« 7.11サバゲ・長野遠征 | トップページ | お仕事情報スペシャル! »

2010/07/17

電動ガン・メンテナンス

8年間の使役に耐えかねて、前回の遠征でとうとう悲鳴を上げたMC-51だが、サバゲ引退の日までもう一働きしてもらうため内部メンテナンスをすることにした。

Mc5101

今回は多忙を極める友人のガンスミスには頼らず、自力でバラすことにする。G-3系はマルイの電動ガンの中でも分解が簡単な方だし、以前にも2〜3回バラしたことがある。

主目的は一番消耗していると思われるピストンとチャンバーパッキンの交換だ。精神的な余裕がないので、残念ながら写真はない。

まずは基礎分解でアッパーフレームとロアフレームをセパレートしてチャンバーごとインナーバレルを引き出す。
案の定チャンバーパッキンはヒョゴヒョゴになっている。ホップのテンションをかけるちっちゃいコマもおむすび型に変形している。これらを交換。
バレルを覗くと細かい汚れが付着している。シリコン吹いて布棒で何度か拭くが、取りきれない汚れがある。これはしかたない。こんどまた資金に余裕があるときにEGバレルにでも交換しよう。

メカボをバラすと、中はギアの削れカスを含んだグリスで真っ黒。
シリンダーの内側も真っ黒だったので、真鍮の光沢が出るまでウエスで磨く。ピストンのラックも、ギアがなめるほどではないがかなり削れている。新品と交換。
ギアやメカボの古いグリスをティッシュとウエスで全部拭い落とす。これが結構手間がかかる。ギアは幸い欠けなどはない。グリスを全部落としたら、あらためて新しいグリスを着けて組み立て。

これで今回のメンテは終了。ほぼ組み終わったところで、メカボのネジを一つ付け忘れていたのに気づいたのは内緒。

今日はもう遅いので、明日昼間軽く試射して動作確認する予定。

« 7.11サバゲ・長野遠征 | トップページ | お仕事情報スペシャル! »

コメント

MC51の固定ストック仕様ですか~

自分もMC51は持ってましたが
HKの銃はいろいろパーツの使い回しが
出来て楽しかったです^^

MP5、MP5K、MC51、G3-SG1(なんちゃって山猫仕様)、FA-MAS(バレルを中心にレーザサイト3個つけたプレデター仕様)などなど持ってましたが全部人にあげてしまいました^^;

試射の結果はどうでしたか?

≫Unknownさん
なんとか問題なく弾は発射できました。
実戦で使えるかどうかはフィールドに持ち出さないと、
何とも言えないです。
それにしても、ずいぶんエアガン持っていたんですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90102/48901352

この記事へのトラックバック一覧です: 電動ガン・メンテナンス:

« 7.11サバゲ・長野遠征 | トップページ | お仕事情報スペシャル! »