« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011/02/27

墜落日記 APACHE(最終回)

Apache501
英軍での制式呼称はAH-1なんだね。知らなかった。


[Campaign Mode]はいわゆるストーリーモードで、中央アジアの山岳地帯、アフリカの沿岸地域、中央アメリカのジャングルの3カ所にそれぞれ派遣された部隊の物語となる。

アパッチの作戦ということで低空でこっそり侵攻して隠密行動とか、実はそういうのはほとんど無い。敵が待ちかまえているところに上空から攻撃を仕掛けるという、はっきり言って「これ戦闘攻撃機の仕事だろう」というミッションばかりだ。

それでも、狭い範囲でぐるんぐるん回りながら地上を攻撃する、ヘリならではの操作はとても面白い。

とにかく、この独特なヘリの操作性になじめるかどうかが、このゲームの評価を分けることになると思う。[Realistic Mode]でのヘリの挙動にどうしても慣れない人は、そこでゲームを投げてしまうことになる。

もちろん初心者向けの、ヘリの空力特性?を無視したイージーモード[Training Mode]はあるにはあるが…

Apache502
ミッション中、救援に飛んでくるプレデター。これも時代なんだねぇ。俺たちは無人機の露払いか…


グラフィックは、十分及第点。ヘリのシミュレーターにとっては陰の主役とも言っていい地形とかは良く作り込んである。

音楽もなかなか良い。ただ、ミッション中の音楽は数パターンしかなく、それを使い回している。
エースコンバットのようにミッションごとに音楽を作っているようなクオリティを洋ゲーに期待してはいけない。日本人はこういうきめの細やかさをあたりまえのように思っているが、決して国際標準ではない。もちろん、その世界に誇れる日本の良さはこれからも維持して欲しい。

話が脇に逸れた。

一つ残念な点がある。前に書いたようにフライトスティック[T.Flight Hotas X]に完全対応しているのだが、[HotasX]のスティックについているハットスイッチがとても使いにくい。射撃手視点に切り替えたときに照準操作をハットスイッチでしなくてはならないので、その必要のあるミッションの難易度がいきなりガンと上がる。射撃手視点の時はハットスイッチではなくスティックで照準操作ができるか、パッドに持ち替えられるようにして欲しかった。

Apache503
射撃手画面

操縦手、射撃手を分担した2人協力プレイができるので、一緒にプレイしてくれる友達がいれば問題ないんだけどね(笑)。


[Campaign Mode]以外に、オンラインに対応した[Squad Operations Mode]と言うのがある。1人プレイもできるので、最初の3つほどやってみた。
スピードアタックや無人ヘリを操作してレーザー照準マーカーをつけたり、地上輸送部隊の近接航空支援をしたりで、なかなか面白い。たぶん、後半になると協力プレイでないとクリアが難しいミッションとか出てくるんだろうなぁ…

Apache504
こいつが操作する無人ヘリ

アパッチ・エア・アサルトは、久しぶりにどっぷりのめり込んだエアコンバットゲームだ。上記のように欠点は確かにあるが、間違いなくこれから先もときどき引っ張り出してはプレイするゲームの一本だ。

現在PS3でプレイできる唯一の本格的ヘリコプターシミュレーターなので、そういうものに興味のある人は、とりあえず購入しても損はないと思う。Amazon価格もだいぶ下がっているようだし。

2011/02/26

墜落日記 APACHE(その4)

Apache409

アパッチ・エア・アサルト、キャンペーンモードを難易度[Realistic]でクリア!さすがにラスト2ゲームは攻略パターンを見つけるまでえらい苦労した。難易度[Veteran]は無理です(笑)。

Apache403
とにかく雨霰と銃弾、RPG、対空ミサイルが四方八方から飛んでくる。動き回っている限りそうそう当たらないが…

Apache402
ちょっと油断すると…ドカーン!

