« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011/06/29

川崎 ペパーランド

先日の追悼集会が行われたのは川崎のペパーランドというレストランバーだった。僕は初めて行ったのだが、飛行機モデラーやSFモデラーにとっては夢のようなお店だ。

まず、店に一歩入ると両手を広げたくらいの翼幅がある富岳のソリッドモデルが天井にへばりついていて度肝を抜かれる。天井にはほかにもラジコンやソリモと思われるスケールモデルやプラモデルがぶら下がっている。機種は第二次大戦機とF-86、MiG-15の朝鮮戦争ライバルだ。

壁には60〜70年代ヒコーキプラモ少年が必ず通ってきた道、レベルの1/32シリーズのボックスが一面にディスプレイされ、反対側の壁は大戦機のアートが飾られている。

店の手前半分が、以上のようにヒコーキモデル空間。そして奥に行くとバーカウンターがあってその正面が今度はSFモデル空間だ。

これもまず、天井からぶら下がっているパーフェクトなスタートレックのエンタープライズAが目を引く。壁の陳列棚には、サンダーバードやシービューやスペース1999などのプラモデルやTOYが陳列されている。

あまりにエンタープライズAが素晴らしいので、思わずサークルのメンバーに「あれはどこで手にはいるの?」とマヌケな質問をしたのだが、これは外国製の大型スケールのプラモデルを店長さんが電飾などを施して組み上げたものだそうだ。それにしても出来がいいので驚いていたら、なんとここの店長さんは飲食店の本業のかたわら模型雑誌にも作例を提供している本格的なモデラーさんだった。全然知らなかったのが不覚だ。そして、そういうお店とは思わなかったので、カメラを持っていかなかったのがさらなる不覚。

こちらに紹介しているサイトがあります。
TERADA'S ROOM〜ペパーランド〜

そして店長さんのブログ。これは飲食店経営者のブログではないw
飲食店経営者の模型雑記

もちろん肝心の料理も美味しかったし、かなりリーズナブルだった。

今回はそういう会だったので、こちらとしてもあまりはしゃぐ気にはならなかったが、また別の機会に是非もう一度、いや一度と言わず何度でも訪れたい。

2011/06/26

追悼の会

旧くからの友人の奥様が先月突然他界された。その友人とも奥様とも某SF系のサークルで知り合ったので、奥様のこともよく知っている。

昨日、川崎でそのSFの仲間が集まって奥様の追悼集会が開かれた。実は、僕自身はそのSF系サークルからは引退状態だったので、ほぼ15年ぶりの再会だった。

行く前まではしんみりした集まりになるなるのかな?と思ったが、蓋を開ければ普通のSF好きの集会状態だった。生前の奥様の性格を思えば、湿っぽい会よりみんなでわいわいやっているのを見ている方を喜ぶだろう。これで良かったのかもしれない。

本当に仲の良い夫婦だったので、奥様が亡くなった直後の友人の落胆ぶりは本人のブログを読んでもひしひしと伝わってきた。昨日会った友人は思ったよりも元気を取り戻しているように見えた。支えてくれる仲間がいるのはいいものだ。

それにしても自分より若い知人の死は辛い。奥様は本当に活発な人だったので、今でも何か信じられない思いがする。

2011/06/22

お仕事情報

エンターブレイン発行「ファミ通DS+Wii 8月号」
 
「街へいこうよどうぶつの森 とんぼ村だより」第68話  
 漫画、霜風るみ

なんと、今回は冒頭5ページがフルカラー!
聞いてないよ〜(笑)でもカラー映えするネタで良かった!
そのぶん作画が大変だったと思いますが、霜風さんご苦労様!

ぽんつく堂は、シナリオを担当しております。

2011/06/06

シロディール日記(その4)

久しぶりのオブリビオン日記。

ついこの前まで、ホームレス同然だったのに、とうとうメイドさんを雇えるご身分になりました!(笑)

Oblivion08
やっぱり、ねえちゃんはちょっと不細工でも愛嬌のある方がいいねぇ。もちろんゲームの話。

気がついたら、プレイ時間も200時間を超えていた。が、いまだに全貌が見えてこない(笑)。

これまでは、あちらこちらで依頼されるクエストを片付けるためにシロディール中を駆け回っていたが、最近は一所にじっくり腰を落ち着けて近郊に点在するいわゆるダンジョンの類の散策をしている。

歩けば歩くほど発見がある。
最近はメモをとりながらゲームをしている。最初からそうすべきだった。

一度攻略したダンジョンでも、少し時間をおいてから行くと別の一党が住み着いていて襲いかかってくる。リアルだなー(笑)。

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »