2015/10/04

サバゲに行ってきた

サバゲに行ってきた。たぶん6年ぶりくらい。場所は稲城市にあるサバイバルゲームフィールドOPSという専用フィールド。ここは平日にも定例会をやっていて一人でも気軽に参加できるのがいい。

Ops01

有料のサバゲ専用フィールドはベンチと机が設置されているのがありがたい。


弾数無制限の定例会に参加したわけだが、平日にもかかわらず20名ほど集まる。スタッフさんの話ではこれでも少ない方らしい。ルールや禁止事項など説明のミーティングを終え、2チームに分かれ1ゲーム10分のフラッグ戦開始。

G36c

メインウェポンは東京マルイのG36C
今まともに動くエアガンは手元にこれ一丁しかない(笑)


最近、体力が低下している自覚はあったが多少は走れるだろうと思い、最初のゲームで開始と同時にダッシュしたら5mでへばる(笑)。作戦変更、2ゲームからはアンブッシュ&ディフェンスに徹する。

1発も撃たないゲームもあったが、何度か敵の侵攻を阻む局面もあり、そこそこチームには貢献できたと思う。一度など、ゲーム終盤の敵の猛攻を一人でしのぎきったらタイムアップと同時に敵から「ナイス、ディフェンス!」と声をかけられた。

戦績は9殺4死。なにしろ6年ぶりだから一人でも殺れればいいと思っていたので、これは出来過ぎ。出戻りラックか?
とにかく、自分でもまだまだ戦えることが確認できたのが今回最大の収穫。

OPSは運営がしっかりしているし、なにより家から車で1時間以内と割と近場なので、これからも平日定例会に参加するつもりだ。

2010/07/17

電動ガン・メンテナンス

8年間の使役に耐えかねて、前回の遠征でとうとう悲鳴を上げたMC-51だが、サバゲ引退の日までもう一働きしてもらうため内部メンテナンスをすることにした。

Mc5101

今回は多忙を極める友人のガンスミスには頼らず、自力でバラすことにする。G-3系はマルイの電動ガンの中でも分解が簡単な方だし、以前にも2〜3回バラしたことがある。

主目的は一番消耗していると思われるピストンとチャンバーパッキンの交換だ。精神的な余裕がないので、残念ながら写真はない。

まずは基礎分解でアッパーフレームとロアフレームをセパレートしてチャンバーごとインナーバレルを引き出す。
案の定チャンバーパッキンはヒョゴヒョゴになっている。ホップのテンションをかけるちっちゃいコマもおむすび型に変形している。これらを交換。
バレルを覗くと細かい汚れが付着している。シリコン吹いて布棒で何度か拭くが、取りきれない汚れがある。これはしかたない。こんどまた資金に余裕があるときにEGバレルにでも交換しよう。

メカボをバラすと、中はギアの削れカスを含んだグリスで真っ黒。
シリンダーの内側も真っ黒だったので、真鍮の光沢が出るまでウエスで磨く。ピストンのラックも、ギアがなめるほどではないがかなり削れている。新品と交換。
ギアやメカボの古いグリスをティッシュとウエスで全部拭い落とす。これが結構手間がかかる。ギアは幸い欠けなどはない。グリスを全部落としたら、あらためて新しいグリスを着けて組み立て。

これで今回のメンテは終了。ほぼ組み終わったところで、メカボのネジを一つ付け忘れていたのに気づいたのは内緒。

今日はもう遅いので、明日昼間軽く試射して動作確認する予定。

2010/07/12

7.11サバゲ・長野遠征

昨日は、長野と山梨の県境にあるサバゲフィールド[富士見サイト]に遠征してきた。

敷地内に野戦用フィールド、市街戦フィールド、屋内フィールドが設置された贅沢な複合施設になっている。

Fujimi01

Fujimi02

Fujimi03

午前中は、野外フィールドでのゲームになった。
しかし、持っていった銃に問題が生じる。買ってから8年、ほぼノーメンテで使っていたMC51だが、さすがに最近は飛距離も出ないし弾がバラける感じがしていた。いつものフィールドではブッシュに身を隠しながら相手に接近して撃つというパターンでなんとか戦えていたが、このフィールドではその戦術が使えなかった。
身を隠せる掩蔽があるが、基本的にはお互いの姿が見える状態で撃ち合うことになる。こちらの撃った弾が全然相手に届いていない。そんなわけで戦果はまったくパッとしなかった。

Fujimi04

Fujimi05

午後から雨が降り始めたため。ゲームは屋内フィールドに移りハンドガンを使ってのCQB(近接戦闘)となる。決して凝ったレイアウトではないが、よく考えられた作りの屋内フィールドだ。チームのメンバーも野外フィールドより、むしろこちらを気に入ったようだ。
僕も銃のハンデが無くなったので、なんとか五分の戦いは出来るようになった。久しぶりのCQBは楽しかった。野戦とは違った緊張感がある。

Fujimi06

実を言うとCQBは指や手に至近弾を受けるパターンが多いので、最近は参加を控えていた。今も2カ所ばかり内出血で指が赤黒くなっている。…まぁ、仕事が忙しくなる前で良かった。

あとは、メインウェポンをどうするかという問題だ。MC-51をオーバーホールするか、新しい銃を買うか。ここのところ物入り続きだったため悩ましいところだ。電動ガン、決して安くないからね(^_^;)。

で、富士見サイトなのだが、低料金で貸し切り出来るし、晴れたら野戦、雨が降ったらCQBと天候を気にせず安心して借りられるので、結構いいかもしれない。

それにしても遠征は、帰りの高速の渋滞が難関だ。東京近郊からだとどこへ行くにもこの渋滞だけは避けては通れない。運転してくれたYさん、助手席で寝てしまい申し訳ない。

2010/06/27

6.27サバイバルゲーム

朝から雨がしとしと降る、典型的な梅雨時のサバゲ。

今日は、ゲーム前にフィールドの駐車スペースの草刈りをすることになっていたので、カマ持って参上したが、僕が着いたときには作業はあらかた終わっていた。皆さん、仕事早すぎ。

雨はゲームが始まってしばらくしたら止んだが、前日から降り続いていたのでフィールドはぐっしょりと濡れている。ゲームが始まる前は「いやだなぁ、濡れたくないなぁ…」などと思っているが、気がつくといつの間にか腹をべっちょり地面に付けて匍匐をしている。撃つか撃たれるかの緊迫感がほかの神経を麻痺させてしまう。

しかし、一歩森の中にはいると、そこは湿度100%風呂場の世界。メガネが曇りまくって戦闘力が激減。もう、曇ると言うより結露!メッシュゴーグルでもダメ、マルイのプロゴーグルをベンチレーションファン全開しても効果無し。朝、出がけにちゃんとメガネに曇り止めを塗ったのだが、あまりの湿気で昼頃には全部流れ落ちる。次回までに携帯できる曇り止めを買っておこう。

そんなわけで戦果はパッとしなかったが、久しぶりに持ち出した2.5倍スコープで、何回かスナイピングが成功したのでそれで良しとしよう。

むしろ、今日参加して一番得る物があったのは、次回遠征戦の前に曇り止め対策の必要性に気づいた事かもしれない。

それにしても、これだけテクノロジーの進んだ時代に、なぜ絶対に曇らないメガネが発明されないんだろう?

2010/03/28

サバゲ 3.28

去年の年末以来、3か月ぶりにサバゲに参加した。

五十肩の方は回復期に入り、普段は痛みもなくなったが、衝撃を受けたり変にひねったりするとやっぱりまだ痛みが走る。どうしても肩のこる仕事や趣味(ゲーム)をやっているので治りも遅いようだ。

そんな肩のリハビリも兼ねて参加したサバゲだったが、ここ最近のポカポカ陽気がウソだったように冷え込んで、肩には全く逆効果だったのが泣けてくる。

まぁそれはさておきサバゲの方だが、さすがに3か月のブランクは隠せず、最初の2ゲームは戦闘に全く参加できないままに終わる。それでも3ゲーム目あたりから徐々に勘を取り戻しヒットも取れるようになった。なにより、100円ショップで買ったワンタッチオープンのペットボトル用キャップが、多弾数マガジンへのBB弾補給用としてかなり使えることがわかった。これで現レギュレーション内での給弾の不安が一気に解決する。

Sabage03


銃はG36CとMC51を持っていったのだが、G36CのSDバッテリーが1ゲーム持たない。ラージバッテリー仕様のMC51を持っていかなければ1日無駄にするところだった。ところが今部屋でSDバッテリーを放電器に繋いでいるのだが結構持っている。やっぱり外気温の問題か。これがあるから、もう何年も使い込んでガタがきているM655とMC51を引退させることができない。最近の新製品はほとんどミニバッテリー仕様だからなぁ……

さて、下の写真で燃えているものはなんでしょう?

Sabage01

焚き火?いえいえ違います

Sabage02

アウトドア用ガスバーナーです
事故です(笑)

2009/12/29

ラスゲー

おとといの日曜日、今年最後のサバゲに行ってきた。

Lasge01
当日はこの時期としては暖かい方だったが、
やっぱり焚き火は欠かせません。


Lasge02
ラスゲー恒例の軍隊鍋(笑)。
今年は参加人数が多いので、鍋が二つです。
こちらはチゲ。

Lasge03
こちらはオーソドックスなちゃんこ風塩味。


Lasge04
冷えた身体に、熱い鍋はたまりません。


Lasge05
あっという間にこの通り。
どちらの鍋も、大変美味しゅうございました。


Lasge06
そしてこちらも恒例、今年一年お世話になったフィールド清掃です。
人数が多かった分、いつもより綺麗になったようです。
ゴミ最終処分担当の隊員はご苦労様。

しかし不法投棄の粗大ゴミが多い!
日本人のモラルはどうなってしまったんだ!?

2009/11/09

ひさびさのサバゲ

五十肩が急性期から慢性期に移行したみたいなので、リハビリをかねて昨日3か月ぶりにサバゲに参加してきた。

なにしろ肩がこういう状態なので、所持している中で一番軽い銃のM655を持っていく。M655は15年前に購入した代物なので、もうとうに引退させていい銃なのだが(実際、ついこの前まで箱の中で眠っていた)、先日ガンスミス「ホドイチ」にチュンしてもらったので最新の銃に比べても遜色はない。
幸い、昨日はほぼ終日晴れていてフィールドも明るかったため、アイアンサイトもよく見えて思いがけずなかなかの戦果を上げることができた。
今回は、常にボトルからBB弾をマガジンに補充していたので、弾切れの心配をせずに楽しく撃ちまくることができた。やっぱり、せっかく遊びに来てるんだから楽しまなくちゃ(^^)。

今日はなんとなく朝から肩が軽いような気がする。まぁ、たぶん気のせいだろう。しかし、久々に運動したので階段の登りで太ももが痛い(笑)!

装備の片付けを先ほどまでやっているのだが、ガンケースからカメムシが出てきて小パニック。危うくつぶすところだった。まだ部屋のどこかに潜んでいないか心配だ。この前、新潟に帰ったときも国上山にやたらとカメムシがいたし、今年は全国的にカメムシ大発生か?

2009/07/27

昨日はサバゲ

ここしばらくヴァーチャルな世界で十字軍やアラブの富豪を抹殺し続けるというあまりに不健康な生活をしていたので、久しぶりに現実世界での銃の撃ち合いに参加してきた。

ところが何故かノれない。睡眠不足と朝からの酷暑でテンションが下がっていたせいもあるが、ゲームに参加してて全然楽しくない。実は最近になって、以前ほどサバゲに対する情熱がなくなっている事には気づいていた。かれこれ15年以上サバゲをやってきて、ついにその時が来たと覚悟した。

そしてラスゲー、文字通り僕のサバゲ人生のラスゲーになるかもしれないので、悔いを残さないように普段は持ち歩かないBB弾ボトルを満タンにしてゲームに挑んだ。全弾撃ちきるくらいのつもりで、何度もマガジンに給弾しながら撃ちまくった。ここで、はっと気がつく。自分は元々トリガーハッピー体質だった。結局、ボトル半分くらい弾をバラ撒いてヒットはたったの一人。それでも久しぶりにスッキリした。

どうやら、チームの新レギュレーションが僕には会わないようだ。今になって振り返れば、現レギュレーションが施行された時期と、僕がサバゲに参加する意欲が失われ始めた時期が一致する。

元々、所属しているチームには弾数制限はなかったのだが、ゲームをもっとスリリングにするため、マガジンチェンジの要素を組み込もうということになり、基本はノーマルマグを使用、多段数マグはマグチェンジ不可にレギュレーションが変更された。

このレギュレーションの変更には、僕自身同意したし、すでに隊員の多くがレギュレーションに合わせてノーマルマグを買いそろえたり銃を買い換えたりしている。僕のわがままでレギュレーションの再考をチームに求めるつもりは全くない。実際、ボトルでの給弾はOK、分隊支援火器は弾数無制限など、トリガーハッピー救済策もレギュレーションに含まれている。

別に毎ゲーム乱射したいわけではない。それでもゲーム進行によってはここはどうしても撃ちまくりたいという状況が出てくる。原因が分かった以上、現レギュレーションと僕がどう折り合いをつけるか、そこさえ解決できれば問題ない。

2009/06/30

ヴィレッジワン

一昨日は、千葉四街道市のサバゲフィールドのヴィレッジワンに行ってきた。ヴィレッジワンについては過去日記を参照。

今回は他チーム主催でいろんなチームの合同演習だったので参加者41人というかなりの大人数だった。

前日までの天気予報では曇り時々晴れのはずだったが、現地に着いたら今にも降り出しそうな雲行き。

V101
準備中、この時点ではやる気満々。

V102
見てのとおり人の背より高い鬱蒼としたブッシュ。
ベトナム戦に最適♪

V103
ずらっと、銃のたたき売り状態。

午前中はなんとか天気ももって通常のフラッグ戦を4戦こなすが、ほとんど敵と遭遇せずヒットはたったの1人。

昼食休憩の頃からついに雨が降り出し、午後のゲームが始まる頃にはかなりの雨量になっていた。午後のゲームは復活有りのアメリカンルールということで結構新鮮で面白かった。ちょうど侵攻してくる敵から見えない死角にポジション取りできて七面鳥撃ちを堪能できた。
雨がさらに強くなってきたので、この1ゲームで中止になる。でも、それなりに楽しめたので不満はない。ヴィレッジワンはいろいろな攻略法があって、料金もリーズナブルでなかなか好みのフィールドだ。

しかし本当の戦いはこれからだった。フィールドを後にして、途中のデニーズで戦評会。皆さん話も弾みアイスコーヒーが何杯も進む。1時間ほど馬鹿話をして現地解散。相模原方面隊は2台の車の分乗し帰路につく。いつもより早い時間の帰還だったので、そんなに混んでいないんじゃないかと甘い見通しで高速に乗ったら大間違い。大渋滞でぴくりとも動かない。ここで先ほどがぶ飲みしたコーヒーが襲いかかってくる。隊員の中からトイレへ行きたいとの要請が出始める。しかしパーキングにはなかなかたどり着けない。無線で連絡を取りながら併走していた僚機からは、かなりせっぱ詰まった状況が報告されてくる。いよいよ路肩に止めての立ちションかペットボトルかというギリギリの状況でようやくパーキングに到着。車を駐車スペースに停める時間ももどかしく、僚機からぞろぞろと隊員が降りてくる。完全にヒヨコ歩きになっている姿が哀れだ。正直、僕もそこそこ溜まっていたので人ごとではなかったのだが……。結局、行きの倍以上の時間がかかって相模原に帰還。

明らかに高速道路の通行量が増えている。ETC車週末高速料金1000円均一を甘く見てはいけません。トイレは行けるときには行っておきましょう(笑)。

2009/05/11

昨日のサバゲ

戦闘機を降りて、久しぶりに地上戦に参加してきました(笑)。

前回参加したときはまだコートを着ていたような気がするのだが、昨日の気温はもう夏!大量の汗をかき、1ゲーム終わるたびに流した汗の分の水分をぐびぐびと補給しておりました。

いつも使っているフィールドがうっそうとした杉林なのだが、営林署が入って間伐したためえらい見通しがよくなってしまった。そのため、ブッシュに身を隠しながら前進するという今までの戦術が使えなくなり、敵味方も攻めあぐねるという局面が多かったように思う。

僕が使っているG36Cはコンパクトガンなのでブッシュ内での取り回しは楽なのだが、離れた敵と撃ち合うとBB弾が相手まで届かない。仕方がないので銃を斜め上に向けてのグレネード撃ち。フルサイズの銃が一丁欲しいなぁ。最近はデザートユニオンやヴィレッジワンのような見通しのいいフィールドに遠征することもあるのでなおさらだ。

昨日G36Cを使ってて困ったことがもう一つ、バッテリーが持たない。これだけ気温も上がったから大丈夫だろうと思っていたのだが、敵と激しく撃ち合っていたらだんだん連射速度が下がってきて、最後はカスンカスンと停止。朝から300発ほどしか撃っていないので明らかにおかしい。セイフティに戻ってきてバッテリーを取り出したらかなり熱くなっていた。G36CのSDバッテリーはプラスチックのジャケットに覆われているので放熱効果が悪い。それが原因なんじゃないかと思う。最近、マルイから出た1300mAのニッケル水素バッテリー買ってくるしかないか……。

より以前の記事一覧