2010/02/07

外国人力士を制限すべし

とまぁ、昨日おとといと偉そうなこと書いたが、正直、野球もサッカーも客が入らないこのご時世に相撲人気を復活させる方法など思いつかない。

今日は個人的な希望を書く。

僕が相撲中継をよく観ていたのは千代の富士が現役だった頃だ。それでも若貴の頃までは観ていた。でも最近は全然観ていない。

だって、外国人ばっかりなんだもの。

相撲というのは国技であり同時に伝統芸能であり神事でもあるはずだ。

ところが現在上位力士のほとんどが外国勢で占められている。例えて言うなら祇園の舞妓さんが全員アジア系外国人のようなものだ。
もし外国人の舞妓さんが一人いたとする。物珍しさもあって最初はマスコミや人も集まるかもしれない。しかし、舞妓さんが全員外国人になってしまったらそこに何の価値があるというのだ?

僕は外国力士を排斥しろなどと言うつもりは全然ない。だいたい、ガキの頃は高見山が大好きだった。
是非とも相撲をやりたいと言って、自ら飛び込んでくるような外国人は大歓迎だ。しかし、あわよくば一攫千金が狙える出稼ぎ程度に考えている人間を連れてくるのはやめて欲しい。

一人前の力士を育てるのは難しい。横綱大関となればなおのことだ。その難しい部分を手を抜いて、安易に外国から将来性のありそうな若者をスカウトしてきているのが今の相撲界だ。実力本位の世界とはいえ、外国から精鋭が次々やって来る時代には、ひ弱な現代っ子の日本人はなかなか上位に食い込めない。でもじっくり育てれば、必ず開花する素質を持った日本人もいるはずだ。

それに、やっぱり地元出身の力士を応援したい。かつてはそうした郷土意識と相撲は強く結びついていたはずだ。そんなわけで、一定の外国人ワクは設けて欲しい。

2010/02/06

素人から相撲協会にもの申す

実を言うと、僕は日本の談合体質をそれなりに認めている。不要な競争を避けて利益をみんなで分配しようという、日本人が長年かけて育んできた日本式社会主義だと思っている。僕も聖人君子とは程遠い人間だから甘い汁が吸える機会があれば、喜んでおこぼれに預かりたいと思う。

もちろん物事には限度がある。相撲協会は持ちつ持たれつの、正に日本的談合組織だ。しかし、これまで甘い汁を出し続けてきた相撲界という大樹が、根元から腐って倒れようとしていることに気づいていない。

なぜ相撲の人気が凋落しているか、協会の理事達には理解できないだろう。なぜならば、内部からしか物事を見ていないからだ。協会の理事を構成している親方衆は、ほとんどの場合中学高校を卒業してすぐに相撲界に入り、ずっとそれ以外の世界を知らずに来た人たちばかりだ。言ってみれば、なりだけでかい世間知らず達だ。得てしてこういう人たちは、組織の外側の人間を見下し、いったい自分たちが世間からどういう目で見られているかそんなことは気にしたりしない。

昔だったら周りの人たちが、相撲を支えてくれた。ほっといてもチケットを大量に捌いてくれる人たちがいた。しかし、そう言う古き良き時代は終わった。これからは相撲協会自身の力で、相撲の伝統を守り興行的にも成功させなくてはならない。残念ながら、なりだけでかい世間知らずには難しい課題だ。

改革は簡単にはできない。中の人間であればあるほど、どうしても過去の成功例を引きずって、いままでと同じ方法論を取りたくなる。とにかく相撲界を立て直すには、協会に外部の人間を何人か入れるべきだ。特にマネジメントができる人がいい。全くの相撲の素人が嫌なら、廃業してちゃんこ屋を経営している人とか別業種でそれなりに成功した人を連れてくればいい。それだけでも、かなり違うはずだ。

2010/02/05

で高砂親方の処分は?

以前にも当ブログで書いたけど↓
「まず朝潮をクビにしろ」2007/08/22
一連の朝青龍の問題は本人の責任より、指導者である高砂親方の責任の方が重い。

朝青龍は見てのとおり、とにかく無邪気な人だ。だからこそ、しっかり指導をしなければ手綱のないモンゴル馬のようなものだ。

ところが高砂親方という人が朝青龍に輪をかけて無邪気な人で、現役の時は愛嬌があって良かったかもしれないが、親方としては全く無能だと言っていい。

この高砂親方をクビにせずに、貴乃花を排斥しようとしたり安治川親方をクビにしようとしたり(これは後で撤回されたが)、このあたりが今の相撲界の問題そのものではないか?

結局、朝青龍の相撲生命をこんな形で終わらせたのは相撲協会自体の責任だ。

2007/08/22

まず朝潮をクビにしろ

朝青龍(こんなときだけ一発で変換するんだなATOK)問題だが、一番の問題は高砂親方の指導力不足だしょ。向こうは金儲けのために日本に来てるんだから、横綱になったからと言っていきなり伝統とか格式がどうのこうの言ってもムリ。そのあたりをちゃんと指導できなかった高砂親方に親方としての資質がなかったというわけだ。いくら顔が似てると言っても外国人、最初からメンタリティもなにもかも違う。逸材だからと言って甘やかしておいて、異国の品格なぞ身に付こうはずもない。親方が自宅まで出向いて門前払い食らうあたりが、もう完全になめられている。まずは高砂親方をクビにして、それでも朝青龍が事の重大さに気づかないようだったら、もう見込み無いからクビ。