Apache404
即、撃墜とならなくてもダメージの蓄積で墜落するので、ランディングゾーンに着陸して回復する。ときどきRPG持った敵兵(レーダーに映らない)が、着陸中を狙ってくるので周囲をちゃんと掃討しておく。

ミッションも終盤になると、敵として現れるハインドとの空対空戦がミッション成否のカギとなる。序盤に現れたときはぼんやりホバリングしているいい的だったが、終盤のハインドは動きの鋭い強敵となって、それがうじゃうじゃ出てくる。

Apache407
息詰まる攻防(笑)
基本は上空からの一撃離脱。敵機の位置の方が高いときは、一度間合いをとって高度を稼いでから再びドッグファイト。

Apache408
もはや戦闘機の機動。敵機のハインドは黄円内。

Apache406
スティンガーはフレアにすぐに騙されるので、思いっきり接近してから発射!

Apache405
キル!

エアコンバットゲームとしては久しぶりにどっぷりハマった。
次回、墜落日記アパッチ最終回で、総評を書きます。

2011/02/25

お仕事情報

エンターブレイン発行「ファミ通DS+Wii 4月号」
 
「街へいこうよどうぶつの森 とんぼ村だより」第64話  
 漫画、霜風るみ

ぽんつく堂は、シナリオを提供しております。

2011/02/24

厚木基地2011.2.22

おとといの火曜日に、知る人ぞ知る軍用機サイト「MASDF」の管理人ぐりさんと厚木基地に行ってきた。

P3c03
当日はご覧のように雲一つ無い上天気。

ついたばかりでカメラの準備もしていないときに、F/A-18がいきなり着陸。こいつは幸先いいやと喜んだが、そのあと離着陸を繰り返すのはP3Cばかり。

P3c01

P3c02
もちろんP3Cも大好きです

Ep301
これは、P3CではなくEP3(電子情報偵察機)だそうだ

E2c01
合間にE2Cも降りてきた

Seahawk01
シーホークは逆光

結局、半日いてお目当てのF/A-18の離陸が見られたのは1回きり。あきらめて帰り支度をしたら、さきほど飛び立ったF/A-18が降りてくる間の悪さ(笑)。でも、肉眼で見られたからいいや。

Fa1801
タキシング中のF/A-18

Fa1802
このあと、アフターバーナーを輝かせて飛び立っていった。

釣果は今ひとつだったが、ぐりさんに海外のエアショーのことや航空雑誌での執筆のことなど貴重な話しを聞けて楽しい1日だった。

Kouen01
基地南側はすっかり公園が整備されてた。
つぎはヨメさん連れてこようか。

2011/02/20

墜落日記 APACHE(その3)

現在キャンペーンモードのミッションを半分終わったところで一休み。
序盤でやたらと難しいミッションがあったと思ったら、そのあとは楽なミッションが続いたりして、難易度のさじ加減がよく分からない。キャンペーンモードが終わったらその辺のこともまとめて書く予定。

Apache25
ロシア機ファンには嬉しいお知らせ(笑)。フリーフライトでハインドがデフォで使える。ただし、キャンペーンモードで使えるかどうかは不明。

Apache26
てなわけで、ハインドで遊覧飛行中。フリーフライトでは敵の出現をオンオフできるので、もちろん戦闘も可能。

Apache27
ハインドのコクピット。こうなっていたのかぁ〜
HUDの表示はアパッチと同じ。

Apache28
慣れてくると、こういう狭い渓谷もびんびん抜けられるようになる。さすがにピラミッドとトンネルはないが(笑)。

Apache29
ヘリコプターフライトシミュの最大の難関は着陸だが、APACHE AIR ASSAULTにはオートホバーといういかさま便利機能がついていて、ボタン一つで自動でホバリング状態になる。
普通に操縦して着陸地点(地面の上の青い×)近くまで降りたら。

Apache30
オートホバーのスイッチを押してホバリング。そのままコレクティブを徐々に下げてゆっくり降下。

Apache31
はい、着陸成功!

2011/02/14

墜落日記 APACHE(その2)

Apacheamazon_2
前回書き忘れましたが、Amazonで購入しました。↑画像クリックでAmazonのページに飛びます。

Apache15_3
チュートリアルが終了すると[Realistic Mode]が選択できるようになる。
最初の実戦で[Realistic Mode]を選択。HUDの右側に昇降計表示と左側に速度表示が現れるようになる。

Apache16_2
いきなりフラフラと酔っぱらい操縦状態。
これだこれだ、これがヘリの操縦感覚だ。
RPGがガンガン飛んでくるが、動いている限りそうそう当たらない。

Apache17_2
上昇しながら機首を上げてブレーキ!

Apache18_2
速度を下げたら、ヨーでケツをブンと振って

Apache19_2
降下しながら再び加速
基地祭の展示飛行でお馴染みのこのクイックターン機動(正式になんというのかは知りません ^_^;)を駆使して、素早く転回しながら地上の敵を攻撃する。

Apache20_2
渓谷に逃げ込む武装民兵を追撃

Apache21_2
はっと気がつくと眼前に岩壁!

Apache22_2
ドガーン!
調子に乗りすぎました…

Apache23_2
でも安心。4機までなら直前から復活可能。

Apache24_2
ミッションターゲットを全て破壊して、指示されたWAY POINTに到達してミッション終了。


APACHE AIR ASSAULTが初めてのヘリコプターのシミュレーターだという人は、ヘリの操作の難しさに面食らうと思う。が、だんだん思い通りに操作ができるようになると本当に面白いので、是非とも途中で投げ出さずに[Realistic Mode]をマスターして欲しい。

エアロダンシング4の回転翼課程を修了した同期生(笑)は、チュートリアルをクリアしたらすぐに[Realistic Mode]に移行することをお勧め。

2011/02/10

墜落日記 APACHE(その1)

また、輸入エアコンバットゲームを買ってしまいました。

Apache01
APACHE AIR ASSAULT (PS3北米版)

以前PS2版[エアロダンシング4]の回転翼教練でヘリ操縦にハマってから、いつかフライトスティックに対応したヘリコプターシミュレーターをやってみたいと思っていた。

そして、ついに出たのがこれ。
[IL-2 STURMOVIK BIRDS OF PREY]を作った[GAIJIN entertainment]製ということで、まあまあ安心して購入した。
[IL-2 STURMOVIK BIRDS OF PREY]については過去ログ参照

当然、フライトスティックのT.Flight Hotas Xに対応している。

Hotasx
T.Flight Hotas Xについても過去ログ有り

ゲーム画面を立ち上げる

Apache02

結構カッコいいタイトルと音楽だったので、ついつい聞きいってしまった。


まずは「チュートリアル」で基本操作を学ぶ。

Apache03
とりあえず後部パイロット席コクピット視点で始めてみる。

指示に従って機体を操作してみる。もちろん英語はさっぱりわからないが、画面中央に現れる文字を見ればなんとなくわかる。

Apache04
まだ一番低い難易度の[Training Mode]しか選択できないので、エアロダンシング4と比べると超楽々ヘリ操縦。ただ、残念ながらこの難易度ではヘリコプター本来の動きはできない。

Apache05
ヘルファイアミサイル発射!

Apache06
KABOOOM!

Apache07
お次はハイドラ70ロケット弾!

Apache08
ちゅどどどーん!

Apache09
え?AUTO HOVERにしてDVOに切り替えろ?おお、モノクロカメラモードだ。なるほど、これで射撃手に切り替わるのね。

Apache10
ズームするとテクニカル(武装TOYOTAピックアップトラック)だ!

Apache11
たちどころに30mm機関砲の餌食に

Apache12
こんどは赤外線画像に切り替えると、タリ…武装民兵発見!

Apache13
30mm機関砲の直撃で吹き飛ぶ武装民兵!なんだかYouTubeで見たような映像だ!た・た・た・楽っすい〜〜っ!戦争って本当に嫌ですね。

Apache14
任務を終え、基地に帰投してチュートリアル終了。
実は、コクピット視点とカメラ視点以外の画像はリプレイ画面をキャプチャーしたもの。IL2シュトルモヴィクの感想を書いた時に「フライトシミュには自分のフライトをチェックするために、リプレイは絶対必要!」と訴えたのだが、それがどうやら「ガイジン」に届いたらしい。そんなわけないか……

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »