« エースコンバット新作&H.A.W.X.2 | トップページ | フォトショでトーン作業 »

2010/09/23

H.A.W.X.2体験版

昨晩から、H.A.W.X.2(日本語版)の体験版が配信になったので早速やってみた。

まずXbox360版をやろうとしたがゴールドメンバーシップ限定と言われる。そんなもん1年前に切れとるわ!だからMSはよう…フライトスティックEXをセッティングして待ちかまえていたのに…(´・ω・`)。
てなわけでPS3版をダウンロード。こちらは、まったく問題なし。

Screenshot_08
画が一枚もないと寂しいので公式サイトのwebsitekitより

デモ版で遊べるステージは2つ。短いながらも、今作からの新要素をいろいろ経験できる構成になっている。

まずは、ロシア空軍パイロットとなってMiG-29に搭乗する山岳ステージ。ここで、また石塚運昇氏の声で指令を受ける。バイオショック以降、ゲームは変われどずっと石塚運昇氏の命令を聞いているような気がする(笑)。
ここでは輸送機、爆撃機、護衛戦闘機がターゲットだ。それらを一掃すると、次は山岳を縫うように飛行するSu-34を攻撃する。Su-34を殲滅すると、空中給油ミッションがある。

次は、空母発艦から始まる海洋ステージだ。搭乗する機体はF-35。ここでは夜間ミッションと精密誘導弾操作モードを体験できる。ミッションの最後には着艦が待っている。

空中給油や空母着艦は初心者にはハードルが高いが、判定はわりと甘め。空中給油はおおよその位置まで機体を誘導すれば、ドローグの方が吸い込まれるようにやって来るし、着艦は飛行甲板のどこに降りても大丈夫なようだ。

特別「おおっ!」となるようなこともなかったけど、前作からは確実に進歩している。機体のグラフィックは格段に良くなっているし、山岳地形のグラフィックもとても綺麗だ。

気になったのはHUDの表示だ。速度表示と高度表示が、画面の両端にあるので読み取りにくい。もう少し中央に寄せてほしかった。おまけにピッチスケールなど自機の姿勢を示す表示がない。雲の中に飛び込んだらヴァーティゴ必至。
なお、昨日の記事でHUDの表示が一部日本語と書いたが、さすがにそれはなかった。アマゾンビデオは開発中の物だったようだ。

前作との違いはアシストONでも失速するまでスロットルが絞れること。アシストOFF状態ほどの急激な機動は出来ないがこれはかなり有り難い。正規版は購入しないと昨日書いたけど、またちょっと迷い始めたぞ(^_^;)。

PS3版はT.Flight Hotas Xが完全対応しているので、購入を迷っている人は安心して買ってくれ(笑)。少々スティックの感度がクイックすぎる気がするが、デモ版ではその辺の調整は出来なかった。製品版で調整できるかどうかは不明。

« エースコンバット新作&H.A.W.X.2 | トップページ | フォトショでトーン作業 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90102/49534024

この記事へのトラックバック一覧です: H.A.W.X.2体験版:

« エースコンバット新作&H.A.W.X.2 | トップページ | フォトショでトーン作業 »