« 2011年6月 | トップページ | 2011年9月 »

2011/07/19

間違いじゃないけれど…

CSで某歴史番組を観ていたら、古文書を「こぶんしょ」と読んでいてビックリした。この場合は「こもんじょ」だろう。この局は、以前にも死海文書を「しかいぶんしょ」と読んでいて違和感を感じていた。

もちろん文書を「ぶんしょ」と読むのは日本語として間違っていない。しかし「ぶんしょ」と「もんじょ」ではニュアンスが違う。

この局に限らず最近、このニュアンスが無視される傾向がある。

立ち姿の仏像を表す立像は「りつぞう」ではなくて「りゅうぞう」だろう。
前にもツイッターで書いたが、百鬼夜行の夜行は「やこう」ではなくて「やぎょう」だろう。

もちろん、言葉は生き物だから、どんどん変化していくのも事実だ。
僕は、最近の若い子が「雰囲気」を「ふいんき」と読んでいるのは、一向にかまわないと思っている。もともと「山茶花」は「さんざか」で「新しい」は「あらたしい」だった。

だが、メディアやクリエイターがそれやっちゃイカんだろう。

日本語という特殊な言語の性質から、どうしても誤字誤読をしてしまう。それを一々あげつらうつもりはない。自分の首を閉めることになるし(笑)。

でも、番組や作品のテーマに近い部分でこういう読み違いのようなことをしてしまうのは、勉強不足リサーチ不足と言われても仕方が無い。

先のCS局だが、予算人員が限られている中で、どうしても翻訳とか機械的な作業になってしまうのかもしれない。しかし「教養番組」を提供する側の使命というものを、もう一度考えて欲しい。

2011/07/15

wktkエースコンバット

F1601
エースコンバット6ゲーム画面


最近、またフライトスティック関係の検索ワードが引っかかっているようだが、あれですね、Amazonでエースコンバット・アサルトホライゾンの予約が始まったんですね(笑)。

箱○ユーザーは間違いなく再販されるだろうフライトスティックEXを期待できるからいいとして、問題はPS3版を買う予定の人ですね。僕もその一人。

PS3対応のフライトスティックとしてThrustMasterのT.Flight Hotas Xが海外では定着しているので、恐らくアサルトホライゾンも対応させてくるだろう。日本版もたぶん無問題。まぁ、日本版のマニュアルには記載されないと思うけど。

それより、僕の希望的観測がかなり入っているが、今度こそHORIさんがPS3対応フライトスティックを出してくると思う。

待ちに待ったエースコンバット新作に会わせて、あのHORIさんが、ユ−ザーの機体…もとい期待に応える、あのHORIさんが、フライトスティック3を出してこないわけがない!

もちろん出れば僕も買う。T.Flight Hotas Xも悪くはないけど、やっぱりエースコンバットはHORIのフライトスティックでやりたい!

てなわけで、今の時点であわててT.Flight Hotas Xを買う必要はないと思う。HORIさんのアナウンスを待とう!責任は持たんけどね(笑)。

« 2011年6月 | トップページ | 2011年9月 »