« 深夜帯アニメ(その1) | トップページ | お仕事情報 »

2010/06/21

深夜帯アニメ(その2)

昨日の続き。

○BSイレブン

[ゼーガペイン]
定番サンライズのロボット物。主人公たちが全て巨大サーバの中のデータ化された存在という、トロンorマトリックス的世界観なのだが、さすがにこの設定も手垢が付いた感がある。この作品も主人公たちの日常生活を描くことに重点が置かれ、敵との戦闘はおまけ程度。最近はこういうのが好まれるのか?

[AngelBeats!]
何かと話題のAB。重いテーマなのだが、不覚にも結構笑わされる。多少無理な設定も、作品の作りがいいとそれなりに観れてしまう。最終回、気になる〜〜

[迷い猫オーバーラン!]
典型的な萌えヲタ仕様のドタバタハーレムアニメだが、「遊び」部分がかなり気合いが入っている。それだけで十分観る価値有り。

[PEACE MAKER 鐵]
新選組にオリジナルキャラクターを加入させて、物語を描きたくなる気持ちはわかる。でも本当の新選組だったら、こんな輩はすぐさま粛正だろうねということで、脱落。

[うみねこのなく頃に]
中途参戦なので全くわからん。大抵のアニメは数話観れば大体どんな感じかわかるのだが、こいつは全くわからん。わからなすぎて、いったい何回観れば全体像が見えてくるか、そちらに興味が行って見続けている。

[喰霊ー零ー]
ショッキングな初回、2回と続いて、現在はそこに至るまでの過去の話が綴られている。が、今のところはありがちな美少女退魔屋物になっている。先の展開が楽しみと言ったところか。

以上

« 深夜帯アニメ(その1) | トップページ | お仕事情報 »

コメント

 そういえば、BS11で「ゼーガ」やってるんですね。なんか懐かしいな(^^;。
 あまり真面目には見てなかったんですが、最終回で救われたというか。
「うみねこ」は「ひぐらし」のヒットのおかげでアニメ化されましたけど、正直言ってイマイチでしたね。解決編はやるのかどうかもいまのところ不明。同じ竜騎士07の「おおかみかくし」(「会長はメイド様!」はこれの後番組)もイマイチでしたし(これは「ひぐらし解-祭囃し編-」の焼き直しみたいでした)。
「喰霊-零-」も全話録ってはいますが、ちゃんとは見てないなぁ。でも、どんどん悲壮になっていきますよ(^^;。これがそこそこヒットしたので、似た系統の「屍姫」が製作されたようです。

 録ったものの、マトモに見てない番組がやまのように溜まってます(^^;。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90102/48685820

この記事へのトラックバック一覧です: 深夜帯アニメ(その2):

« 深夜帯アニメ(その1) | トップページ | お仕事情報 »