« 2011年10月 | トップページ | 2012年1月 »

2011/12/31

エースコンバット・アサルト・ホライゾン

Acah01

どうしようかな、このままスルーしようかな?とも思った「エースコンバット・アサルト・ホライゾン」だが、やはり一言書いておかねばなるまい。

Amazonのレビューの大荒れっぷりもすごいが、残念ながらあそこで繰り返し書かれているネガティブ意見とほぼ同意見だ。

「エースコンバット・A・H」はこれまでのエースコンバットファンに叩きつけられた絶縁状のようなものだ。

そんな「エースコンバット・A・H」だが、一つだけいい点がある。今作は、過去のACシリーズのどの作品よりもギャラリー受けが良かった(笑)。

感想は以上。


バンダイナムコさんにお願いしたいのは、是非「エースコンバット(無印)」と「エースコンバット2」を今のHD画像にして新作で出して欲しい。その際は、特殊兵装の概念は持ち込んでいいが、それ以外の余計な要素は一切入れず、あのオリジナルの雰囲気のままにグラフィックだけ最新の物にしてほしい。「2」が今でもシリーズ最高傑作と言われているのは、エースコンバット本来の「飛ぶ楽しさ」「爽快さ」を追求した原点がそこにあるからだ。

最近のエースコンバットはゲーム最初からいきなり難易度が高い傾向がある。シリーズを通して遊んでいるユーザーの要求かもしれないが、それでは一見さんには敷居が高い。
「エースコンバット・エースコンバット2」と名を打てばそんなに難易度を上げなくてもいい。新規参入者獲得のためにも是非検討して欲しい。


「エースコンバット・A・H」と同時期に購入したHORIさんの「フライトスティック3」だが、「IL-2 STURMOVIK BIRDS OF PREY」と「APACHE AIR ASSAULT」でも使えることを確認したので、これはいい買い物だった。

Acah02

2011/12/26

ドラクエ4勇者(女)・イラスト

Dq4yusha01

グランマさんにリクエストいただいたドラクエ4の女勇者です。

ドラクエ4コマを描いていたときは、このブロッコリー髪型(笑)に苦労させられました。それもいい思い出です。

2011/12/23

スカイリム(その2)

Skyrim04
相変わらずのこのオープンフィールド感がいいね。

このゲームは、ジャンルとしてはアクションRPGになるのかな。
今回は戦争とドラゴン退治という二本柱のメインクエストがあって、それと並行してつぎつぎサブクエストが発生する。
…と書くと、なんだお使いゲームかと思われそうだが、そのお使いの内容がとにかく質量共に半端でない。ダンジョンの中から何かを取ってくるオーソドックスなものから、中にはとんでもないトラブルに巻き込まれたりする。
ゲーム内で起こった出来事をそのままヨメさんに話すと毎回爆笑している。

Skyrim08
スカイリムは北欧的世界が舞台なので、こういう寒々とした景色が多い。いまの季節にぴったり!

Skyrim07
ネコ族さんたちと親交を深める

Skyrim09
うひゃー!ドラゴン出たーっ!

Skyrim06
冒険から帰って、集めた材料で錬金術(薬合成)中。


スカイリムでは、基本何をしようと自由。善人として生きようが悪人として生きようが本人次第。メインクエストすら放棄してもかまわない。

とにかく「オブリビオン」「スカイリム」のシリーズは、「そこに自分がいる感」が素晴らしい。僕がゲームにハマるきっかけになったWizardryに共通する感覚がある。
正直、用意されたキャラクターをただ「操作」するだけのゲームにすっかり飽きていたので、「オブリビオン」「スカイリム」は本当にまたゲームの楽しさを思い出させてくれた。

さて、時限爆弾装備と言われるPS3版スカイリムをやっているわけだが、いまのところさしたるトラブルはない。確かに3時間くらい続けてプレイしていると、特に街中で動きが重くなり始める。そうなったら、そこでセーブしてコーヒーブレイクをとるようにしている。とりあえずこれでカクつきとフリーズは回避できているが、セーブデータが10Mを越えたあたりから酷くなるという話なので(現在8M)、来週あたり「だめだこりゃ」日記を書いているかもしれない。

2011/12/21

スカイリム(その1)

Skyrim01
スカイリム!

ハマってます(笑)。
今月9日から始めて、もう70時間くらいやってます。

Skyrim02
今回のキャラエディットは、プリセットが充実しているので人間の種族を選べば割と簡単に美人ぽい顔ができる。

が、残念ながら「オブリビオン」の時に比べていじれる範囲が狭いので、美人から一歩進めて可愛いにするのは難しい。
前作のように可愛いダークエルフを作るのはほぼ不可能。

ちなみに下の画像3枚はオブリビオン

Obli01
こういう少女っぽい顔も作れる

Obli02
ダークエルフのこのヘビ女みたいな原型を

Obli03
ここまでいじれる


スカイリムに戻ります。

Skyrim03
で、これが今回の自キャラです、なかなか凛々しいでしょ。

オンラインゲームは女性キャラでやる気はないが、オフラインでキャラ選択できるゲームでは女性キャラを使っている。
男に生まれて決して味わえないのが、女の子同士のキャッキャウフフ♪の世界ですよ(笑)。バーチャルな世界でキャッキャウフフ♪を楽しまずにどうする!

Skyrim05
今は従者の可愛いリディアちゃん(画像・椅子に腰掛けてる)と、ひとつ屋根の下でキャッキャウフフ♪を堪能している。え?リディアちゃん可愛くないって?あーた、一緒に生死を共にしながら冒険して、こちらがどんなアホをやっても「あなたの剣となり盾となります」とか言われてごらんなさい。「うお−!可愛い!」となりますから(笑)。

ゲーム内容については次回。

2011/12/19

ザ・インタビューズ

[ザ・インタビューズ]という一種のコミュニティサイトでいろいろ皆様の質問に答えています。
いつの間にか質問数も100を越えました。

回答と一緒にあれこれ画像を貼り付けていますが、描き飛ばしたイラストとかも結構あります。
閲覧だけでしたらサイトに登録しなくてもできますので、よろしかったらご覧になってください。
もちろん質問も歓迎します。

↑記事冒頭の[ザ・インタビューズ]の文字をクリックでサイトに飛びます。

2011/12/16

アリーナ・イラスト

Arena01

天野 更紗さんにリクエストいただいた、DQ4のアリーナです。


2011/12/11

2011.12.10月蝕

近所の公園にて撮影。
使用したカメラは2003年製のPanasonic Lumix。
今どきのコンデジより性能がおちるけど、望遠アタッチメントがつけられるのでこういうときだけ引っ張り出される(笑)。

Gesshoku01


Gesshoku02


Gesshoku03


Gesshoku04


Gesshoku05


Gesshoku06


Gesshoku07


かなりトリミングしてあります。
現場ではどんな感じに撮れているのかも分からない状態で、適当にカメラをいじくりながら撮影。
そこそこまともに撮れたものを並べてみました。
デジタル一眼欲しいね。

« 2011年10月 | トップページ | 2012年1月 »