分先のお話。

2010/05/11

墜落日記WWII(その1)

FPS、TPSは確かに面白い。コールオブデューティ4もバイオハザード5も傑作ゲームだ。でも、なぜか満たされない。僕はなにか大事なものを見失っていたんじゃないか?そうだ!空だ!僕には空が必要なんだ!

…などと、バカなこと書いてすみません。実は久しぶりに飛びゲーをやっているんです。なかなか国内で良質のエアコンバットゲームが発売されないので、とうとう禁断の輸入ゲーに手を出してしまいました。

[IL★2 STURMOVIK BIRDS OF PREY]PS3版です。

Il201
もうすでに千切れ落ちたのか、それとも黒煙に隠れているのかシュトゥーカの主脚が???

北米版は、問題なく国内PS3で動作します。
おまけに、フライトスティック無しでエアコンバットゲームはしない主義なので、こんな物も買ってしまいました。


Fs01

THRUSTMASTER T-Flight Hotas X

一応、弁解しておきますがAmazonに注文出したのは、ヨメさんが入院するずっと前です。よりによってヨメさんが手術した翌日に届き、そしてTVが壊れました。なにかの呪いでしょうか?

それはともかくゲームの解説です。
タイトルは[IL★2 STURMOVIK]ですが、内容はイリューシンでもシュトルモヴィクでもありません。このタイトルはPC版の有名フライトシミュレーターシリーズのようです。やったことはないですが。

で、このPS3版ですが、バトル・オブ・ブリテンから始まります。チュートリアルで操作できるのはスピットファイアMkIIで、キャンペーンモードではハリケーンが初期機体です。どうやら、連合国軍パイロットになって第二次大戦の激戦地を転戦するようです。ということは、シュトルモヴィクに搭乗する機会もあるのかもしれません。

「どうやら」とか「かもしれません」とか曖昧なことばかり書いておりますが、英語がわからないのです!そんなわけで、手探り状態でゲームを進めております。

と、言うわけでこのネタ、まだ続きます。

2010/05/10

TV買った!

7月のボーナス時期までがんばると豪語していましたが、やはり黄色い画面に耐えきれずTVを買い換えてしまいました。

当分電器店のチラシや、ジャパネットたかたは見ないことにします。買い換えた直後にあれこれガタガタ値下がりするのを見るのは精神衛生上まことに宜しくない(笑)。


Regza01
画面はハメ込み合成…ではありません

買ったのは、東芝の[REGZA]37Z9500です。第二章が始まったレグザさんの第一章の最終ページを買ったわけですが、結果的には正解だったような気がします。

実際に店頭でLEDバックライトの機種と見比べたのですが、それほどの差はなかったような……。とにかく、蛍光管からLEDへという大きな変革時期なので、現行の蛍光管タイプは結構お買い得になってます。

ブログを読んでくださってる方はご存知と思いますが、なんで、よりによってこんな時期にTVが壊れるんだと頭を抱えましたが、むしろ予算がないのが良かったのかも?


レグザに決めたのは、外付けHDD対応だったこととゲームモードがあるという2点。
当分BRレコーダーなど買う余裕はないので、安く録画機能を付加できる外付けHDD対応機種しか、事実上選択肢はありませんでした。
ちなみに購入した外付けHDDはBUFFALOのHD-AV500U2/Aというレグザでの使用に特化したヤツです。これは同クラスのものに比べて割高ですが、この手の長く使うものは見た目と使い勝手が後々重要になってくるので少々奮発しました。37Z9500はW録機能もついていて、すでにかなり役に立ってます。
ゲームモードについては後ほどレポート。

そうそう、実はまだUHFアンテナ立てていないので、地デジカしておりません(^_^;)。衛星はデジタルですが、地上はアナログのままです。


余談だけど、配達の業者さんに壊れたTVを引き取ってもらうときに、リサイクル料金の2835円をきっちり端数まで用意して渡したら「はあぁっ!ありがとうございます!助かります!」と、えらい感謝された。よほど、皆さん無造作にでかい札ビラ出してくるんだろうなぁ。

宅配の代引きもそうだけど、こういう外回りの業者さんがいて世の中回っているんだから、皆さん、小銭用意しておこうよ。

2010/05/04

辞めた方がいいよ

まぁ、ポッポ首相が善人であることは認めますよ。でも善人という素養は政治家には全く不要で、むしろ「善人=無能」と言っても差し支えないのかもしれない。政治家一族の出とは思えないほどに根回しができないし、思ったことを考え無しに口に出してしまう(この辺は弟も全く同様だけど)。自分の気持ちを率直に言えば、相手に伝わると信じているあたりが、この人の一番無能なところだ。民主党政権がもうしばらく続いてしまうのは致し方ないとして、たのむから別の人に替えてくれ。他の人の仕事の邪魔になるだけだから…

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »