« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010/09/28

フォトショでトーン作業

えらい久しぶりに、モノクロデジタル原稿にトーンを入れる作業をすることになったのだが、コミスタの使い方をすっかり忘れていた。

時間も迫っていたので、いまだクラシック環境のままにしてある老体PowerMacG4を立ち上げPhotoshopプラグインのPowerTone3を使いトーン貼り作業をする。

このフォトショ-プラグインのパワートーン3は非常に使いやすくて重宝したのだが、残念ながらインテルMacに対応していない。
現在、パワートーンはコミスタに統合されているので、メーカーは新たなフォトショ-プラグイン版を作る気はないようだ。

最近のデジタルマンガ家はラフから仕上げまで全ての作業をPC上でやっているようだが、僕みたいな主線描きまでアナログでやってそれをスキャナで取り込んでいるオールドタイプには、コミスタの大半の機能は不要だし、フォトショで作業するサクサク感が捨てがたい。

もっとも、僕がデジタルで原稿書き始めた頃には事実上フォトショしか使えるソフトがなかったので、身体が馴染んでいるだけかもしれないが。

そんなわけで、パワートーンに代わるフォトショで使えるトーン作業ソフトはないかと探していたらこんな物を見つけた。
Tone Generator
能書きを読む限りではなかなかよさげだ。誰か使っている人いる?他力本願(笑)。
ま、とにかく今度、無料のお試し版というのを使ってみよう。

と、珍しくマンガ家みたいな事を書いてみた。

2010/09/23

H.A.W.X.2体験版

昨晩から、H.A.W.X.2(日本語版)の体験版が配信になったので早速やってみた。

まずXbox360版をやろうとしたがゴールドメンバーシップ限定と言われる。そんなもん1年前に切れとるわ!だからMSはよう…フライトスティックEXをセッティングして待ちかまえていたのに…(´・ω・`)。
てなわけでPS3版をダウンロード。こちらは、まったく問題なし。

Screenshot_08
画が一枚もないと寂しいので公式サイトのwebsitekitより

デモ版で遊べるステージは2つ。短いながらも、今作からの新要素をいろいろ経験できる構成になっている。

まずは、ロシア空軍パイロットとなってMiG-29に搭乗する山岳ステージ。ここで、また石塚運昇氏の声で指令を受ける。バイオショック以降、ゲームは変われどずっと石塚運昇氏の命令を聞いているような気がする(笑)。
ここでは輸送機、爆撃機、護衛戦闘機がターゲットだ。それらを一掃すると、次は山岳を縫うように飛行するSu-34を攻撃する。Su-34を殲滅すると、空中給油ミッションがある。

次は、空母発艦から始まる海洋ステージだ。搭乗する機体はF-35。ここでは夜間ミッションと精密誘導弾操作モードを体験できる。ミッションの最後には着艦が待っている。

空中給油や空母着艦は初心者にはハードルが高いが、判定はわりと甘め。空中給油はおおよその位置まで機体を誘導すれば、ドローグの方が吸い込まれるようにやって来るし、着艦は飛行甲板のどこに降りても大丈夫なようだ。

特別「おおっ!」となるようなこともなかったけど、前作からは確実に進歩している。機体のグラフィックは格段に良くなっているし、山岳地形のグラフィックもとても綺麗だ。

気になったのはHUDの表示だ。速度表示と高度表示が、画面の両端にあるので読み取りにくい。もう少し中央に寄せてほしかった。おまけにピッチスケールなど自機の姿勢を示す表示がない。雲の中に飛び込んだらヴァーティゴ必至。
なお、昨日の記事でHUDの表示が一部日本語と書いたが、さすがにそれはなかった。アマゾンビデオは開発中の物だったようだ。

前作との違いはアシストONでも失速するまでスロットルが絞れること。アシストOFF状態ほどの急激な機動は出来ないがこれはかなり有り難い。正規版は購入しないと昨日書いたけど、またちょっと迷い始めたぞ(^_^;)。

PS3版はT.Flight Hotas Xが完全対応しているので、購入を迷っている人は安心して買ってくれ(笑)。少々スティックの感度がクイックすぎる気がするが、デモ版ではその辺の調整は出来なかった。製品版で調整できるかどうかは不明。

2010/09/22

エースコンバット新作&H.A.W.X.2

Twitterでも書いたが、エースコンバットの次回作はPS3/XBox360のマルチプラットフォームで発売されるようだ。

ACE WEB エースコンバット公式サイト

「6」もそうしておけばよかったのに、そうしておけばよかったのに、そうしておけばよかったのに……

「エースコンバット アサルト・ホライゾン」トレーラームービーを見る限りでは、かなり洋ゲーテイストになっている。被弾した機体の破片の飛び散りが半端ではないが、画面を見ると△ボタンマークが中央に現れているので、おそらくボタン操作で撃破した瞬間の敵機のスローモーションクローズアップができるのだろう。今回のウリはそのあたりか?

Pict3

いままでのACは架空世界の架空国家同士の戦争を描いていたが、PSP版の新作に続きACAHでは実在の国家が登場するようだ。FPSでは海外のメーカーが実在の国の容赦のない架空戦争をいくらでもやっているので、ハードルは低くなったか?

来年は「トリコ」と「ICO」と「エースコンバット」が期待の三つ☆だな。


さて、来月発売の[H.A.W.X.2]だが、アシストOFF状態での斜め遙か後方視点が今回も採用されているのがAmazonの販促ビデオで確認されたので、残念ながら正規版の購入は見送ることにした。

Pict1

アシストOFF視点で操縦する気にならない→しかしオンライン対戦はアシストOFFを制した者が制す→やっぱオンラインやーめた→だったらすぐに買う必要はない←いまココ
まぁ、1年もすれば「新価格版」が出るだろうからそれを待つことにする。

H.A.W.X.2のAmazon版トレーラーを見ると、HUDの表示が一部日本語になっているようだ。余計なお世話だな。おひおひ、空中給油シーンで「ガソリン」とか表示されてるぞ。ジェット燃料はガソリンじゃないぞ。

Pict2

*追記
あらためてよく見たら、チャレンジの名称だ。
じゃ、これでいいのか……

2010/09/21

コール オブ デューティー モダン・ウォーフェア2

Codmw2

CoD MW2(新価格版)キャンペーンモードを難易度イージーでクリア。

一つ一つのミッションもそれほど長くないし、なにしろ寄り道できないのでストーリーはどんどん進む。朝から晩まで寝ずにやれば丸1日でクリアも可能だろう。若干ボリューム不足を感じる。

ストーリーは前作の続きに当たるが、前作をやっていなくともそれほど問題はない。相変わらずの「そこまでやるか」という極端な展開だが、それでもぐいぐい引き込まれる。どう考えてもまだ続きがあるラストなのだが、次回作のブラックオプスは時代をさかのぼっている話なので、MW3はその次か?

戦闘はさすが皆さん褒めるだけのことはあって臨場感が半端でない。ただ、少人数ですぐに多勢の敵に取り囲まれるパターンが多い様な気がする。多種多様な武器や乗り物を操作しなくてはならないので最初は面食らうが、使いこなせるようになってくると楽しい。

今回は1〜2人プレイで遊べるスペシャルオプスというシチュエーションモードがある。これがまた結構難しい。なんとかソロでアルファからチャーリーまで進んだが、デルタ以降のロックが外せずその先に進めない。

…と言うくらいの下手くそなので、今回はオンラインはやらないつもり。

ミリタリー系FPSはそれほどやっているわけではないのだが、このCoD MWシリーズの評価の高さはかなり納得できる。Amazonとかでは日本語版ローカライズに際してのスクエニさんのポカがかなり叩かれていたが、世界観ぶち壊しと言うほどのことはなく、僕はそれほどは気にならなかった。でも、まぁ、たぶんBOは字幕版を買うことになると思う。

2010/09/20

お仕事情報

エンターブレイン発行「ファミ通DS+Wii 11月号」 
「街へいこうよどうぶつの森 とんぼ村だより」第59話  
 漫画、霜風るみ

ぽんつく堂は、シナリオを提供しております。

2010/09/17

電子レンジ降臨

仕事が忙しかったピークの今月の5日に、突然電子レンジが煙を噴きお亡くなりになる。享年13歳。

忙しいときほど役に立つ家電No.1の死に呆然となるが、とりあえずオーブントースターで代用し、どうしても必要なときは階下のヨメさんの両親の電子レンジを使わせてもらい、なんとか急場をしのぐこととなる。

仕事が一段落した10日にヨドバシに買いに行く。当初、暖める機能さえあればいいと思っていたが、最近の電子レンジの多機能ぶりにヨメさんの目がくらんでしまう。結局、その日はカタログだけ持ち帰り慎重にF-X選定をすることになる。

そうこうしているうちに次の仕事に突入。ようやく昨日、新しい電子レンジが我が家にやってきた。長い長い11日間の電子レンジ無し生活だった。

これがヨメさん渾身の選定、
サンヨーEMO-TS30Cスチームオーブンレンジだ!

Mw01

ごついぞ!可愛くないぞ!まるで業務用だぞ!

実は、正確に言うと新品ではない。ヨメさんがこれだ!と決めたこの機種はすでに生産終了となり、店頭在庫もなくなっていた。ネットで調べてみるとヨドバシアウトレット東急川崎で、もともと店頭展示品だった物がアウトレット商品として売られていた。てなわけで車で片道2時間かけて店舗に行ってみる。

出がけに電話で在庫を確かめたら2台あるという。ただし、展示品だからそれなりの傷はありますよ、とのことだった。実際見てみると1台は確かにちょっと購入にはためらう程度の傷があった。が、もう1台はかなりの美品!もちろん即買いする。

しばらくは、ヨメさんが機能を試したいがために、あれこれ電子レンジメニューをお見舞いしてくるだろうが、旨いものが出てくるか、失敗作が出てくるかは五分の確率と踏んでいる。

Ot01

隣は同じくサンヨーのコンベクション・オーブントースター。サンヨーはなかなか優れものの台所家電を作っていただけに、メーカーが消滅してしまうのが残念だ。

2010/09/11

アサシンクリードIIシンクロ率100%

アサシンクリードIISEクリアした。これは快作だ。ラストに関しては賛否両論だろうが、少なくともプレイ中はやめられない面白さだった。


Assassin201
フィレンツェのシンボル
サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂


Assassin202
もちろん


Assassin203
登ってきました
高所恐怖症にとっては悪夢のようなゲーム


ストーリーは一本道だが結構深く、自由度はとても高い。はっきり言って最近のハリウッド映画より全然ストーリーは面白い。時に大胆に時に緻密に敵地に潜入し、暗殺任務を遂行する。どのルートを使うかどの手段を使うか、多くの局面がプレイヤーの裁量に委ねられる。

前作ではなぜSF仕立てにしたんだろう?と思っていたが、今作で納得。根本的にSFだったのだ。前作のラストで描かれた謎はちゃんと意味があった。今作の謎も次回3部作の最終章で全て明らかになるだろう。

メインストーリー以外の部分もかなり楽しめる。いや、むしろプレイ時間の多くがサブミッションと各所にちりばめられた謎とパズル解きに費やされる。アクションゲームであると同時に頭脳ゲームだ。

クリア後、トロフィーが1個取れないというバグがあったが、まぁ、2周目プレイするときのモチベーションの一つだな。許す(笑)。

僕にとっては、PS3&XBOX360のソフトで文句なしにベスト1。

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »